この記事では、Webex コンタクト センターの一括操作機能を使用する際に、カンマ区切り値 (CSV) ファイルを定義する方法に関する情報を提供します。

次の点に注意してください。 

  • CSV ファイルの最初の行はヘッダーです。

  • CSV ファイルでは、フィールド値はカンマで区切ります。

  • CSV ファイルには最大 5000 行を含めることができます。 Webex Contact Center は 5000 行を超える CSV ファイルを拒否します。

  • CSV ファイルのサイズ制限は 10 MB です。

  • 明記されていない限り、すべての値は必須です。

一括操作機能を使用すると、次のエンティティのフィールドを作成、変更、または削除できます。

  1. エントリ ポイント

  2. キュー(Queue)

  3. アウトダイヤル エントリポイント

  4. 外線 キュー

  5. サイト

  6. チーム(Team)

  7. ユーザー

  8. ユーザ プロファイル (User Profile)

  9. 作業タイプ

  10. 補助コード(Auxiliary Codes)

  11. デスクトッププロファイル

  12. アドレス帳

  13. 外線 ANI

  14. スキルの定義

  15. スキルプロファイル

  16. エントリポイントのマッピング

  17. 音声ファイル

  18. グローバル変数

  19. マルチメディアプロファイル

  20. デスクトップレイアウト

  21. ダイヤルプラン

  22. 通話録音のスケジュール

  23. しきい値ルール

  24. オーバーライド

  25. 休日リスト

  26. 勤務時間

エントリ ポイント

CSV 列名

説明

有効な値

名前

エントリポイントの名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) エントリポイントの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

サービス レベルしきい値(Service Level Threshold)

システムがサービスレベル範囲外としてフラグを立てる前に、顧客の要求をキューに入れておくことができる最大期間を秒単位で指定します。 エージェントがこの時間内に顧客サービス要求を完了した場合、システムはそれがサービスレベル内であると見なします。

整数値

タイムゾーンルーティング戦略がこのエントリポイントに使用するタイムゾーンを提供します。

この記事で指定されているタイムゾーン Webex Contact Center のタイムゾーンのリスト

チャネルタイプ

エントリポイントのチャネルタイプを指定します。


 

チャネルタイプ ソーシャル チャネル は、Webex Connect サービスを使用する組織にのみ適用できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • チャット

  • EMAIL

  • ソーシャル チャネル

  • 電話

ソーシャル チャネル タイプ

エントリポイントのソーシャルチャネルタイプを指定します。


 

この列は、[チャネル タイプ] を ソーシャル チャネル

次のいずれかの値を指定します:

  • Facebook メッセンジャー

  • SMS

  • WHATSAPP

アセット名

アセットの名前を指定します。


 

このパラメータは、チャネル タイプが CHAT または EMAIL のいずれかであり、Webex Contact Center が imiconnect と統合されている場合にのみ適用できます。

英数字文字列

キュー(Queue)

CSV 列名説明

有効な値

名前

キューの名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) キューの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

チャネルタイプ

キューのチャネルタイプを指定します。

次のいずれかの値を指定します:

  • 電話

  • EMAIL

  • チャット

キューでの最大許容時間キュー内のエージェントを待機するまでの最大時間を秒単位で指定します。 この時間が経過すると、Webex コンタクトセンターはキューからそのコンタクトを削除します。

整数値

サービス レベルしきい値(Service Level Threshold)

顧客の要求がキューに入れられ、システムがサービスレベル範囲外としてフラグを立てるまでの時間を秒単位で指定します。 エージェントがこの時間内に顧客サービス要求を完了した場合、システムはそれがサービスレベル内であると見なします。

整数値

タイムゾーン

このサポートキューのタイムゾーンを入力してください。

この記事で指定されているタイムゾーン Webex Contact Center のタイムゾーンのリスト

モニタリングを許可キューの通話監視機能を有効または無効にします。

 

この設定は、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: キューの通話監視を有効にします。

  • オフ: キューの通話監視を無効にします。

レコーディングの許可

キューの通話録音を有効または無効にします。


 

テナント レベルで通話録音を有効にする場合、この設定の更新は適用されません。 この設定は、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: キューの通話録音を有効にします。

