Webex for Salesforce は次で利用できますSalesforce AppExchangeを選択します。

一・一八

2023年12月11日。

Webex ダウンロード リンク

強化

  • Webex でインポートされた各登録者または出席者に対して、登録ソース ID を追跡して、参加者が登録した場所を追跡できるようになりました。 詳細については、「 出席者が Webex Webinars に参加または登録する方法を追跡します
  • インターフェイス全体にビデオ通話とチャットアイコンにタイトルが追加され、ユーザーにより多くのコンテキストが提供されます。

修正

  • リンクされたスペース情報ポップアップが期待通りに開いたり閉じたりしないことが解決されます。
  • ウェビナーに出席したキャンペーンメンバーは、Salesforce で期待どおりに出席したことを示すようになりました。

一、一七

2023年9月27日。

Webex ダウンロード リンク

強化

  • Salesforce Webex 管理者は、Webex インテグレーションエラーログの削除ジョブまたは削除ジョブをスケジュールできるようになりました。
  • Webex Record Link オブジェクトでインポートされたウェビナーの関連キャンペーンとウェビナー名を追跡する機能を追加しました

修正

  • Salesforce で Webex ユーティリティを追加すると、他の Salesforce ユーティリティのスクロールバーが無効になりません。
  • 過去のウェビナーでは、今後のウェビナー リストから過去のウェビナー リストへのロールオーバーの遅延が発生しなくなります。
  • 既存のリードまたは連絡先が更新中のインポートでキャンペーンメンバーが作成されなかったケースが修正されました。
  • 「名前フィールドが長すぎます」の問題が修正されました。
  • Webex コンポーネントは、Salesforce ユーティリティが右側に配置されている場合(ミラーリング)に正しく表示されるようになりました。
  • パッケージのインストールで暗号化関連の障害が発生しなくなります。
  • ウェビナーのインポートでエラー ロギングとデバッグが改善されました。

1.16.1。

2023年7月20日。

Webex ダウンロード リンク

修正

  • ユーザー名が長すぎたために発生したログイン失敗を修正しました。
  • 主催者が Salesforce 経由でミーティングを行うときに、[編集] ボタンと [キャンセル] ボタンが常に表示されるようになりました。
  • 一般的なエラーメッセージではなく、主催者のメールが Salesforce のメールと一致しない場合に、より具体的なエラーメッセージが表示されます。
  • リードまたは連絡先が既存のキャンペーンにすでにリンクされている場合でも、キャンペーンメンバーは常に作成されます。
  • ウェビナー データのインポートを防止する Salesforce オブジェクトに権限が正しく適用されなかった問題を修正しました。

  • 強化されたドメインを有効にすると、Salesforce のログインが中断されなくなります。

一・一六

2023/6/6

Webex ダウンロード リンク

新しい機能

  • Salesforce 管理者は、リンクインポートのオブジェクトを選択中に、選択されたオブジェクトがリードまたは連絡先(このオプションは他のオブジェクト タイプでは使用できません)。
  • ウェビナーのレコードをインポートすると、Salesforce ユーザーは、リードまたは連絡先オブジェクトがインポートされ、キャンペーンメンバーまたはWebexウェビナーキャンペーンメンバーまたは両方。
  • Salesforce の [キャンペーン] タブにはWebexウェビナーキャンペーンメンバーシップは、現在、以下のように名前が変更されています。 WebexウェビナーキャンペーンメンバーSalesforce の標準設定と連携キャンペーンメンバーをパネル。

修正

  • Salesforce イベント消費が最適化され、量の多い通話を処理できるようになりました。
  • ウェビナーのインポートエラーの処理が改善されました。

1.14

2023 年 5 月 2 日

Webex ダウンロードリンク

バグフィックス

  • セキュリティ
    • メッセージ チャネルの公開は、 Cisco管理パッケージ内で制限されるようになりました。
    • セッションIDは認証トークンに置き換えられました。
    • このすべて表示権限が Salesforceキャンペーンオブジェクトから削除されました。
  • ネームスペースを取得するためのクエリが最適化されました。
  • 瞬間ライブラリの初期化中に発生するコンポーネントの読み込み失敗問題を修正しました。
  • [インバウンド] および [アウトバウンド] 通知とコール ログ ウィンドウが、PSTN コールで期待通りに表示されるようになりました。

1.12

2022 年 9 月 29 日

ダウンロードのリンク

新しい機能
  • ユーザーが主催者者である今後および過去のWebex Webinarsにアクセスします。

  • Webex Webinar の招待者、登録者、または出席者を Salesforce に、連絡先、潜在顧客、またはカスタム オブジェクトとしてインポートします。

  • インポートしたレコードを Salesforce キャンペーンにリンクします。

全般的な改善
  • Webex Webinars の新しい機能とキャプチャパッケージバージョンに対応するためにメトリック インストルメンテーションが強化され、 Cisco担当者はお客様の問題のトラブルシューティングをより効果的に支援できるようになりました。

  • Salesforce でのプラットフォームイベントの使用状況が最適化されました。

1.10

2022 年 3 月 24 日

バグフィックス
  • ログインの問題を修正

1.9.3

2022 年 3 月 22 日

重大度が高い問題が発生しているため、このビルドは一時的に利用できません。 これは現在調査中です。 代わりにバージョン 1.10 にアップグレードすることを推奨します。

