この記事では、Webex Meetings アプリから Webex アプリへの更新について説明します。 Webex アプリと Control Hub を使って、組織の管理者は単一のクライアントから、すべての統合コミュニケーションおよびコラボレーション サービス (メッセージング、ミーティング、通話) をユーザーに提供できます。


自動アップデートの実行は、多くのお客様向けに 2021 年 11 月から開始します。 このグループに該当する方には、アップデートの予定についてのメールが送信されます。 この記事では、アップデートに向けた準備について説明します。

Webex アプリは Cisco の新しい統合アプリです。1 つのアプリケーションをインストールすることによって、Webex サービスにアクセスする単一のフレームワークを利用できるようになります。 Webex はさまざまなメッセージング機能、高度な通話機能、高度なミーティング機能を備えています。 Webex Meetings で利用できたミーティング中の全機能にアクセスできるほか、Webex サービスのすべてが 1 つのアプリケーションにまとめられています。

この記事は組織の管理者を対象にしています。 ユーザーに関連する詳細については、以下を参照してください。

自動更新グループの方は、Meetings デスクトップのユーザーを Webex アプリに更新するためのスロットがすでに割り当てられています。 Control Hub の特定のページへのリンクが記載された、これについてのメールが送信されます。


スケジュールされたアップデートの日付が今月の場合は、日付の変更はできません。 日付の変更が必要な場合は、更新前月末の 7 日前までに変更する必要があります。

1

メールのリンクに従い、Control Hub にサインインすると、ウェルカム メッセージが表示されます。 [スケジュールされた更新を表示] をクリックします。

別の方法としては、Control Hub にサインインして、[サービス] > [移行] の順に進みます。 [Webex Meetings を新しい Webex に更新] カードを見つけ、[開始] をクリックします。

[更新] ページで、更新の前提条件とサイトの更新スケジュールを確認できます。

2

前提条件に目を通し、更新前に必要なことを確認します。

3

各サイトについて、更新スロットを確認します。

サイト クラスターと当社独自の更新スケジュールに基づいて、自動的に日付が選択されています。

4

より準備に時間が必要な場合は、鉛筆アイコンをクリックして日付を変更します。

利用可能な更新がある場合、サイトの管理と Control Hub に通知が表示されます。 Webex アプリを正常に更新するための手順を説明します。

サイトの管理でユーザーを管理している場合には、サイトを Control Hub にリンクするか、変換する必要があります。 以下をご確認ください。

サイト管理

サイトの管理での通知。

リンクをクリックし、Control Hub にログインして開始します。

Control Hub

Control Hub での通知。

詳細については、[詳細] をクリックし、「Webex の紹介」を参照してください。 前提条件、準備から展開までの更新プロセスについて説明します。

メッセージング、通話、ミーティングのためのユーザーのセット アップはすでにできているため、通常はライセンスに変更を加える必要はありません。 ただし、一部例外があります。心配な方は担当のアカウント マネージャーに問い合わせ、アップデート開始までに対処してください。

Control Hub では、個々のユーザーのライセンスを CSV インポートにより一括で管理したり、デフォルトのライセンス割り当てでユーザーを組織に追加したりできます。

Webex アプリにアップデートすると、ユーザーには次のような影響があります。

  • 単なるミーティングにとどまらないエクスペリエンスを実現できます。 ミーティング、メッセージング、通話を含むコラボレーションを指先ひとつで行えます。 また、このアプリケーションを使用すると、ユーザーはワイヤレスでシスコのビデオデバイスとペアリングして共有したり、ファイルやホワイトボードなどを共有したりできます。

  • ロゴとその他のビジュアル要素がこれまでと異なります。

  • モバイル ユーザーは、自分の端末に Webex アプリと Webex Meetings アプリの両方をダウンロードする必要があります。 Webex アプリからユーザーがミーティングに参加すると、アプリが Webex Meetings を起動します。

