WBX トレーサー

ユーティリティは、ミーティングと Webex Desktop アプリの問題に関連するログを収集します。

WBX トレーサー。

WBX トレーサーとは?

ミーティングに関する問題のログを収集するには?

説明
このユーティリティは、ライブセッションの「ミーティング中」の問題に関連するログに加えて、Webex デスクトップアプリ(PT)のログも収集します。 アプリケーションのクラッシュ、電話会議の問題、接続に関する問題 (チャット、ポーリング、NBR) などの諸問題を診断するために使用します。
 
サポートされている OS/バージョン
Windows 10

サポートされている Cisco Webex 製品バージョン
すべての Cisco Webex ミーティング サービス バージョン

ダウンロード

 使用方法 (ログをキャプチャする方法)
  1. wbxtracer.zip ファイルを解凍し、wbxtracer.exe をダブルクリックして、ウィンドウを最小化します。
  2. ミーティングを開始/参加し、問題を再現します。
  3. 問題が再現されたら、最小化した wbxtracer ウィンドウに戻ります。
  4. 上部右にあるフォルダー アイコンをクリックして [保存] を選択するか、CTRL+S キーを押します。。
  5. 保存されたファイルのコピーを弊社に送信してください。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事
関連の投稿記事 上矢印 開かれています