移行の計画-概要

移行インサイトは、Jabber のオンプレミス導入からクラウド導入への移行を計画するのに役立ちます。これにより、サードパーティのインテグレーション、エンドポイントのタイプと設定、エンドユーザが使用するサービスの種類など、ユーザの既存のオンプレミス導入サービスに関する必要な情報を収集できます。 また、インスタントメッセージングおよびプレゼンス機能および Jabber 機能のリストは、移行後に利用できない場合や部分的に利用可能である場合もあります。 これらのインサイトは、クラウドへの移行のためのタイムラインを効果的に計画し、構築するのに役立ちます。

前提条件

移行を計画する前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

  • 完全な管理者権限を持つ Cisco Webex Control Hub へのアクセス:Webex アプリは、主に Webex プラットフォーム用の管理インターフェイスである Cisco Webex Control Hub から管理されています。 詳細については、「Cisco Webex Control Hub での組織アカウントロールの割り当て」を参照してください。

  • 組織を Cloud-Connected UC に導入準備-組織を Cloud-Connected UC に導入準備し、移行するユーザとクラスタに関する必要な情報を収集します。詳細については、「オンプレミスデバイス用の Cisco Webex Cloud-Connected UC のセットアップ」を参照してください。

  • 導入インサイトの有効化:すべての Unified CM および Instant Messaging and Presence クラスタで導入インサイトサービスを有効にします。 これにより、移行に必要な設定の詳細をクラウドに送信できます。詳細については、「クCloud-Connected UC サービスの有効化」を参照してください。

移行計画

1 

Cisco Webex Control Hub の顧客ビューで 、[サービス] > [更新] に移動します。


 
移行インサイトカードは 、組織を Cloud-Connected UC に導入準備した後のみ有効になります。
2

移行インサイト カードで、[表示] をクリックします。

[データ収集の確認] ダイアログボックスが表示されます。
3 

画面のメッセージを読み、[はい、同意します] チェックボックスをオンにして [送信] をクリックします。

4

[移行インサイト] ページが表示され、次の詳細が表示されます。

  • Unified CM クラスタ名:Unified CM クラスタの名前。[検索] フィールドを使用して、クラスタ名を検索およびフィルタリングできます。ここにリストされているのは、導入インサイトが有効なクラスタのみです。

  • サービスプロファイル:Unified CM サービスプロファイルの一覧を示します。

  • ユーザの総数:Unified CM クラスタ上のユーザの数です。

  • インサイトの計画:クラスタで使用可能な機能、または計画が必要な機能がリストされます。

5 

[インサイトの計画] 列の [詳細] をクリックします。

[移行インサイト] ページには、インスタントメッセージおよびプレゼンスおよび Jabber クライアント機能の一覧が表示されます。機能のリストの詳細については、 機能リストを参照してください。

 
これらの機能は、Webex アプリに移行するときに直接マップされる場合とマップされない場合があります。
6

[レポートのダウンロード] をクリックして、機能の詳細を表示します。

7 

ページ上部に表示される移行ガイドのリンクをクリックして、計画の詳細を表示します。

機能一覧

次の表は、Cisco Webex Cloud-Connected UC が導入時に設定されている場合に検出する機能の一覧です。これらの機能は、Webexアプリに移行するときに直接マップされる場合とされない場合があるため、今後の計画のためにマークされています。

表 1機能一覧

機能 

説明 

インスタントメッセージおよびプレゼンス機能

サードパーティコンプライアンスサーバ

インスタントメッセージおよびプレゼンスサービスはロギングまたは倫理的境界機能のコンプライアンスのために 1 つ以上のサードパーティコンプライアンスサーバをインテグレーションします。 どのインスタントメッセージ、プレゼンス、またはグループチャットイベントをコンプライアンスサーバに渡すか、およびどのイベントをブロックするかを選択できます。 サードパーティコンプライアンスサーバは、イベントに関連するポリシーやフィルタを適用し、インスタントメッセージおよびプレゼンスサービスに対してイベントをさらに処理するかどうかを指示します。

B2B フェデレーション

インテグレーションされたインスタントメッセージネットワークにより、さまざまなインスタントメッセージングクライアントやプラットフォーム間で通信を行い、可用性情報やインスタントメッセージングを外部ドメインのユーザと交換できます。

B2B フェデレーション(SIP)

インスタントメッセージおよびプレゼンスサービスのユーザは、Session Initiated Protocol(SIP)のインテグレーションドメインなどの外部ドメインのユーザと通信できます。

B2B フェデレーション(XMPP)

インスタントメッセージおよびプレゼンスサービスのユーザは、Messaging and Presence Protocol(XMPP)をサポートするメッセージアプリケーションを使用して、外部ドメインのユーザと通信できます。

