ユーザーを事前に割り当てる先:ブレイクアウトセッション出席者リストを使用するか、またはCSVファイルをインポートすることで、

  • 出席者リストを使用している場合、招待者を手動または自動で割り当てることができます。

    リスト上の 共同主催者 は、自動的にブレイクアウト セッションに割り当てられません。

  • CSV ファイルをインポートする場合は、テンプレートをダウンロードして、ブレイクアウト セッションの名前と事前割り当てを行うユーザーのメールアドレスを入力できます。 これらのユーザーはミーティングに招待されます。

ミーティングの開始後に調整を行う必要がある場合、ミーティング中に参加者を割り当て移動、 または削除することができます。

この機能は、 Webex MeetingsとWebex Webinarsでサポートされています。 Webexアプリでは、この機能はビデオメッシュ対応のミーティングプラットフォームで利用できます。


 

ウェビナーでは、パネリストのみがブレイクアウト セッションに事前割り当てできます。 出席者をブレイクアウト セッションに事前に割り当てることはできません。 ブレイクアウト セッションが開始されると、出席者は、参加するブレイクアウト セッションを選択することができます。

1

手順に従って、ミーティングをスケジュールするか、ウェビナーをスケジュールします。 出席者を追加済みであることを確認してください。

2

パーソナル会議室のスケジュールをクリックします。アドバンスト オプションを選択します。

3

まず、次のチェックボックスをオンにします。ブレイクアウト セッションを有効にするをクリックします。ブレイクアウトセッションの事前割り当てを選択します。

4

作成するブレイクアウト セッションの数と参加者を指定する方法を選択します。

  • 自動: 各ブレイクアウト セッションに参加者を均等に分割することができます。
  • 手動: 参加者を各ブレイクアウト セッションに割り当てます。

 

ウェビナーでは、ブレイクアウト セッションに割り当てることができるのはパネリストのみです。 出席者を割り当てることはできません。 ブレイクアウト セッションが開始されると、出席者は、参加するセッションを選択できます。

5

[作成] をクリックします。

ブレイクアウト セッションが作成されます。 デフォルトでは、ブレイクアウト セッションは Breakout session 1Breakout session 2 などというように名前が付けられます。 ブレイクアウト セッションの名前を変更するには、セッション名の上にカーソルを合わせ、詳細 > [名前の変更] をクリックして、新しい名前を入力します。

選択した自動でステップ 4 で、参加者が割り当てられます。

選択した手動ステップ 4 で、割り当てる参加者を選択し割り当てられていませんに移動し、割り当て先に移動し、ブレイクアウト セッションを選択するか、新しいブレイクアウト セッションを選択します。 すべての参加者が割り当てられるまで、このステップを繰り返します。

各ブレイクアウト セッションに割り当てられた出席者の数がブレイクアウト セッションの名前の隣に括弧で表示されます。
6

ブレイクアウト セッションを調整する場合は、参加者の移動、交換、削除、またはセッションの追加を行います。

7

参加者の事前割り当てを終了したら、[作成] をクリックし、ミーティングのスケジュールを終了します。

次に行うこと

ミーティング開始後:

  1. ブレイクアウト セッション設定を変更します。 セッションが開始された後で、この設定を変更することはできません。

  2. すべてのブレイクアウト セッションを開始する準備ができたら、[ブレイクアウト セッションの開始] をクリックします。

CSVファイルを使用してミーティングの出席者とウェビナーのパネリストを事前に割り当てることができます。

1

手順に従って、ミーティングをスケジュールするか、ウェビナーをスケジュールします。 Webex のセットアップを完了する必要はありません出席者またはパネリストフィールドにスケジューラします。 CSV ファイルに含めるすべてのユーザーがミーティングに招待されます。

2

パーソナル会議室のスケジュールページで [詳細オプション] をクリックします。

3

まず、次のチェックボックスをオンにします。ブレイクアウト セッションを有効にするをクリックします。ブレイクアウトセッションの事前割り当てを選択します。

4

[ブレイクアウト セッションの事前割り当て] ダイアログ ボックスで、[CSV からインポート] をクリックします。 [作成] ボタン


 
デフォルトの値を受け入れるのは OK です。 CSV ファイルをインポートすると、この情報が上書きされます。
5

CSV 形式のテンプレートをダウンロードします。

CSV からインポート
6

デバイスに template.csv テンプレートで指定されている形式のファイルを使用し、 CSVファイルをアップロードすることを許可します。

CSV テンプレート
ブレイクアウト セッションが作成され、ユーザーが事前に割り当てされています。
ブレイクアウトセッションは事前割り当てされています
7

ブレイクアウト セッションを調整する場合は、ユーザーの移動、交換、削除、またはセッションの追加を行います。

移動、交換、削除
8

ユーザーの事前割り当てを終了したら、[作成] をクリックし、ミーティングのスケジュールを終了します。

ミーティング開始前に事前割り当てを変更するには、[ミーティング] に進み、ミーティング リストからミーティングの名前を選択し、[ブレイクアウト セッションの事前割り当て ] をクリックします。

次に行うこと

ミーティング開始後:

  1. ブレイクアウト セッション設定を変更します。 セッションが開始された後で、この設定を変更することはできません。

  2. すべてのブレイクアウト セッションを開始する準備ができたら、[ブレイクアウト セッションの開始] をクリックします。