着信転送に選択した設定は、設定されているボイスメールの設定よりも優先します。 以下は、アクティベートまたは変更可能な着信転送機能です。
  • すべてのコールー着信を常に特定の電話番号に転送するかどうかを選択できます。 このチェックボックスを選択することで、着信転送されるごとに、短いトーンが再生されるように選択できます。

  • 取り込み中ー回線がビジー状態のときに転送する内部または外部の電話番号を設定することができます。


    着信待ち受けが有効になっている場合、話中機能はトリガーされません。

  • 応答がない場合—このオプションを選択して、着信で呼び出し音が一定の回数を超過したときに転送するオプションを設定します。 内部または外部の転送先の電話番号を入力します。 有効な内部電話番号を選択した場合、ボイスメールに送信するオプションを選択することもできます。 電話からあいさつを再生する前に鳴らした呼び出し音ドロップダウン リスト。

  • 到達できない場合の通話転送 (ビジネス継続性) - 到達できない場合に通話転送設定を使用して、ユーザーが到達できない場合に通話を転送します。 たとえば、オフィスの接続が失われた場合、継続性の設定がアクティベートされます。 内部または外部の転送先の電話番号を入力します。 有効な内部電話番号を選択した場合、ボイスメールに送信するオプションを選択することもできます。


    モバイル用の Webex アプリを使用している場合、この機能は適用されません。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] に移動し、着信転送を有効にするユーザーを選択します。

2

[通話 ] を 選択し、[通話 取り扱い ] セクションから [通話転送 ] を 選択します。

3

有効にする設定を選択します。

  • すべての通話を転送します。
  • 通話中に通話を転送します。
  • 未応答の場合は、通話を転送します。
  • ネットワークが切断されている場合、通話を転送します。

 

カスタム ユーザー設定は、これらの設定を上書きします。

4

[保存] を選択します。