オンライン ケースの送信に関する変更

この記事は、Cisco Webex 顧客とパートナーに適用されます。 この記事は、Webex 出席者には適用されません。

オンライン ケースの送信に関する変更

Cisco Webex サポートのエクスペリエンスへの変更を共有することをうれしく思います。 皆さまが話し、私たちが聞きます! 皆さまは、Cisco Services 全体にわたってケースを開き、表示し、更新するための単一の効率化され、アクセスが容易なツールを必要としています。 そのツールは、Cisco の Support Case Manager (SCM)です。
 
 
その理由は?

  • SCM は、Cisco のグローバル TAC 全体でケースを開くプロセスを効率化します。
  • すべてのケースへのアクセスは、一か所で行います。
  • 以下の方法があります:
    • 新規作成し、現在のケースを表示します
    • ステータスを更新します
    • TAC エンジニアと直接コミュニケーションします。
 
どうしますか?
  • 6 月 29 日から、顧客は SCM にログインするために、Webex Common Identity (CI) 対応のアカウントを使用できます。  Webex CI 対応アカウントをもたない Webex 顧客は、SCM を使用してケースを送信するために、Cisco CCO ID にサインアップすることができます。 おもちのアカウント タイプを判別するには、下記の注記を参照してください。

 
他のチャンネルについてはどうでしょうか – それらを引き続き使用できますか?
  • サポートニーズを満たすために、任意のサービス チャンネル (電話、チャット*、オンライン)を使用することができます。
*メモ - FedRAMP 顧客はチャットを利用できません

 
Webex 共通 ID アカウントがあるかどうかを調べるには?

メール アドレスと Webex パスワードを使用して、http://settings.webex.com にログインできる場合は共通 ID アカウントをお餅です。 6 月 29 日以降にケースを送信するときは、CI アカウントを使ってログインすることができ、その時点で追加情報をいくつか指定するようにプロンプトされる場合があります。 別の CCO ID を作成する必要はありません。
 
電子メール アドレスと Webex パスワードを使用して、http://settings.webex.com にログインできない場合、6 月 29日以降に Cisco CCO ID を作成することが必要になります。 新しい CCO ID に対してサインアップするとき、必ず Webex アカウントに使用される電子メールと同じものを使用してください。 一度作成されると、新しい CCO ID を使用して、SCM にログインして、ケースを送信します。 サポート資格が正しく設定されていない可能性があるため、6 月 29 日以降に CCO ID にサインアップすることをお勧めします。 Cisco CCO ID の詳細については、https://www.cisco.com/c/en/us/about/account.html でアカウントを登録してください。
 
 
よくある質問:
 
6 月 29 日以前に送信したこれまでのケースはどうなりましたか?

以前に送信したケースは引き続き、一定の期間、MyResources サポート ポータルから見直すことができます。 「HD00」で始まる以前、送信したケースは、新しい SCM インターフェイス内で使用可能ではありません。
 
Webex ケースと SCM ケースの違いは?

Webex ケースは「HD00」で始まり、SCM ケースは「6」で始まります。
 
現在、MyResources を使用している場合は、新しいアカウントにサインアップする必要がありますか?

CI 対応アカウントを使用している場合は、新しいアカウントを作成する必要はありません。 CI 対応アカウントをお持ちでない場合は、オンラインでケースを追跡するために CCO ID にサインアップする必要があります。 CCO ID にサインアップせずに CI 対応アカウントを持っていない場合でも、ケースを開くことはできますが、SCM を使用してオンラインでケースを追跡または更新することはできません。
 
ケースを開くために SCM に直接アクセスできますか?

はい。 最初に、すべてのユーザーは、Webex ユーザーと出席者のためにケースを開くことができるフォームにリダイレクトされます。 このフォームは両方のユーザ- タイプに使用されるため、共通 ID ベースのアカウントまたは有効な Cisco CCO ID があるかどうかを最初に確認します。 これらのアカウント タイプのいずれかが見つかった場合は、ケースを送信するためにSCM にリダイレクトされます。 共通 ID または Cisco CCO ID をお持ちでない場合でも、オンラインでケースを送信できます。
 
SCM にアクセスし、ケースをオンラインで提出するために、https://mycase.cloudapps.cisco.com/case をブックマークできます。
 
SCM に関する詳しい情報はどこで入手できますか?

ヘルプの資料は、SCM ツール内で使用可能です。
 

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事
arrow up