Cisco Webex Control Hub のハント グループを作成する

始める前に

以下のようなシナリオでは、ハント グループをセットアップするのがよいでしょう。
  • セールス チームは順番に転送を求めている可能性があります。 着信の呼び出し音が 1 つの電話でなっても、応答が無かった場合、そのコールはリスト中の次のハント グループ メンバーへと転送されます。

  • サポート チームは最初の対応可能なメンバーが電話に応答できるように、複数の電話が同時に鳴ることを希望する傾向があります。


アジア太平洋地域の顧客の場合、[発信者 ID 名] フィールドにはユーザー名が自動的に入力されます。 発信者 ID 名フィールドを変更することはできません。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ハント グループ] > [ハント グループの作成] をクリックします。

3

[基本] タブで、以下の情報を入力します。

  • ロケーション - ドロップダウンからロケーションを選択します。


     

    ロケーションは、ロケーション固有のコール設定を持つコンテナです。 詳細については、「組織の Cisco Webex Calling を構成する」を参照してください。

  • ハント グループ名 - ハント グループに名前を入力します。

  • 電話番号 - ハント グループにプライマリ電話番号および/または内線を割り当てます。

  • 発信者ID - ハント グループの発信者 ID を割り当てます。 発信者 ID は、このハント グループの外部に転送されるコールに使用されます。

  • 言語 - ドロップダウン メニューでハント グループの言語を選択します。

4

[次へ] をクリックします。

5

[コール ルーティング] タブで、次のオプションの 1 つを選択します。

  • サーキュラー (最大 1,000 エージェント)ーこのオプションは、最後のメンバーがコールに応対した後で、すべてのメンバーをサイクルします。 次に利用可能なハント グループのメンバーをコールします。
  • トップダウン (最大 1,000 エージェント)ーメンバーのキューを通じて順番にコールを送信し、毎回、上から順に開始します。
  • 最長アイドル (最大 1,000 エージェント)ーアイドル時間が最も長いメンバーにコールを送信します。 応答しない場合、アイドル時間が 2 番長だった次のメンバーに進み、コールが応答されるまで続行します。
  • 重み付け (最大 100 エージェント) - ハント グループ の各メンバーに割り当てる割合 (最大 100%) に基づいて、アイドル状態のメンバーにコールを送信します。
  • 同時 (最大 50 エージェント) - コール キューですべてのメンバーへのコールを送信します。
6

[呼び出し音数を指定した後に進む] チェックボックスをオンにし、ドロップダウンを使用して、必要に応じて、コール ルーティングの選択に適用する呼び出し音の数を選択します。

7

[次へ] をクリックします。

8

[ルーティング設定] タブで、必要に応じて、以下の 1 つまたはそれ以上のオプションを有効にできます。

  • 取り込み中に進む - ハント グループ別のコール中にメンバーが鳴らず、ハント グループの次のメンバーに進みます。 メンバーの着信待ち受けが有効になっていて、コールがそれらに進む場合、着信はメンバーが再び待ち受け状態になるまで待ちます。
  • 設定された呼び出し音数の後に転送する - 指定された数の呼出音が指定された番号に転送された後、未応答のコール。
  • 到達不能な時にコールを迂回させる - 応答のないコールは定義された電話番号に迂回させます。 このことは、ネットワークの停止のために未応答になっているコールや、すべてのハント グループのメンバーが取り込み中で、[取り込み中に転送する] オプションが有効になっている場合にも適用できました。

     

    モバイル デバイスのみを使用しているユーザーの場合、ネットワーク停止がある場合、通話は転送されます。

9

[次へ] をクリックします。

10

[ユーザーの選択] タブで、コール リストにユーザーまたはワークスペースを追加します。


 

以前選択した [コール ルーティング] オプションに応じて、ユーザーまたはワークスペースに割合の重み付けを追加する、またはサイクルするコール ルーティングの場合には、キューの順番でユーザーとワークスペースをドラッグ アンド ドロップする必要があります。

11

[次へ] をクリックします。

12

[レビュー] タブでは、正確な詳細を入力したことを確認するために、ハント グループ設定を確認することができます。

13

[次へ][完了] をクリックして、ハント グループ設定を確認します。

Cisco Webex Control Hub のハント グループを無効する

この手順で、以前作成したハント グループを無効にできます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ハント グループ] をクリックして、リストから無効にするハント グループを選択します。

3

サイド パネルで、[ハント グループを有効にする]オフにして、ハント グループを無効にします。

4

[保存] をクリックします。

Cisco Webex Control Hub のハント グループ設定を編集する

各ハント グループの言語と発信者 ID を編集する。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ハント グループ] をクリックして、編集するハント グループを選択します。

3

サイドパネルの [全般設定] の隣にある、[管理] をクリックします。

4

[言語] ドロップダウンで [言語] を表示または編集します。

5

[タイムゾーン] ドロップダウンで [タイムゾーン] を表示または編集します。

6

[発信者 ID] を表示または編集します。


 

発信者 ID は着信転送が有効で、コールがこのハント グループから転送されるときに使用されます。

7

[保存] をクリックします。

Cisco Webex Control Hub のハント グループ電話番号を編集する

Control Hub で電話番号、代替番号を編集し、ハント グループの明確なリング パターンを割り当てします。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ハント グループ] をクリックして、編集するハント グループを選択します。

3

サイド パネルで、[電話番号] の隣に表示される番号をクリックします。

4

電話番号代替番号、および一部 の明確な呼出音パターンを編集します。


 

