Webex Calling サービスを稼働させるための最初のステップは、初回セットアップ ウィザード (FTSW) を完了することです。 最初のロケーションの FTSW が完了した後では、追加のロケーションに対して完了する必要がありません。

1

受け取ったウェルカム メールのはじめにリンクをクリックします。


 

管理者のメール アドレスが、Control Hub へのサインインに自動的に使用されます。その際、管理者パスワードを作成するように求められます。 サインインすると、セットアップ ウィザードが自動的に開始します。

2

利用規約を見直して、承諾します。

3

プランを見直して、[はじめに] をクリックします。


 

アカウント マネージャは FTSW の最初の手順をアクティブにする責任があります。 [使い始める] を選択した時に、「通話をセットアップできません」という通知を受け取った場合は、アカウント マネージャーに連絡してください。

4

データ センターがマッピングする国を選択し、顧客の連絡先と顧客アドレス情報を入力します。

5

[次へ: デフォルトのロケーション

6

次のオプションから選択します:

  • パートナー管理者である場合は、[保存して閉じる] をクリックして、顧客管理者が Webex Calling のプロビジョニングを完了するようにします。
  • 必要なロケーションの情報を入力します。 ウィザードでロケーションを作成した後、後で他にロケーションを作成できます。

 

セットアップ ウィザードを完了した後で、作成したロケーションにメイン番号を追加していることを確認してください。

7

このロケーションに適用する次の選択を行います。

  • 通知言語 - 新しいユーザーと機能に関する音声通知とプロンプト用。
  • メール言語 - 新規ユーザー向けメールのコミュニケーション。
  • タイムゾーン
8

[次へ] をクリックします。

9

利用可能な Cisco Webex SIP アドレスを入力し、[次へ] をクリックし、[完了] を選択します。

始める前に

新しいロケーションを作成するには、以下の情報を指定します。

  • ロケーションの住所

  • 希望する電話番号(オプション)

1

の顧客ビューから、[サービス https://admin.webex.com] および [通話] > [ >] に進み、[ロケーションの追加] を クリックします。

新しいロケーションは、初回セットアップ ウィザードを使用して選択した国に対応する、地区のデータセンターでホストされます。

2

ロケーションを設定します。

  • ロケーション名 - ロケーションを識別するための一意の名前を入力します。
  • 国/地域 - ロケーションに関連付ける国を選択します。 たとえば、米国に 1 か所のロケーション (本社) を作成し、イギリスに別のロケーション (支社) を作成することができます。 選択した国に応じて、その後の住所のフィールドが決まります。 ここには、例として、米国の住所書式を使用したものがあります。
  • ロケーションの住所 - ロケーションの郵送先住所の主要部分を入力します。
  • 市区町村 - このロケーションが所在する市区町村を入力します。
  • 都道府県 - ドロップダウンから都道府県を選択します。
  • 郵便番号-ZIP または郵便番号を入力します。
  • 通知言語 - 新規ユーザーと機能に関する音声通知と音声プロンプトで使用する言語を選択します。
  • メール言語 - 新規ユーザーとのメール通信に使用する言語を選択します。
  • タイムゾーン - ロケーションのタイム ゾーンを選択します。
3

[保存 ] をクリックしてから、[ い/いいえ ] を選択して、現在または後でロケーションに番号を追加します。

4

[はい] をクリック した場合、次のいずれかのオプションを選択します。

  • Cisco PSTN - Cisco の Cloud PSTN ソリューションが必要な場合は、このオプションを選択します。 Cisco Calling プランは、緊急通話、国内および国際電話の着信および発信を提供する完全な PSTN 代替ソリューションであり、新しい PSTN 番号を注文したり、既存の番号を Cisco にポートしたりできます。


     

    Cisco PSTN オプションは、以下の条件でのみ表示されます。

    • コミットされた Cisco Calling プラン OCP (アウトバウンド通話プラン) を少なくとも 1 つ購入している。

    • Cisco Calling プランがサポートされている国にロケーションがある。

    • ロケーションが新規である。 他の PSTN 機能が割り当てられている既存のロケーションは、今回は Cisco Calling プランの対象外です。 サポート ケースを開いてご相談ください。

    • Cisco Calling プランがサポートされている地域の Webex Calling データ センターでホストされている。

  • Cloud Connected PSTN - 多くの Cisco CCP パートナーの 1 つからクラウド PSTN ソリューションを探している場合、またはロケーションで Cisco Calling プランが利用できない場合は、このオプションを選択します。 CCP パートナーは、PSTN 代替ソリューション、グローバルな広域カバレッジ、広範でさまざまな機能、パッケージ、価格設定を提供しています。

