前提条件と制限事項

メディア最適化は、卓上電話 (DECT および ATA デバイスを除く)、Webex、およびローカル ゲートウェイ ソリューションでサポートされています。 組織内のサポートされているデバイス間で通話を行う場合、可能なときは常に、通話のメディアがデバイス間で直接通信します。 これにより、遅延時間が短縮され通話品質が上がります。


世界各地域における有効化の日程については「Webex Calling の新機能」を参照してください。

  • デフォルトでは、メディア最適化は卓上電話デバイスと Webex で有効で、ほとんどの場合、特定の設定は必要ありません。

  • ローカル ゲートウェイの場合、メディア最適化はコマンド STUN usage lite で有効化できます。これは、次のページで確認できます。「ローカル ゲートウェイを Webex Calling に登録する」


    STUN (Session Traversal Utilities for NAT) は、リアルタイム音声、ビデオ、メッセージング、およびその他の双方向通信を行うアプリケーションでネットワーク アドレス変換ゲートウェイの通過に使用される、ネットワーク プロトコルを含む標準化された一連の方法です。

  • ローカル ゲートウェイ (CUBE) は ICE-lite をサポートしています。 ICE-lite は SIP-TDM ゲートウェイでサポートされていないなど、CUBE の ICE サポートには多くの制限があります。 詳細についてはこちらをご覧ください。「CUBE の ICE-lite サポート」

  • ローカル ゲートウェイのメディア最適化では、デバイスとローカル ゲートウェイの間のネットワーク到達性が必要です。 次のいずれかの方法でこれを実現できます。

    • ローカル ゲートウェイにパブリック IP アドレスを割り当てる。

    • ローカル ゲートウェイのホスト アドレスが、ローカル ゲートウェイと同じネットワーク内のデバイスにアクセスできるようにする。

  • 通話をルーティングするために、シグナリング データは Webex Calling クラウドに送信されます。 Webex Calling の通話には、常にアクティブなインターネット接続が必要です。 しかし、通話のトラフィックの大部分をメディアが占めています。

  • 通話を最適化できるのは、1 つの組織内のみです。 組織間の通話では、規制上の理由により、メディアは PSTN を経由する必要があります。

  • 通話のレコーディングが有効になっている場合、録音された通話のメディアはクラウドにルーティングされ、最適化されません。

Webex Calling のメディア最適化のフェーズ

メディア最適化では、Interactive Connectivity Establishment (ICE) を使用して、最適化されたメディア パスを探します。

最適化の過程を示したフェーズは次のとおりです。

  1. 候補の検出

    通話が始まるとまず、メディアを受信できるアドレスのリストをエンドポイントが検出する必要があります。 これらのアドレス (候補) にはエンドポイントのローカル アドレスと、NAT を通してエンドポイントに連絡するために使用できるサーバー リフレクシブ アドレスが含まれます。 Webex Calling クラウドで STUN サーバーにクエリを送信することで、リフレクシブ アドレスが決定されます。

  2. 候補の交換

    このフェーズでは、エンドポイントが SIP を使用して「候補の検出」フェーズで収集されたアドレス候補のリストを交換します。

  3. 接続の確認

    エンドポイントが、「候補の交換」フェーズで交換されたアドレス候補をテストし、2 つのデバイス間の最適なメディア パスを決定します。

  4. メディア パスの最適化

    エンドポイントは re-invite を使用して、最適化されたパスでメディア送信を開始します。

メディア最適化の分析

現在、Control Hub ではメディア最適化機能の分析は利用できませんが、まもなく Webex Calling 分析ダッシュボードにメディア最適化使用状況の分析機能を追加します。