新しい機能
  • 新しいアクセス トークン更新エンジンが追加されました。

  • [管理] タブのエラー メッセージの改善

  • ミーティング検索エンジンの強化

バグフィックス
  • スペース情報アイコンをクリックしたときのパフォーマンスが向上しました。

  • マイナーなチャットバグを修正

  • [ミーティングのリンク] コンポーネントでの潜在的なミーティングの重複を修正しました

  • ユーザーがWebexからサインアウトできない潜在的な問題を修正しました

  • Meetings および HomePod コンポーネントに表示されない Webinars

  • テスト メソッドの失敗の原因となっているスペース通知ボットの問題を修正しました。

1.8.4

2022 年 2 月 2 日

新しい機能
  • 遠隔地からのサービスアビリティのためのメトリックスの追加:Ciscoのサポート担当者は、機能性やパフォーマンスをリモートで評価できるようになり、顧客の問題のトラブルシューティングをより効果的に支援できます。

  • 過去のミーティングと任意のオブジェクトとのリンクおよびリンク解除機能の改善—カスタムの時間間隔中に行われたユーザーのカレンダーからミーティングを取得し、そのようなミーティングを 1 つ以上選択して現在のオブジェクト(両方標準とカスタム) を把握できます。 オブジェクトに関連付けられた過去のミーティングは過去のミーティングがWebex Meetingsされます。

バグフィックス
  • 着信通話と発信通話に関する問題を修正

  • 全体的な安定性が向上しました

  • マイナーな UI の問題を修正

既知の問題
  • このビルドに影響を与え、重要な問題が発生しているようです。 このバージョンをすでに使用している場合は、バージョン 1.10 にアップグレードすることをお勧めします。

  • Salesforce リリースが更新されていることを確認しますLightning コンポーネントのセキュアな静的リソースを有効にするは無効です。 このリンクを選択します:セットアップ次のリンクをクリックしてください:リリースの更新に進み、確認してください。 この更新により、Salesforce のWebexコンポーネントが応答しなくなり、フォントとアイコンが欠落する可能性があります。

1.7.0.11

2021 年 12 月 8 日

ダウンロードのリンク

新しい機能
  • 既存のミーティングをリンク - 過去のミーティングを Salesforce オブジェクトにリンクする機能

  • Webex通知ボット - レコードの一括更新をサポート

バグフィックス
  • 着信通話と発信通話に関する問題を修正

  • [発信する] 機能に関する問題を修正

  • Webex通知ボットに関する問題を修正 - ルックアップ フィールドを通知メッセージに追加できます

  • [既存のミーティングをリンク] 機能のタイムゾーンに関する問題を修正

  • 関連する Salesforce イベントが削除されない Webex ミーティングのリンク解除/キャンセルに関する問題を修正

  • 既存のミーティングをリンク - 参加可能なミーティングのリストを、ミーティング開始日でフィルタリングできるようになりました

  • マイナーな UI の問題を修正

1.6.1

2021 年 11 月 4 日

ダウンロードのリンク

新しい機能
  • Webex ユーザー間のビデオ/音声通話のサポート

  • 関連する Webex スペースへの Salesforce オブジェクトの更新のブロードキャスト

  • 刷新された Webex 管理画面

  • チャット エクスペリエンスの向上

バグフィックス
  • 着信通話と発信通話に関する問題を修正

  • Salesforce オブジェクトの共有設定とセキュリティ設定の強化

1.5.1

2021 年 10 月 13 日

ダウンロードのリンク

新しい機能
  • Webex スペースへのケースの詳細の自動入力

  • 通話に関連する新しいケースの作成とユーザーの追加 (Salesforce のユーザーと連絡先)

  • ケース メンバーとのミーティングのスケジュール

バグフィックス
  • 以前のパッケージ バージョンからの更新を試みる際に発生する問題を修正しました。 1.5 のインストールに成功した場合は、1.5.1 をインストールする必要はありません。

全般的な改善
  • [アクティビティ] タブ - 特定の番号の前回の通話が表示されます。

  • [詳細情報] タブ - 特定の連絡先に関連するレコードが表示されます。

  • 着信通話の強化 - ステータスが Webex で取り込み中に設定されている場合、着信が Salesforce のユーザーに通知されません。

1.4

2021 年 8 月 19 日

ダウンロードのリンク

  • このメンテナンス リリースのリリース ノートはありません。

1.3.0-16

2021 年 8 月 3 日

ダウンロードのリンク

新しい機能
  • Salesforce イベントとしてミーティングを保存する機能

  • Salesforce から直接ワンクリック ミーティングを開始する機能

  • ミーティングのスケジューリング時にカレンダーの空き状況を確認する

  • Salesforce で着信通話通知を受信する (ローカル Webex アプリを使用)

  • Salesforce から発信通話を実行する (ローカル Webex アプリ経由)

  • Salesforce タスクとして着信通話のログを記録する

  • Salesforce タスクとして発信通話のログを記録する

バグフィックス
  • 検索の最適化

  • データベース構造の修正

  • データベース クエリ構造の修正

  • ユーザー インターフェイスの調整

  • Webex API 検索

全般的な改善
  • チャット エクスペリエンスの向上

  • バックエンドの改善

  • Salesforce 暗号化を有効にしている Salesales 組織のサポート

  • Salesforce 検索の最適化

  • Webex 管理画面の強化