     

    CCP パートナーと対応地域は、こちらにリストされています。 ロケーションの国がサポートされているパートナーにのみ表示されています。 パートナーは、ロゴで表示されるか、簡単な文字列と括弧で囲んだ地域名で表示されます (例 : (EU)、(US)、または (CA))。 ロゴが表示されているパートナーは、常に CCP の地域メディアを提供しています。 文字列で表示されているパートナーについては、CCP の地域メディアを確保するために、ロケーションの国に最も近い地域を選択してください。

    リストされているプロバイダーの下に [番号を今すぐ注文する] オプションがある場合は、そのオプションを選択して、統合された CCP のメリットを利用することをおすすめします。 統合された CCP の場合、電話番号の調達とプロビジョニングを Control Hub の 1 つのペインで行えます。 統合されていない CCP の場合、Control Hub の外で、CCP パートナーから電話番号を調達する必要があります。

  • プレミスベースのPSTN(ローカル ゲートウェイ)-現在の PSTN プロバイダーを保持する場合、またはクラウド サイトでクラウド サイト以外に接続する場合、このオプションを選択できます。

PSTN オプションの選択は各ロケーション レベルで行います (各ロケーションには PSTN オプションが 1 つしかありません)。 展開に対して必要な数のオプションを組み合わせることができますが、各ロケーションには 1 つのオプションとなります。 PSTN オプションを選択してプロビジョニングしたら、ロケーションの PSTN プロパティで [管理] をクリックすると、オプションを変更できます。 ただし、Cisco PSTN などの一部のオプションは、別のオプションが割り当てられた後は使用できない場合があります。 サポート ケースを開いてご相談ください。

5

番号を今すぐに有効にするか、または後で有効にするかを選択します。

6

統合されていない CCP またはプレミス ベースの PSTN を選択した場合は、電話番号をコンマ区切り値として入力し、[検証] をクリックします。

特定のロケーションのための番号が追加されます。 有効なエントリは [検証済みの番号] フィールドに移動し、無効なエントリは [番号の追加] フィールドに残り、エラー メッセージが表示されます。

番号の書式は、ロケーションの所在する国に応じ、ダイヤリングに関する地元の要件に従って定められます。 たとえば、国コードが必要な場合には、コードを付けて入力することも、コードなしで入力してからコードが自動的に先頭に追加されるようにすることもできます。

7

[保存] をクリックします。

次にやる必要

ロケーションを作成した後、そのロケーションの緊急 911 サービスを有効にすることができます。 詳細については「Webex Calling の RedSky 緊急 911 サービス」を参照してください。

始める前に


ロケーションに関連付けられているユーザーとワークスペースのリストを取得します。 [サービス ] > 通話 番号> し、ドロップダウン メニューから、削除する場所を選択します。 ロケーションを削除する前に、これらのユーザーとワークスペースを削除する必要があります。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス]>[Calling][ロケーション] に移動します。

2

削除 する場所 隣の [アクション] 列をクリックします。

3

[場所 の削除] を選択し、その場所を削除します。

一般的に、場所が完全に削除されるには数分かかりますが、最大で 1 時間かかる場合があります。 ステータスを確認するには、ロケーション名の隣にある をクリックして、[削除ステータス] を 選択します

作成した後PSTNのセットアップ、名前、タイムゾーン、言語を変更できます。 新しい言語は新しいユーザーとデバイスにのみ適用されることに注意してください。 既存のユーザーおよびデバイスは古い言語を使用し続けます。


既存のロケーションについては、緊急時の 911 サービスを有効にすることができます。 詳細については「Webex Calling の RedSky 緊急 911 サービス」を参照してください。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューで、 [サービス]>[Calling]>[ロケーション] に移動して、更新するロケーションを選択します。

ロケーションの隣に [警告] 記号が表示される場合、そのロケーションの電話番号をまだ設定していないという意味です。 その番号を設定するまで、通話の送受信が行えなんす。

2

(オプション) [PSTN 接続] の下で、すでに設定されているものに応じて、[クラウド接続 PSTN] または [プレミスベースの PSTN](ローカル ゲートウェイ) のいずれかを選択します。 [管理] をクリックして設定を変更してから、[続行] を選択することにより、関連するリスクを承認します。 以下のオプションのいずれかを選択して、[保存] クリックします。

  • Cisco PSTN - Cisco の Cloud PSTN ソリューションが必要な場合は、このオプションを選択します。 Cisco 通話プランは、緊急通話、着信、および国内および国際通話を提供する PSTN 代替ソリューションであり、新しい PSTN 番号または既存の番号を Cisco にポートすることができます。