  • オフ: キューの通話録音を無効にします。

すべてのコールの録音

この機能を有効にすると、キューに接続されたすべての通話を録音できます。


 

次を有効にする場合、 すべての通話の録音 テナント レベルでの設定の場合、この設定の更新は適用されません。 この設定は、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: キューのすべての通話を録音します。

  • オフ: キューに通話を録音しません。

一時停止/再開する

エージェントがキューの通話録音を一時停止または再開することを許可します。 たとえば、エージェントは、クレジットカードの詳細など、顧客からの機密情報について話し合っている間に、通話の録音を一時停止できます。


 

Control Hub でプライバシー シールド機能を有効にできます。 プライバシー シールド機能の詳細については、 Webex コンタクトセンターのセキュリティ設定 にアクセスしてください。

この設定は、テレフォニーチャネルタイプでのみ利用できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: エージェントがキューの通話録音を一時停止および再開できるようにします。

  • オフ: エージェントがキューの通話録音を一時停止および再開することはできません。

レコーディング一時停止期間

この設定では、一時停止した録画が自動的に再開されるまでの時間を秒単位で指定します。

この設定は、Control Hub でプライバシー シールド機能を有効にしている場合にのみ適用できます。


 

この設定は、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

整数値

デフォルトのキュー内の音楽

通話が到着したとき、またはキューで待機しているときに再生するオーディオ(.wav)ファイルの名前を指定します。 このファイルはデフォルトの音声ファイルです。


 

音声ファイルを Webex コンタクトセンターにアップロードしていることを確認してください。

英数字文字列

ルーティングタイプ

ルーティングタイプを指定します。


 

この設定は、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

キューの作成時に、システムによりルーティングタイプが設定されます。 ルーティング タイプを後から更新することはできません。

次のいずれかの値を指定します:

  • LONGEST_AVAILABLE_AGENT: Webex コンタクト センターは、キューに割り当てられているすべてのチームにわたって、最も長い時間対応可能なエージェントに通話をルーティングします。

  • SKILLS_BASED: Webex Contact Center は、キューに関連付けられたフローで設定したスキル要件に基づいて、エージェントに通話をルーティングします。

    SKILLS_BASED ルーティングタイプは、チャネルタイプが [テレフォニー] のキューをプロビジョニングした場合にのみ利用できます。

    ルーティング タイプとして SKILLS_BASED を指定する場合、必要なスキル セットを持つ複数のエージェントが利用可能な場合、通話をルーティングするために、さらに 2 つのオプションも指定する必要があります。

  • LONGEST_AVAILABLE_AGENT: Webex コンタクト センターは、キューに割り当てられているすべてのチームにわたって、最も長い時間対応可能なエージェントに通話をルーティングします。

  • Best_AVAILABLE_AGENT: Webex コンタクト センターは、コンタクトの全スキル間で最も熟練したエージェントに通話をルーティングします。 この設定は、スキル要件リストの 1 つ以上のスキルが習熟タイプである場合に適用できます。

スキルベースのエージェント選択

スキル要件に基づいてエージェントに通話をルーティングするための値を指定します。

この設定は、 ルーティング タイプSkills_Based

次のいずれかの値を指定します:

  • LONGEST_AVAILABLE_AGENT: Webex コンタクト センターは、キューに割り当てられているすべてのチームにわたって、最も長い時間対応可能なエージェントに通話をルーティングします。

  • Best_AVAILABLE_AGENT: Webex コンタクト センターは、コンタクトの全スキルの中で最高の熟練度を持つエージェントに通話をルーティングします。

配布グループ

配布グループ名を指定します。配布グループは 1 つ以上のチームを 1 つのキューに関連付けます。 複数のグループを追加して、キュー内の時間の経過とともに、通話をより多くのチームに分配します。

英数字文字列

配布グループの数(Seq)

キューに対して定義された他のすべての配信グループに対する、通話配信グループの優先順位を指定します。 たとえば、キューに 3 つの配信グループがある場合、1–3 の範囲の値を指定します。