最大 10 件の代替番号を設定することができます。

5

[保存] をクリックします。

Cisco Webex Control Hub のハント グループ着信転送設定を編集する

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ハント グループ] をクリックして、編集するハント グループを選択します。

3

サイドパネルで、[着信転送] をクリックします。

4

[着信転送] 機能をオンに切り替えます。

5

次のいずれか 1 つのオプションを選択します。

  • 常時着信転送 - 指定された番号に着信を常に転送します。
  • 選択的着信転送 - 基準ルールに応じて、指定された番号へコールを転送します。

     

    選択的着信転送を選択する場合、着信転送をアクティブに設定するために、転送に少なくとも 1 つのルールが適用されている必要があります。

6

着信を転送する番号を指定します。 [常時着信転送] を選択した場合は、[保存] をクリックします。


 

[常に転送] または [選択して転送] を選択した場合、[ボイスメールに送信] のチェックボックスをオンにすると、すべての通話が内部のボイスメールに転送されます。 外線番号を入力するときには、[ボイスメールに送信] チェックボックスが無効になります。

7

[選択的着信転送] の場合、[転送する時を追加] または [転送しない時を追加] をクリックしてルールを作成します。

8

[ルール名] を作成します。

9

[着信する時] の場合、ドロップダウン メニューから [ビジネス スケジュール][休日スケジュール] を選択します。

10

[転送先] については、[デフォルト電話番号] から少なくとも 1 つのオプションを選択するか、[別の電話番号] を追加します。

11

[発信元] については、[任意の番号] または [選択された番号] を以下から少なくとも 1 つのオプションと一緒に選択します。

  • 任意の番号 - 指定されたルールですべての着信を転送します。

  • 任意のプライベート番号 - プライベート番号からの着信を転送します。

  • 任意の受付不可番号 - 受付不可番号からの着信を転送します。

  • 特定の番号の追加 - 定義した最大 12 個の番号からの着信を転送します。

12

[コール先] の場合、定義した組織内の番号または代替番号で着信すると、コールが転送されます。

13

[保存] をクリックします。

次に行うこと

ルールが作成されると、テーブルのルールの隣のトグルを使用して、ルールを有効または無効にできます。 削除するために [編集] または をクリックすることで、いつでもルールを変更または削除できます。

既存のハント グループのユーザーおよびワークスペースを追加または削除する

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ハント グループ] をクリックして、編集するハント グループを選択します。

3

[エージェント] の隣の [管理] をクリックします。

4

[ユーザーまたは Workspace の追加] をクリックして、追加するユーザーまたはユーザーを選択するか、ユーザーを検索します。


 
また、 をクリックするとハント グループ メンバーを削除できます。
5

変更が完了したら、[保存] をクリックします。

Cisco Webex Control Hub のハント グループ コール ルーティング パターンを編集する

利用可能なオプションから既存のハント グループのパターンを変更します。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ハント グループ] をクリックして、編集するハント グループを選択します。

3

[コール ルーティング パターン] の隣の [管理] をクリックします。

4

[コール ルーティング] の場合、次のオプションを編集します。


 
1,000 名の ハント グループ 名のメンバーを含むパターンから、100 名または 50 名のメンバーだけが参加するパターンにコール ルーティング パターンを変更する場合、最初の 100 または 50 名のメンバーだけが保存されます。 変更を行う際に、これを確認するように指示されます。
  • サーキュラー (最大 1,000 エージェント)ーこのオプションは、最後のメンバーがコールに応対した後で、すべてのメンバーをサイクルします。 次に利用可能なハント グループのメンバーをコールします。
  • トップダウン (最大 1,000 エージェント)ーメンバーのキューを通じて順番にコールを送信し、毎回、上から順に開始します。
  • 最長アイドル (最大 1,000 エージェント)ーアイドル時間が最も長いメンバーにコールを送信します。 応答しない場合、アイドル時間が 2 番長だった次のメンバーに進み、コールが応答されるまで続行します。
  • 重み付け (最大 100 エージェント) - ハント グループ の各メンバーに割り当てる割合 (最大 100%) に基づいて、アイドル状態のメンバーにコールを送信します。
  • 同時 (最大 50 エージェント) - コール キューですべてのメンバーへのコールを送信します。
5

[ユーザーまたは Workspace の追加] をクリックして、エージェントのリストを編集します。

6

[保存] をクリックします。

Cisco Webex Control Hub のハント グループ コール ルーティングを編集する

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ハント グループ] をクリックして、編集するハント グループを選択します。

3

[コール ルーティング オプション] の隣の [管理] をクリックします。

4

トグルを使用して、これらの各機能の設定をオンまたは オフ にします。

  • 呼び出し音数の設定後に進む - オンにすると、ハント グループのメンバーは、コール中にコールがキューに入っているという通知を受け取り、選択した呼び出し音数の後に次のメンバーに進みます。 オフにすると、メンバーはコールがキューに入るという通知を受け取ります。しかし、呼び出し音の数を選択すると次のメンバーに移動します。

  • 取り込み中に進む - ハント グループ別のコール中にメンバーが鳴らず、ハント グループの次のメンバーに進みます。 メンバーの着信待ち受けが有効になっていて、コールがそれらに進む場合、着信はメンバーが再び待ち受け状態になるまで待ちます。

  • 設定された呼び出し音数の後に転送する - 定義された数の呼び出し音が鳴った後で、指定された番号に転送されます。

  • 到達不能な時にコールを迂回させる - 応答のないコールは定義された電話番号に迂回させます。 このことは、ネットワークの停止のために未応答になっているコールや、すべてのメンバーが取り込み中で、[取り込み中に転送する] オプションが有効になっている場合にも適用できました。