    今後、モバイル ユーザーに必要になるのは、Webex アプリのみとなります。


生産性向上ツールおよび Office365 プラグイン ユーザーは、これらのオプションを使って今後もミーティングをスケジュールできます。

Webex アプリのアップデートに必要な手順の概要は以下のとおりです。 概要の後のトピックには、より詳細な情報とその他のおすすめ記事が含まれており、更新を正常に完了させるのに役に立ちます。

リリース 40.10 以降を使用している場合、Webex Meetings から Webex アプリに更新できます。

サイト要件
  • サイトとそのユーザーは、Control Hub にリンクされている必要があります。

  • Webex Meetings サイトはバージョン 40.10 以降である必要があります。


サイトが Control Hub にリンクされているかどうかを確認してください。

  1. [サービス] > [アップデート] に移動します。

  2. サイトの [ユーザー管理] 列を見つけます。 アップデート前は Control Hub になっている必要があります。

    サイトの管理になっている場合、サイトはリンクされておらず、自動更新はスケジュールされていません。

    この場合は Cisco の担当者にお問い合わせください。

デスクトップ要件

初期アップデート ファイルのサイズはおおよそ次のとおりです。

  • Apple MacOS バージョンの場合は 120 MB

  • Microsoft Windows バージョンの場合は 150 MB

Webex アプリへの毎月のアップデートははるかにサイズが小さくなります。

アプリ プラットフォームのシステム要件について詳細は、https://help.webex.com/nk90t65 を参照してください。

(任意) Jabber を移行する

Meetings ユーザーをアップデートするのと同じタイミングで、Jabber ユーザーをアップデートできます。 https://essentials.webex.com/journey-to-webex.html を参照してください。

(任意) 通話を追加する

Webex アプリに通話オプションを統合することをおすすめします。 Webex Calling または CUCM Calling といった有料の通話ソリューションをご利用の場合は、「Webex アプリ通話動作」を参照してください。

Webex には無料通話オプションも含まれています。

(任意) ウェルカム メールを停止する

ユーザーを Control Hub に追加するときにアクティベーションメールを送信したくない場合は、自動メールを停止できます。 自動送信メールを停止し、代わりに独自の内容で送信する場合は、SSO を有効にします。 https://help.webex.com/nqj88gt を参照してください。

(任意) 新機能に関する情報を購読する

新機能の導入時には、各コンポーネントの「新機能」の記事が更新されます。 次の記事を購読し、最新の開発状況を参照することをおすすめします。

  1. 必要なネットワーク ポートを開きます。

  2. 必要な Webex ドメインと証明書プロバイダー ドメインを許可リストに追加します。

詳細については、次のドキュメントを参照してください。


必要なポートを開かず、必要なドメインのブロックを解除しなかった場合、Webex アプリは更新後に正常に機能しません。

Control Hub はユーザーとサービスの管理を行う場所です。 Control Hub で以下の手順を実行し、Webex アプリ更新の準備を整えておくことをおすすめします。


これらのタスクの一部は任意としてマークされますが、記載されている順序でそれらも実行することをおすすめします。

  コマンドまたはアクション 目的
1

Webex サイトが Control Hub にリンクされていることを確認します。

  1. Control Hub にサインインし、[サービス] > [ミーティング] に移動します。

    Webex サイトのステータスは [リンク済み]になっている必要があります。

  2. すべての Webex Meetings ユーザー アカウントが Control Hub のユーザー リストに表示されていることを確認します。

  3. ユーザーを開いて、サイトが [リンクされたアカウント] リストにあることを確認して、ユーザーがリンクされていることを確認します。

    ユーザーが多い場合は、CSV エクスポート ファイルを使用して、確認作業を迅速化することもできます。

サイトのリンクに問題がない場合は、デプロイを開始できます。 何か問題がある場合は、パートナーまたは Cisco の担当者にお問い合わせください。

2

(推奨) ドメインを追加して検証します。 https://help.webex.com/nxz79m5/ を参照してください。

ドメイン所有者の証明を必要とする機能を使用するために、Control Hub にドメインを追加して検証します。 このステップは、組織のセキュリティと整合性を確保し、ユーザー管理をサポートします。

