デバイス用 Webex Edge は、CE9.14 以降を実行している Webex Rooms デバイスでクラウド管理のソフトウェアアップグレードをサポートします。クラウド管理のソフトウェアアップグレードが有効になっているデバイスは、新しい安定したビルドをおよそ月に 1 回、新しいベータ版ビルドは毎週受信します。使用可能なチャネルは、クラウドに登録されたデバイスのチャネルと同じであり、リリースは同時に更新されます。

クラウドのソフトウェアアップグレードを使用すると、デバイスを手動でアップグレードする必要なく、最新の更新とバグ修正をより迅速に取得できます。Webex 最適化エクスペリエンスを有効にするには、クラウドソフトウェアのアップグレードが必要です。

この機能はデフォルトで無効になっています。クラウド管理のソフトウェアのアップグレードを有効にした後は、ワークスペースのチャネル選択メニューからソフトウェアチャネルを選択できます。デフォルトでは、デバイスは安定したチャネルを使用します。


TAC は、最新の安定バージョンの RoomOS ソフトウェアのみをサポートしています。

1 

https://admin.webex.com の顧客ビューからデバイスに移動し、設定するデバイスを選択します。

2 

設定 Webex CloudUpgrades Modeオンにします。

ソフトウェアチャネルを設定するには、[ワークスペース (Workspaces)] に移動し、ワークスペースを選択し、[デバイス (Devices)] セクションの歯車をクリックします。ドロップダウンメニューからソフトウェアチャネルを選択します。チャネルを選択しないと、デフォルトは [安定 (Stable)] になります。

クラウド管理のソフトウェアのアップグレードを有効にした後、CE9.14 を実行しているデバイスをリブートして、変更を適用する必要があります。CE9.15 以降を実行しているデバイスの場合、デバイスがスタンバイまたはリブートする際に変更が適用されます。