エラー20001:ミーティングから切断されました。 自動的に再接続します

エラー 20001 のトラブルシューティングに使用

エラー20001:ミーティングから切断されました。 自動的に再接続します。

ミーティングサービスは一時的に利用できません。 後でもう一度試してください。 エラー 20001。

Webcam ビデオを表示しようとしたら、エラー 20001 が発生しました。

VoIP を有効にしている状態で Webex セッションに参加できません。

原因:
このエラーは、Webex のトラフィックがコンピュータやネットワークでブロックされると発生します。

解決策

一般的に、このエラーは以下の理由で発生します:

  • 音声およびビデオ ストリーミングのために、ローカル ファイアウォール、セキュリティ設定、プロキシ サーバーが、Webex の使用しているポートをブロックしています

エラーを解決するには、次の箇条書きを参照してください:

  • ポート 9000 & 9001 のトラフィックをブロックしている可能性があるすべてのセキュリティ ソフトウェアを一時的に無効にします (例: Norton Internet Security、McAfee Firewall、Windows Firewall)。
  • Webex のトラフィックを許可するようにネットワークを構成します。
  • [TLS 1.2 を使用] オプションが Internet Explorer で有効なことを確認します。
  • 問題が続く場合、ネットワークの DMZ (ファイアウォール外のインターネット接続) か、別のインターネット接続からテストします。 DMZ から接続できる場合、ローカル ファイアウォールやプロキシ サーバーが接続をブロックしており、例外を設定し上の記事で説明されているように、Webex を許可するよう例外を設定する必要があります。

この記事の推奨を実行した後も問題が発生する場合、テクニカル サポートに問い合わせてください。  ヘルプについては、次を参照してください: WBX162 - Webex カスタマサービスまたはテクニカルサポートに連絡するには?


     

    この投稿記事は役に立ちましたか?

    関連の投稿記事
    関連の投稿記事 上矢印 開かれています