3

(推奨) ユーザーを申請します。 https://help.webex.com/nceb8tm/ を参照してください。

アカウント名が確認済みのドメインを使用しているすべての(既存の)Webex ユーザーを申請できるようにすることをお勧めします。 このステップでは、ユーザーをプライマリ組織に移行します。これにより、同じ機能とサブスクリプションにアクセスして、一貫性のあるコラボレーション エクスペリエンスを実現できます。

即時または遅延要求により、ユーザーを組織に要求できます。 遅延要求では、Webex アプリの会話を既存アカウントから新しいアカウントに移行するかどうかをユーザーが 14 日間以内に決定します。


 

CSV ファイルでユーザーを要求するときは、要求されたすべてのユーザーを確認して、このプロセス中に適切なライセンスまたは資格を取得できるようにします。

4

(任意)ドメインを要求します。 https://help.webex.com/nxz79m5 を参照してください。

このステップにより、すべてのユーザーをプライマリ組織に保持できます。 このステップの実行後から、システムは申請したドメインのメール アドレスを持つ新規ユーザー アカウントをプライマリ組織に自動的に追加するようになります。

組織のセルフサインアップを無効にして、そのドメインのユーザーが組織外で新しいアカウントを作成できないようにすることもできます。


 

ドメインを使用している Webex 組織が複数ある場合、そのドメインを申請することはできません。 たとえば、次のドメインを使用しているとします。

  • amer.example.com(北米組織のドメインとして)

  • apac.example.com(アジア太平洋組織のドメインとして)

このような場合、 example.com は申請できません。

5

(推奨) 自動ライセンス テンプレートを設定して、新規ユーザーのオンボーディングを簡略化します。 https://help.webex.com/n3ijtao を参照してください。

このステップにより、オンボード時に同じライセンス一式を全員に簡単に提供できるようになります。 テンプレートのデフォルトとは異なる要件を持つユーザーの場合、ユーザー ライセンスを変更できます。

テンプレートは組織で新規ユーザーを作成するときにのみ適用されます。 サイトをリンクするプロセスで組織に参加するユーザーには適用されません。

6

必要であれば、ユーザーをエクスポートし、サービスとライセンスを割り当てます

サイトの管理からリンクされたユーザーは、Control Hub の自動ライセンス割り当てテンプレートでは管理されません。

更新の一環でライセンスを変更する場合、ユーザー ライセンスを一括で変更できます。 CSV ファイルでユーザーをエクスポートし、ライセンス割り当てを変更し、変更したファイルを Control Hub にインポートします。

変更するユーザーが少ない場合、ライセンス割り当てを手動で変更することもできます。 「サービスとライセンスをユーザーに個別に割り当てる」を参照してください。

以下のタスクは任意ですが、ユーザー エクスペリエンスを最適化するために、Webex アプリを展開する前に実行することをおすすめします。

  • すべてのコンポーネントでシングル サインオン (SSO) を有効にして、一貫性のあるユーザー サインイン エクスペリエンスを実現します。

  • ユーザー ディレクトリを Control Hub と同期して、ユーザー管理を簡素化します。

  • ハイブリッド カレンダー サービスを導入して、ユーザーがカレンダーからミーティングをスケジュールできるようにします。

  コマンドまたはアクション 目的
1

(任意) すべてのコンポーネントでシングル サインオン (SSO) を有効にし、同じ ID プロバイダーを使用します。

(オプション)

ID プロバイダ(IdP)がある場合は、SAML IdP を Control Hub for SSO と統合します。 SSO を使うと、ユーザーは組織の Webex Meetings、Webex アプリ、その他のアプリケーションで、共通の資格情報を使って認証ができます。


