Configure Cloud Connected PSTN

Cloud Connected PSTN (CCP) は、専用PSTN (DI) のWebex Callingクラウド通話オプションを有効にします。 専用インスタンスは、この機能に対応する既存の CCP パートナーピアWebex Callingして表示されます。 この機能を専用インスタンスで有効にするには、ルートWebex Callingと呼ばれる新しい通話ルーティング構築を 導入します

専用インスタンス用に Cloud Connected PSTNを有効にする

詳細については、次を参照してください。

Webex Callingルート リスト

のルート リストWebex Callingルート グループを通じて到達可能な番号のリストです。 各ルート リストは、ホストされたプールから最大 40,000 の未割り当ての番号を提供する場所に排他的に割り当てられます。

専用インスタンスのエンタイトルメントを持つ顧客だけが、Control Hub でルート リストを表示または構成できます。

図 1. 単一の専用インスタンスクラスターにルーティングする
単一の DI クラスターにルーティングする

上の図は、各ロケーション (SJ およびDFW) に 2 つのルートリストを持つ Webex Calling 組織を示しています。各組織が同じルートグループ/トランクをポイントしている場合、1 つの専用インスタンスクラスターにルートされます。

図 2. ルートリストを複数の専用インスタンスクラスタにルーティングする

上の図は、各ロケーション (SJ およびDFW) に 2 つのルートリストを持つ Webex Calling 組織を示しています。それぞれのルートグループ/トランク構成をポイントしている各組織は、同じ顧客組織内の 2 つの異なる専用インスタンスクラスターにルートされます。

ルート リストの作成と使用に関する指示については、「 DI の Cloud Connected サイトを有効にするためのプロビジョニング PSTNを参照してください

E911 以外のロケーションでの緊急通話

E911 ロケーションでは、すべての緊急通話は内蔵の専用インスタンス E911 機能を使用する必要があります。 E911 通話を組織にWebex Callingけ取らない必要があります。

Cloud Connected PSTN を使用する E911 専用インスタンス以外のロケーションについては、緊急通話を組織にWebex Callingできます。 緊急通話の発信番号は、ルート リスト内PSTN番号と一致する必要があります。 ルート リストは緊急通話Webex Callingするロケーションを識別し、そのロケーションの緊急コールバック番号 (ECBN) で通話番号を上書Webex Callingします。

専用インスタンスの呼び出しデバイスが有効な直通ダイヤル番号 (DID) を持たなかった場合、すべての緊急通話に対して、通話番号として正しい ECBN を送信するように構成されている必要があります。 これにより、通話の適切なルーティング リストが認識内Webex Callingに一致し、通話を適切に送信します。

DI の Cloud Connected 接続を有効にするプロビジョニング PSTNフロー

これらの手順に従い、Cloud Connected PSTN。 詳細については、次を参照してください。

  1. コントロール ハブのロケーションのプロビジョニング

  2. 場所 の接続PSTN [Cloud Connected] を選択し、対応する CCP プロバイダーを選択します。[Cloud Connected] を選択PSTN各ロケーションに対応するプロバイダーを選択します
  3. CCP PSTN (統合型または統合されていない) から番号を注文します。 統合型プロバイダーは、Control Hub に番号を直接割り当て、そこで自動的に表示されます。 統合ではないプロバイダーの場合、以下のように、番号PSTNをインポートします。

    1. Control Hub にサインインし、[通話番号] >に進します。 テーブルの右側にある [管理] ドロップダウン メニューをクリックして、[追加] を選択 します[アカウントの追加を>選択する

    2. 選択ページのドロップダウンメニューから [場所] を選択します。 ロケーションPSTN関連付けられている接続が、そのロケーションに対してリストされます。 [場所] を選択し、適切な接続PSTNします

    3. [番号のPSTNフィールドで購入した番号を追加します。 最大で 1000 件の番号を追加し、すぐにまたは後でアクティベートすることができます。 すべての 番号が 追加された後で、[保存] をクリックします。購入した番号をPSTNする

    4. 確認ページには、ロケーションPSTNされている電話番号が表示されます。追加された番号のPSTN

  4. 各ロケーションに対し以下の手順を実行して、ルート リストを作成し、適切なルート グループに割り当て、DI に割り当てる番号を選択します。

    1. [通話およびルート > の順に選択し、プロパティを表示するリストから 1 つを選択します。

    2. [ルーティングの選択] メニューからルート グループを選択します。

    3. [番号 の追加] を クリックし、ルート リストに関連付けられた番号を入力します。ルート リストに番号を追加する

    4. 専用インスタンスPSTN指定されているルートリストでルート番号を選択し、[追加] をクリック しますDI で指定される番号を識別する


    専用インスタンス サービス アクティベーションの一環として、専用インスタンスへの SIP トランクおよびルート グループが Control Hub で作成されます (名前は「WxC-DI」で始まります)。
  5. 専用インスタンスをポイントWebex Callingのパターンを使用して ダイヤル プランを構成し、ルート グループと関連付けします。

  6. 次の専用インスタンスの設定:

    • 新しい DIDs PSTNし、電話、ユーザー、ハント パイロットなどに割り当てる必要があります。

    • 専用ダイヤル プランで設定し、ルートグループ、ルートリスト、および専用インスタンスサービスアクティベーション中に設定された SIP トランクを使用して、PSTN 通話を Webex Calling にルーティングします。

  7. 国際通話を有効にするには、[コントロール ハブ通話] ページの関連する>選択します。 [アドバンスト >発信および着信の権限] > 国際通話] セクションに>し 、ドロップダウン メニューから [許可] を選択します。

トラブルシューティング:

  • DI からの SIP INVITE の通話番号は、通話が成功するためには、Webex Calling ルート リストで構成された E164 番号と一致する必要があります。

  • 以下を参照 してサポート/優先Webex Calling 音声コーデックの音声仕様文書をWebex Calling。 これは、CCPP 通話の専用インスタンスの設計について考慮する必要があります。