     

    Cisco PSTN オプションは、以下の条件でのみ表示されます。

    • コミットされた Cisco Calling プラン OCP (アウトバウンド通話プラン) を少なくとも 1 つ購入している。

    • Cisco Calling プランがサポートされている国にロケーションがある。

    • ロケーションが新規である。 現在、他の既存のPSTN機能を割り当てた既存のロケーションは、Cisco 通話プランには適用されます。 サポート ケースを開いてご相談ください。

    • Cisco Calling プランがサポートされている地域の Webex Calling データ センターでホストされている。

  • Cloud Connected PSTN - 多くの Cisco CCP パートナーの 1 つからクラウド PSTN ソリューションを探している場合、またはロケーションで Cisco Calling プランが利用できない場合は、このオプションを選択します。 CCP パートナーは、PSTN 代替ソリューション、グローバルな広域カバレッジ、広範でさまざまな機能、パッケージ、価格設定を提供しています。

     

    CCP パートナーと対応地域は、こちらにリストされています。 ロケーションの国がサポートされているパートナーにのみ表示されています。 パートナーは、ロゴで表示されるか、簡単な文字列と括弧で囲んだ地域名で表示されます (例 : (EU)、(US)、または (CA))。 ロゴが表示されているパートナーは、常に CCP の地域メディアを提供しています。 文字列で表示されているパートナーについては、CCP の地域メディアを確保するために、ロケーションの国に最も近い地域を選択してください。

    リストされているプロバイダーの下に [番号を今すぐ注文する] オプションがある場合は、そのオプションを選択して、統合された CCP のメリットを利用することをおすすめします。 統合された CCP の場合、電話番号の調達とプロビジョニングを Control Hub の 1 つのペインで行えます。 統合されていない CCP の場合、Control Hub の外で、CCP パートナーから電話番号を調達する必要があります。

  • オンプレミスベースの PSTN (ローカル ゲートウェイ)—現在の PSTN プロバイダーを保持する場合、またはクラウド サイトで非クラウド サイトに接続する場合に、このオプションを選択できます。

     

    Webex Calling ゲートウェイで以前に設定されたロケーションを持つ顧客は、対応するトランクを使用してオンプレミスPSTNに自動的に変換されます。

3

ロケーションの主な連絡先担当者に連絡する際の代表番号を入力します。

4

(オプション) [緊急コール][緊急時のロケーション識別子] を選択して、このロケーションに割り当てることができます。


 

この設定はオプションで、必要な国にのみ適用されます。

一部の国 (例: フランス) の規制要件は、緊急電話を行い、緊急連絡時にセルの識別を確立するためのセルに関する規制要件であり、緊急権限によって利用可能になります。 米国やカナダなどのその他の国は、他の方法を用いて場所の設定を実施します。 詳細については、「緊急時通話の強化 」を参照してください

緊急通話プロバイダはアクセスネットワークに関する情報が必要な場合があります。新しいプライベートSIP拡張ヘッダーであるP-Access-Network-Infoを指定することで達成できます。 ヘッダーにはアクセスネットワークに関連する情報が含まれます。

場所に緊急ロケーション識別子を設定すると、場所の値は SIP メッセージの一部としてプロバイダーに送信されます。 緊急通話プロバイダーに連絡して、この設定が必要で、緊急通話プロバイダーから提供された値を使用する必要がある場合はそれを確認してください。」

5

このロケーションでユーザーがボイスメールをチェックするために呼び出せる [ボイスメール番号] を選択します。

6

(オプション) ロケーション ページの上部にある鉛筆アイコンをクリックし、必要に応じて [ロケーションの名前][アナウンス言語][メール言語][タイムゾーン][住所] を変更し、[保存] をクリックします。


 

[アナウンス言語] の変更は、このロケーションに追加された新規ユーザーや機能に対して直ちに有効になります。 既存のユーザーや機能のアナウンス言語も変更する必要がある場合は、プロンプトが表示されたら、[既存のユーザーとワークスペースの変更] または [既存機能の変更] を選択します。 [適用] をクリックします。 [タスク] ページで進捗状況を確認できます。 これが完了するまでは、これ以上変更を加えることはできません。


 

ロケーションの [タイム ゾーン] を変更しても、このロケーションに関連する機能のタイム ゾーンは更新されません。 自動アテンダント、ハント グループ、コール キューなどの機能のタイム ゾーンを編集するには、タイムゾーンを更新する特定の機能の [全般設定] エリアに移動し、そこで編集して保存します。