 

SSO を有効にしない場合は、簡易な多要素認証 (MFA) を有効にし、すべてのユーザーのセキュリティを向上する必要があります。 Apple AppStore と Google Play ストアから無料で入手できる MFA 用のDuo Authenticator をお勧めします。

2

(任意) ディレクトリのユーザーを以下と同期します。

(オプション)

ディレクトリ内のユーザーを作成、更新、または削除すると、変更は Control Hub 組織に同期されます。

3

(任意) ハイブリッド カレンダー サービスを展開します。「https://www.cisco.com/go/hybrid-services-calendar」を参照してください。

(オプション)

ハイブリッド カレンダー サービスは、お使いのカレンダー環境を Webex に接続します。 Microsoft Exchange (オンプレミス)、Office 365、Google Workspace のユーザー カレンダーに対応しています。

この統合により、ユーザーのコンピューターにプラグインがなくても、簡単にミーティングをスケジュールし、参加できるようになります。 ユーザーはスケジューリング時に、電話会議リソースとして Webex Room と Desk のデバイス、Webex Boards をミーティングに追加できます。 会議端末でカレンダー サービスを有効にした場合、ミーティングに参加する時間になると、緑色の [参加] ボタンが表示されます。

ミーティングを設定する

Webex Meetings サイトとユーザーを Control Hub にリンクした後は、追加の設定はありません。

サイト管理設定は引き続きミーティングに適用されます。 新規ユーザーにミーティング サービスを提供する必要がある場合、サイトの管理で新しいアカウントを作成すると、システムが自動的にそのアカウントを Control Hub にリンクします。

(任意) メッセージを設定する
  1. (任意) 組織の保持ポリシーを設定します

    Webex アプリは永続的なメッセージングを使用し、Webex は設定した期間、データを保存します。 データ保持期間と組織のポリシーを合わせることをおすすめします。

  2. (任意) Webex アプリ コンテンツの規制コンプライアンスを確認します


    このオプションを使って、ユーザーが内部ポリシーと外部規制要件に準拠していることを確認します。 この機能を使用するには、Pro Pack が必要です。

    コンプライアンス担当者の役割を法務またはコンプライアンス担当者に付与します。 コンプライアンス担当者は Control Hub にサインインして、Webex アプリでの会話を自由に検索できます。 コンプライアンス担当者は、特定のユーザーによって共有されたコンテンツを検索したり、特定のスペースを調べて調査結果のレポートを生成したりできます。

  3. (任意) ハイブリッド データ セキュリティを展開します。 https://www.cisco.com/go/hybrid-data-security を参照してください。

    データ セキュリティは常に Webex アプリ開発における最優先事項です。 Webex アプリはキー管理サービス (KMS) と連携することにより、エンドツーエンドのコンテンツ暗号化を有効にします。 KMS は暗号キーの生成と管理を行います。この暗号キーはアプリがメッセージとファイルを動的に暗号化および復号するために使用されます。

    Webex アプリを使用するすべてのお客様は、デフォルトでエンドツーエンドの暗号化を利用できます。 エンドツーエンド暗号化は、当社のセキュリティ領域であるクラウド KMS に保管された動的キーを備えています。 KMS や他のセキュリティ関連機能を独自のエンタープライズデータセンターに移動する場合は、ハイブリッドデータセキュリティを選択できます。 ハイブリッドデータセキュリティでは、暗号化されたコンテンツのキーを保持するのは組織だけです。

  4. (任意) Control Hub のエンタープライズ コンテンツ管理 (ECM) へのアクセスを設定します。

    ECM を使用すると、組織はコラボレーションのためにコンテンツを管理、共有できます。 Control Hub で ECM プラットフォームを設定し、Webex アプリでのコンテンツへのアクセス許可をユーザーに付与します。ユーザーは承認された ECM プラットフォームでのみ、Webex アプリでのファイルとコンテンツのアップロードおよび管理ができます。

