Unified CM システムは、通話管理レコード(CMR)とコール詳細レコード(CDR)を生成します。 通話品質の評価は、CMR をサポートするエンドポイントに対してのみ実行できます。 CDR の情報は、通話を良好、許容可能、または脆弱として評価するために使用されます。

通話の採点には、次の用語が使用されます。

  • コンシールメント - 音声と他のすべてのデータは、最大容量が固定された IP ネットワークを介してパケットで送信されます。 このシステムでは、混雑状態にある場合にデータが失われる可能性が高くなります。 コンシールメントは、音声パケットストリームでのパケット損失の影響をマスクするために使用されるエンドポイントで作成された音声です。

  • Severely Concealed Seconds(SCS) - かなりの量のコンシールメント(50 ミリ秒を超える)が観測される秒数。 観測されるコンシールメントが 50 ミリ秒または約 5% を超える場合は、音声品質が低下する可能性があります。

  • Severely Concealed Seconds Ratio (SCSR)- 合計通話時間に対する SCS の比率。

    SCSR(%)=(SCS /期間)* 100

  • ロングコール - 20 秒以上続く通話。

  • ショートコール - 20 秒未満の通話。

通話は、SCSR のパーセンテージに基づいて評価されます。 ロングコールとショートコールの SCSR パーセンテージには、異なるしきい値があります。 次の表に、SCSR のパーセンテージ範囲に基づくコールグレードの詳細を示します。

表 1. 通話評価の説明

ランク

SCSR しきい値

ロングコールの SCSR 範囲

ショートコール SCSR 範囲

良好

3% 未満

20% 未満

受入可能

3% - 7%

20% - 30%

劣っている

7% を超える

30% を超える

10 秒間の通話の SCSR が 10% の場合、品質は良好です。

120 秒間の通話の SCSR が 8% の場合、品質は低くなります。

次に行うこと

CCUC 分析の詳細については「Cisco Webex Cloud-Connected UC の分析」を参照してください