これらの設定は社内ダイヤルに適用されるものであり、最初のセットアップ ウィザードでも設定できます。 ダイヤル プランを変更すると Control Hub 更新の事例番号が更新され、これらの変更が表示されます。


発信ダイヤル コードは、Webex App、Webex Calling Cisco Room デバイスではサポートされていません。


ロケーションに対する発信通話の権限を設定できます。 これらのステップをご覧になり、発信権限を設定してください。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[サービス][Calling][>サービス設定]に移動して、[内部ダイヤル] までスクロールします。

2

必要に応じて、次のオプションのダイヤル設定を行います。

  • ロケーション ルーティング プレフィックスの長さ -複数のロケーションがある場合は、この設定をお勧めします。 2 ~ 7 桁の長さを入力できます。 同じ内線番号を持つ複数のロケーションがある場合、ロケーション間でコールを行うときに、ユーザーはプレフィックスをダイヤルする必要があります。 たとえば、複数のストアがある場合、内線 1000 を使用すると、各ストアにルーティング プレフィックスを設定することができます。 1 つのストアのプレフィックスが 888 の場合、そのストアに到達するために 8881000 にダイヤルします。
  • ルーティングプレフィックスのステアリング - ロケーション ルーティング プレフィックスを使用するかどうかに関係なく、ここで値を設定できます。
  • 内線番号の長さ - 2 ~ 6 桁の長さを入力できますが、デフォルトは 2 桁です。

     

    内線の長さを増やした後、内部の内線への既存のスピード ダイヤルは、自動的に更新されません。

3

特定の場所の内部ダイヤルを指定します。 [サービス] > [コール] > [ロケーション] に移動し、ロケーションを選択し、次に [ダイヤル中] にスクロールして、必要に応じて内部および外部ダイヤルを変更します。

  • 内部ダイヤル - 別の場所にいるユーザーがこの場所にいる人に連絡するためにダイヤルする必要があるルーティング プレフィックスを指定します。 各ロケーションのルーティング プレフィックスは固有である必要があります。 プレフィックスの長さは組織レベルで設定された長さと一致することを推奨しますが、2-7 桁以内にする必要があります。
  • 外部ダイヤル - 任意に、外線にダイヤルするためにダイヤルする必要がある外線番号の番号を選択することができます。 デフォルトは [なし] であり、このダイヤル習慣が必要ない場合には、値を [なし] にしておくことができます。 この機能を使用しない場合、組織のステアリング番号とは別の番号を使用することをお勧めします。

     

    ユーザーは、外線発信を行う際に外線発信番号を含め、レガシー システムでダイヤルしていた方法を真似たものにできます。 しかし、すべてのユーザーは、発信ダイアル番号なしで外部通話を発信することができます。

ユーザーへの影響:

  • ダイヤル設定の変更を有効にするには、ユーザーは電話を再起動する必要があります。

  • ユーザーの内線番号を、ロケーションのステアリング番号と同じ番号で開始することはできません。

付加価値再販業者の場合、これらの手順を使用して Control Hub でローカル ゲートウェイの設定を開始できます。 このゲートウェイがクラウドに登録されると、Webex Calling の 1 つ以上のロケーションで使用して、エンタープライズ PSTN サービス プロバイダーへのルーティングを提供できます。


ローカル ゲートウェイがある場所は、ローカル ゲートウェイが他の場所で使用されているときには削除できません。

次の手順に従って、Control Hub でトランクを作成します。

始める前に

  • ロケーションが追加されたら、ロケーションに対してプレミスベース PSTN を設定する前に、トランクを作成する必要があります。

  • それぞれについて、ロケーションと固有の設定および番号を作成します。 ロケーションはプレミスベース PSTN を追加する前に存在する必要があります。

  • Webex Calling でのプレミスベース PSTN (ローカル ゲートウェイ) 要件について理解しておいてください。

  • プレミスベース PSTN を持つロケーションに対して、複数のトランクを選択できませんが、複数のロケーションに対して同じトランクを選択することはできます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、 [サービス] > [Calling] > [呼び出しルーティング] に移動し、[トランクの追加] を選択します。

2

ロケーションを選択します。

3

トランクの名前を指定し、[保存] をクリックします。


 

名前は 24 文字以内にしてください。

次にやる必要

トランクで設定する必要がある、関連するパラメーターが表示されます。 また、PSTN 接続をセキュアにするための SIP ダイジェスト資格情報のセットも生成します。

画面 [ドメインの登録][トランク グループ OTG/DTG][回線/ポート]、および [発信プロキシ アドレス] にトランク情報が表示されます。

プレミス ベースの PSTN を設定する準備ができたときに参照できるように、この情報を Control Hub からコピーして、ローカルのテキスト ファイルまたはドキュメントに貼り付けておくことをおすすめします。