(任意) 組織の通話を調整する

以下のステップに従って、Webex アプリでの通話 (Unified CM) をセット アップします。 組織に Unified CM が展開されている場合、またはメッセンジャー付きの Jabber を Webex アプリにアップグレードしている場合、詳細については次のガイドを参照してください。

  1. Webex アプリでの通話 (Unified CM) のデプロイ

    このソリューションでは、Webex アプリは Cisco Unified CM 通話制御環境に直接登録されます。 このソリューションはオンプレミス エンタープライズ、Business Edition 6000/7000、HCS パートナー経由で提供されます。

    エンドユーザーは、Webex アプリで直接電話をかけたり、通話中の機能を使用したり、Webex アプリからデスクフォンの制御を行ったりできます。

  2. 組織とユーザーの Webex アプリ通話動作を設定

    デフォルトの発信アプリケーションと関連する PSTN 通話の選択肢を使用して組織を設定できます。 さまざまな通話ニーズを持つ特定のユーザーに対して、これらの選択を優先させることができます。

    [Webex アプリでの通話 (Unified CM)] を選択し、引き続き Webex アプリで通話できるようにします。その後、Cisco Jabber アプリでオーバーライドすることにより、より高度な通話機能 (マルチラインやコンタクト センター エージェント機能など) を必要とするユーザー向けに、Jabber をクロスローンチできるようになります。

    デプロイガイドの注意事項」を参照してください。

Webex を初めて使用する場合は、シンプルな Webex Free Calling をデプロイできます。 このオプションは、SIP 通話を行うためのものです。 組織がメッセージングとミーティング用の Webex アプリの補完として、エンタープライズ グレードの通話ソリューションを必要としている場合は、以下のリソースを参照してください。

更新の詳細については、「Webex の紹介」を参照するか、担当のアカウント チームにお問い合わせください。


デフォルトでは、すべてのサイトで更新が予定されています。 すぐに現在のリリースに更新することも、今後のリリースのため更新をスケジュールすることもできます。

始める前に

Webex アプリのネットワークを準備する必要があります。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューにサインインし、[Webex Meetings を新しい Webex に更新] をクリックします。

[Webex Meetings を新しい Webex に更新] ページが開きます。

[Webex Meetings を新しい Webex に更新] ページ。

また、以下のページからこのページにアクセスすることもできます。

  • 概要: [サービス更新] カードで、[Webex Meetings を新しい Webex に更新] をクリックします。

  • [サービス] > [更新]: [Webex Meetings を新しい Webex に更新] カードで、[開始] をクリックします。

2

(任意) 更新をテストします。

a. テスト サイトの該当する鉛筆アイコン (更新を変更) をクリックします。

b. 次のいずれかのオプションを選択します。

  • リリース バージョン <upcoming version=""> で更新 (デフォルト)

  • 選択したリリースで更新し、メニューからリリースを選択。

    この選択肢はスケジュールされた更新日付の 7 日前まで変更できます。

  • 今すぐ更新

    このオプションを選択すると、更新は 6 時間後に開始されます。 選択のキャンセルまたは変更はできません。

c. [保存] をクリックします。

ステータスが [<version release=""> を開始済み] に変更されます。

テスト サイトが設定されていない場合は、パートナーに連絡してテストのセット アップを行います。

各テスト サイトでこの手順を繰り返します。

3

Webex Meetings を新しい Webex に更新します。

a. サイトの該当する鉛筆アイコン (更新を変更) をクリックします。

b. 次のいずれかのオプションを選択します。

  • リリース バージョン <upcoming version=""> で更新 (デフォルト)

  • 選択したリリースで更新し、メニューからリリースを選択。

c. [保存] をクリックします。

各サイトでこの手順を繰り返します。

次に行うこと

Webex Meetings デスクトップ アプリを削除します。

次のように、Webex Meetings デスクトップ アプリを完全に削除するツールを用意しています。