注文の詳細については、Cisco Webex Contact Center 注文ガイドCisco コラボレーションフレックスプランhttps://www.cisco.com/c/en/us/partners/tools/collaboration-ordering-guides.htmlで参照してください。

1

Cisco Commerce Workspaceで、ワークスペースでは、要求された開始日とコンタクトメールのプロビジョニングを追加する必要があります。

テナントをプロビジョニングするユーザのプロビジョニング連絡先メールアドレスを入力します。メールエイリアスを使用できます。制御ハブのパートナー、または、後の手順で説明する、プロビジョニングの詳細を提供するセールス管理者アカウントを使用するように推奨しています。

2

希望開始日になると、プロビジョニング コンタクトメールにメールが送信されます。メール内の今すぐセットアップリンクをクリックします。


 

セットアップを完了する前に注文セットアップ ウィザードを終了すると、プロビジョニング情報が保存されていませんので、今すぐセットアップリンクを使用してもう一度開始する必要があります。

注文のセットアップ ウィザードが開きます。

3

わたしはパートナーですをクリックしてロールを示し、次へをクリックします。

4

サービスの設定者を示すオプションを選択します。

  • はい、わたしがセットアップします次へをクリックしてステップ 5 に進みます。
  • 社内の別のユーザがセットアップします —ユーザのメールアドレスを入力し、次へをクリックします。
5

必要に応じて、次のいずれかのオプションを選択します。

  • これが最初の顧客注文である場合は、管理者のメールアドレスや会社名などの情報を追加し、Cisco Webexパートナー組織を作成して次へをクリックします。
  • 管理ハブに既にパートナーアカウントがある場合は、組織情報を確認し次へをクリックします。

    組織情報に誤りがある場合は、シスコの担当者に問い合わせてください。

6

顧客組織管理者メールアドレスを入力し、次へをクリックします。


 

ユーザは一度に 1 つのCisco Webex組織にしか所属できません。

サブスクリプション注文をトライアルテナントにマップするたびに、Webex Contact Center トライアルの作成に使用したのと同じ顧客管理者メールを入力します。

7

会社名を入力し、のドロップダウンリストから運用国を選択します。

提供されたドキュメントに従って Webex Contact Centerの販売を承認している国を選択します。サポートされている地域のリストについては、記事にあるシスコ コラボレーション フレックスプラン コンタクトセンターが提供する詳細ドキュメントの地域的な条件および制限事項セクションを参照してください。

ここで選択した国は、Cisco Webex Teams のデータ常駐サービスに記載されている、Webex Teams のデータ常駐サービスを決定するために使用されます。

Webex コンタクトセンターのデータ局所性を設定するためのオプションは、セットアップ ウィザードのコンタクトセンタータブで後から提供されます。詳細については、 Cisco Webex Contact Center の入門記事を参照してください。セットアップ ウィザードでは、Webex Contact Center の運用国は、ここで選択した国がデフォルトになります。必要に応じて変更できます。

8

新規または既存の組織を選択し次へ (Next)をクリックします。

  • 新しいCisco Webex組織の場合は、顧客情報を確認します。
  • これが既存の組織の場合は、表示されている組織が使用を希望する組織であるか確認してください。

    組織情報に誤りまたはトライアルの期限切れがある場合は、シスコの担当者に問い合わせてください。


     
    サブスクリプション注文をトライアルテナントにマップする場合は、Webex Contact Center トライアルも設定されているように、適切な顧客組織かどうか検証します。
9

顧客およびパートナー情報が正しいことを確認し、次へをクリックします。

正常に完了された旨のメッセージが表示されます。
10

この資料Cisco Webex Contact Center の使用を開始しますの説明のように、パートナーまたは顧客アカウントを使用して顧客組織を設定できるようになりました。


 

コンタクトセンター固有の管理タスクを顧客管理者に渡す前に、パートナーが顧客組織の設定を完了するように推奨しています。

Webex Contact Center テナントの自動プロビジョニング後に、次のようにオプションの機能をプロビジョニングできます。

  • 音声

  • 会話 IVR

  • キャンペーン管理(Campaign Management)

  • ワークフォース最適化

これらの機能の可用性の詳細については、シスコ担当者にお問い合わせください。