これらの設定は社内ダイヤルに適用されるものであり、最初のセットアップ ウィザードでも設定できます。 ダイヤル プランを変更すると、Control Hub の更新のサンプル番号が表示され、これらの変更が表示されます。


 

ロケーションに対する発信通話の権限を設定できます。 これらのステップをご覧になり、発信権限を設定してください。

1

Control Hub にサインインし、サービス > 通話 > サービス設定を選択してから、[内部ダイヤル]までスクロールします。

2

必要に応じて、次のオプションのダイヤル設定を行います。

  • ロケーション ルーティング プレフィックスの長さ -複数のロケーションがある場合は、この設定をお勧めします。 2 ~ 7 桁の長さを入力できます。 同じ内線番号を持つ複数のロケーションがある場合、ロケーション間でコールを行うときに、ユーザーはプレフィックスをダイヤルする必要があります。 たとえば、複数のストアがある場合、内線 1000 を使用すると、各ストアにルーティング プレフィックスを設定することができます。 1 つのストアのプレフィックスが 888 の場合、そのストアに到達するために 8881000 にダイヤルします。

     

    ルーティング プレフィックスの長さには、ステアリング桁が含まれます。 たとえば、ルーティング プレフィックスの長さを 4 に設定すると、3 桁のみを使用してサイトを指定できます。


     

    ルーティング プレフィックスをロケーションに割り当てる場合、そのロケーションに割り当てられた内線のすべての外観には、内線番号の前にルーティング プレフィックスが含まれます。 たとえば、888-1000(ルーティング プレフィックス-内線)です。

  • [ルーティング プレフィックスのステアリング番号(Steering Digit in Routing Prefix)]:すべてのルーティング プレフィックスの最初の桁として設定される番号を選択します。
  • 内線番号の長さ - 2 ~ 6 桁の長さを入力できますが、デフォルトは 2 桁です。

     

    内線の長さを長くすると、既存の内部内線への短縮ダイヤルが自動的に更新されることはありません。

  • ロケーション間の内線ダイヤルを許可—組織の要件に基づいてロケーション間の内線ダイヤルをカスタマイズできます。
    • 組織にすべてのロケーションで重複する内線がない場合は、トグルを有効にします。

      デフォルトでは、トグルが有効になっています。

    • 組織が別の場所に同じ内線を持っている場合は、トグルを無効にします。 トグルが無効になり、発信者が内線番号をダイヤルすると、通話は、発信者と同じロケーションで内線番号が一致するユーザーにルーティングされます。 発信者は、エンタープライズ重要番号(ロケーションルーティングプレフィックス + 内線)をダイヤルして、他のロケーションの内線番号に到達する必要があります。

3

特定の場所の内部ダイヤルを指定します。 に移動 [管理]>[ロケーション]を選択し、リストからロケーションを選択して、[通話]をクリックします。 [ダイヤル] までスクロールし、必要に応じて内部ダイヤルを変更します。

  • 内部ダイヤル - 別の場所にいるユーザーがこの場所にいる人に連絡するためにダイヤルする必要があるルーティング プレフィックスを指定します。 各ロケーションのルーティング プレフィックスは固有である必要があります。 プレフィックスの長さは組織レベルで設定された長さに一致することを推奨しますが、長さは 2 ~ 7 桁でなければなりません。
4

特定のロケーションの外部ダイヤルを指定します。 に移動 [管理]>[ロケーション]を選択し、リストからロケーションを選択して、[通話]をクリックします。 [ダイヤル] までスクロールし、必要に応じて外部ダイヤルを変更します。

  • 外部ダイヤル—外線にダイヤルするためにダイヤルする必要がある外線番号の番号を選択することができます。 デフォルトは [なし] であり、このダイヤル習慣が必要ない場合には、値を [なし] にしておくことができます。 この機能を使用しない場合、組織のステアリング番号とは別の番号を使用することをお勧めします。

     

    ユーザーは、外線発信を行う際に外線発信番号を含め、レガシー システムでダイヤルしていた方法を真似たものにできます。 ただし、すべてのユーザーは引き続き、発信ダイアル番号がなくても外線通話を発信することができます。

  • 必要に応じて、このロケーションの発信ダイヤル番号のダイヤルを強制する機能を使用して、管理者が設定した発信ダイヤル番号を使用して外部コールを発信する必要があります。

     

    この機能が有効になっている場合でも、緊急コールは発信ダイヤル番号の有無にかかわらずダイヤルできます。

    有効にすると、発信ダイヤル番号が含まれていない場合、コール転送に使用されるような外部接続先番号は機能しなくなります。

ユーザーへの影響:

  • ダイヤル基本設定の変更を有効にするには、ユーザーは電話を再起動する必要があります。

  • ユーザーの内線番号はロケーションのステアリング番号または発信ダイヤル番号と同じ番号で始まるべきではありません。