資格情報を紛失した場合には、Control Hub のトランク情報画面で生成する必要があります。 [ユーザー名の取得とパスワードのリセット] をクリックして、トランクを使用するための認証資格情報の新しいセットを生成します。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス]>[Calling][ロケーション] に移動します。

2

変更する場所を選択し、[管理] をクリックします。

3

プレミスベース PSTN を選択して、[次へ] をクリックします。

4

ドロップダウン メニューからトランクを選択します。


 

トランク ページにアクセスして、トランク グループの選択を管理します。

5

確認通知をクリックし、[保存] をクリックします。

次にやる必要

Control Hub で生成された設定情報を記録し、パラメーターをローカル ゲートウェイ (たとえばオンプレミスの Cisco CUBE) にマップする必要があります。 この記事では、このプロセスについて順を追って説明します。 参考のため、次の図を参照して、どのように Control Hub の設定情報 (左側) が CUBE のパラメーター (右側) にマップされるかを確認してください。

ゲートウェイ自体の設定が正常に完了し、Control Hub [サービス] > [通話] > [ロケーション] に戻ると、作成したゲートウェイが、名前の左側に緑色のドットが付けられてロケーション カードにリストされます。 このステータスは、ゲートウェイがセキュアに通話クラウドに対して登録され、そのロケーションでのアクティブな PSTN としての役割を果たしていることを示しています。

Control Hub では、組織の電話番号を簡単に表示、アクティベート、削除、追加できます。 詳細については、「Control Hub で電話番号を管理する」を参照してください。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから、建物のアイコン を選択します。

2

[サブスクリプション] タブを選択し、[今すぐ購入] をクリックします。

有料サブスクリプションへの変換に興味を持っていることを知らせるメールがパートナーに送信されます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、 [組織設定] > [サービス] に移動し、[Calling] までスクロールして [クライアントの設定] を選択します。

2

ユーザーに表示する通話オプションを [使用可能のコールオプション] フィールドにドラッグアンドドロップしてから、ユーザーに示したい優先順位で並べ替えます。

以下のスクリーンショットは、[非表示のコールオプション] フィールドでユーザーに対して非表示になっているその他のオプションです。

3

前の手順で設定した最初の通話オプションを使用してユーザーが通話を発信できるようにする場合は、[シングルクリック通話を有効にする] をオンに切り替えます。


 

Webex アプリで変更が表示されるまでに最大 24 時間かかる場合があります。 これらの変更をより迅速に把握するために、アプリを再起動するようにユーザーにアドバイスできます。

ユーザーが PSTN コールを行う際、どのコーリング アプリケーションで行うかは、制御することができます。 この設定を組織レベルで設定した後、特定のユーザーで別の設定を行うこともできます。


組織全体を移行する準備ができたら、組織全体のオプションのみを選択してください。

始める前に

  • 組織は、選択した通話動作のための適切なサブスクリプションを持っている必要があります。

  • ユーザーは有効な電話番号を持っている必要があります。 番号が無効な場合でも、Webex アプリは選択した通話アプリに番号を送りますが、そのアプリからの通話は失敗します。

https://admin.webex.comのカスタマービューから [管理] > [組織設定]に進み[発信動作]までスクロールして、以下のいずれかを選択します。 .

  • Webex のコールイン - ユーザーが Webex Calling を使用して Webex アプリで直接発信する場合は、このオプションを選択します。
  • Webex Calling アプリ - 組織が Cisco Webex Calling をサブスクリプションしており、Webex Calling アプリを使用してユーザーが PSTN 通話を行えるようにする場合は、このオプションを選択します。ユーザーが Webex アプリで PSTN 通話を行う場合は、Webex Calling アプリを使用して通話します。

     

    Webex Calling アプリは、一部の顧客のみ利用可能です。

通話動作が更新されたことを示すメッセージが表示されます。 ユーザーは Webex アプリまたは Webex Calling アプリから PSTN 通話を行えるようになりました。

ユーザーは、Webex アプリから PSTN 通話を行うには、対応するアプリケーションをインストールしておく必要があります。 どの方式を選択したかということと、PSTN コールを行う際に別のアプリが使用されることをユーザーに知らせてください。


 

特定のユーザーが別の通話動作を使用する必要がある場合は、この設定をユーザー レベルで変更することができます。 [ユーザー] に移動し、[設定] の下で、[通話動作] を選択します。 必要に応じて選択して、[保存] をクリックします。