B2B フェデレーション(電子メール)

SIP または XMPP フェデレーションに電子メールアドレスを使用するためにインスタントメッセージおよびプレゼンスサービスを設定する場合、インスタントメッセージおよびプレゼンスサービスは、フェデレーションの連絡先とのすべての通信において、ローカルユーザの IM アドレスをそのユーザの電子メールアドレスに置き換えます。

エンタープライズグループ(Enterprise AD)に基づく連絡先リスト

企業グループが設定されている場合、Unified CMは、データベースを外部 LDAP ディレクトリと同期するときに、ユーザグループを含めます。 同様の特徴を持つユーザをプロビジョニングし、特定グループのすべてのユーザにメッセージをターゲットにし、特定のグループのすべてのメンバーに対して均等なアクセスを設定できます。 Cisco Jabber ユーザは、企業グループを検索したり、連絡先リストにすでに追加したグループを表示したりすることもできます。

導入用の FIPS モード

インスタントメッセージおよびプレゼンスサービスは FIPS モードで動作するように設定できます。これにより、システムは FIPS または米国およびカナダの政府標準の暗号化モジュール規格に準拠できます。 FIPS では、暗号化アルゴリズムの実装、キーマテリアルおよびデータバッファの処理、およびオペレーティングシステムとの連携についてのベストプラクティスを指定します。

メッセージアーカイバ

は、単一クラスタネットワーク構成、クラスタ間ネットワーク構成、または連動ネットワーク構成における次の IM アクティビティ用のデータを収集して、インスタントメッセージ(IM)コンプライアンスに対するサポートを提供します。 これには、ポイント対ポイントメッセージや、さまざまな形式のグループチャットが含まれます。

常設チャット

永続的なチャットルームは、すべてのユーザがルームを離れても存続するグループチャットセッションです。ユーザは、同じ部屋に戻って共同作業や知識の共有を行い、アーカイブを検索して(この機能がインスタントメッセージおよびプレゼンスサービスで有効になっている場合)、そのトピックのディスカッションにリアルタイムで参加できます。 常設チャットルームを設定する場合は、常設チャットルームをホストするノードごとに、個別の外部データベースインスタンスを設定する必要があります。

Jabber その他の機能

リモート デスクトップ制御

インスタントメッセージから画面を共有する場合、ユーザは画面を共有しているユーザのデスクトップをリモートで制御する権限を要求できます。 いずれのユーザでも、リモートデスクトップコントロールはいつでも無効にできます。リモートデスクトップコントロールは、モバイルおよびリモートアクセス用の Expressway では現在サポートされていません。

FECC:遠端カメラ制御

コントロール

遠端カメラ制御(FECC)をサポートしているコールでは、遠端カメラを調整してビデオコール時の表示を鮮明にすることができます。 ユーザがコールしているエンドポイントが FECC をサポートしている場合、ユーザは FECC を使用できます。例えば、Cisco ブリッジを通話する場合、電話ミーティングのビデオディスプレイのレイアウトを選択できます。

CMS ActiveControl

Cisco Meeting Server ActiveControl では、ミーティング参加者が ActiveControl からミーティングエンドポイントから直接ミーティングのエクスペリエンスを制御できる機能を提供します。外部のアプリケーションやオペレータは不要です。

CAPF または OAuth でのセキュアメディアの使用

Unified CM へのセキュア登録では、CTL ファイルの更新、共通証明書信頼ストアの設定などが行われます。 Cisco Jabber デバイスが、オンプレミスとオフプレミス間で切り替わる場合、セキュア登録が完了する際は毎回、現地署名証明書と Certificate Authority Proxy Function(CAPF)登録の更新処理が複雑になります。 SIP OAuth モードでは、セキュアな環境での Cisco Jabber 認証に OAuth 更新トークンを使用できます。Unified Communications Manager の SIP 回線で OAuth をサポートすることで、CAPF なしでセキュアシグナリングとセキュアメディアが可能になります。 Unified Communication Manager クラスタおよび Cisco Jabber エンドポイントで OAuth ベースの認証を有効にすると、SIP 登録中の OAuth トークン検証が完了します。

移行の問題のトラブルシューティング

このセクションでは、移行または Webex アプリへの移行中に発生する可能性がある一般的な問題の解決に必要な情報と解決策を提供します。

サービスイネーブルメント

展開インサイトを有効にした後は、更新されたデータが [移行インサイト] ページに反映されるまで約 4 ~ 5 時間かかる場合があります。

コントロールハブまたはオンプレミスの一括更新

コントロールハブまたはオンプレミスのノードで一括更新を実行した後は、更新されたデータが [移行インサイト] ページに反映されるまで約 4 ~ 5 時間かかる場合があります。