整数値

グループフォールバック

次の配信グループのエージェントへの接続を試みる前に、コンタクトがこの配信グループのエージェントをキューで待機する時間を秒単位で指定します。

整数値

グループチーム

配布グループの一部であるチームを提供します。

異なるサイトに同じ名前を持つ複数のチームがある場合、 チーム名: サイト名 形式を選択してチーム名を定義します。

詳細については、次を参照してください。 キューの例

キューの例

キューを定義する行とキューの通話分配を定義する行には、親子の関係があります。 CSV ファイルでは、キューは親の行に存在し、コール分配は後続の子の行に存在します。 子行には次の列が必要です。

  • 名前

  • 配布グループの数(Seq)

  • グループフォールバック

  • グループチーム

このセクションでは、通話配布グループを含む CSV ファイルの定義の概略を示します。 最初の行には [通話の分配の詳細] 以外のすべてのキュー列に関する情報が含まれ、2 行目と 3 行目にはキュー名と [通話の分配の詳細] が含まれます。

名前

...

配布グループ

配布グループの数(Seq)

グループフォールバック

グループチーム

TestQ

キュー定義の列

配信グループ以外のキューのプロパティを定義する列です。

TestQ

キュー定義の列

通話配信グループを定義するときに、これらの値を繰り返さないでください。

グループ1

1

Team1|Team2

TestQ

キュー定義の列

通話配信グループを定義する場合は、これらの値を指定しないでください。

グループ2

2

60

Team3|Team4


 

キューを更新するか、キューの通話分配グループを編集する場合、キュー定義全体に、すべての通話分配グループを親子形式で提供します。 CSV ファイル中のキューの定義が既存のキューの定義を上書きします。

アウトダイヤル エントリポイント

CSV カラム名

説明

有効な値

名前

アウトダイヤルエントリポイントの名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) アウトダイヤルエントリポイントの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

サービス レベルしきい値(Service Level Threshold)

システムがサービスレベル違反のフラグを立てる前に顧客のリクエストがキューで待機できる最大時間を秒単位で指定します。 エージェントがこの時間内に顧客サービス要求を完了した場合、システムはそれがサービスレベル内であると見なします。

整数値

タイムゾーン

組織で設定されているタイムゾーンを指定します。

Webex コンタクトセンターのタイムゾーン一覧」で指定されているタイムゾーンです

チャネルタイプ

チャネル タイプを指定します。

アウトダイヤルエントリポイントは、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

電話

アウトダイヤルキュー

CSV カラム名説明

有効な値

名前

アウトダイヤル キューの名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) アウトダイヤル キューの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

キューでの最大許容時間

コンタクトがアウトダイヤル キューのエージェントを待機できる最大時間を秒単位で指定します。 この時間が経過すると、Webex コンタクトセンターはキューからコンタクトを削除します。

整数値

サービス レベルしきい値(Service Level Threshold)

顧客要求が外線キューに入れられ、システムがサービスレベル違反のフラグを立てるまでの時間を秒単位で指定します。 エージェントがこの時間内に顧客サービス要求を完了した場合、システムはそれがサービスレベル内であると見なします。

整数値

タイムゾーン

組織で設定されているタイムゾーンを指定します。

記事「Webex コンタクトセンターのタイムゾーン一覧」で指定されているタイムゾーンです

モニタリングを許可アウトダイヤル キューの通話監視機能を有効または無効にします。

 

この設定は、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: アウトダイヤル キューの通話監視を有効にします。

  • オフ: アウトダイヤル キューの通話監視を無効にします。

レコーディングの許可

アウトダイヤル キューの通話録音を有効または無効にします。


 

テナント レベルで通話録音を有効にする場合、この設定の更新は適用されません。 この設定は、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: アウトダイヤル キューの通話録音を有効にします。

  • オフ: アウトダイヤル キューの通話録音を無効にします。

すべてのコールの録音

この機能を有効にすると、アウトダイヤル キューに接続されたすべての通話が録音されます。


 

テナント レベルで [ すべての通話の録音 ] 設定を有効にしている場合、この設定の更新は適用されません。 この設定は、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: アウトダイヤル キューのすべての通話録音を有効にします。

  • オフ: アウトダイヤル キューのすべての通話録音を無効にします。

一時停止または再開が有効

エージェントがアウトダイヤル キューの通話録音を一時停止または再開することを許可する。 たとえば、エージェントは、クレジットカードの詳細など、顧客からの機密情報について話し合っている間に、通話の録音を一時停止できます。


 

Control Hub でプライバシー シールド機能を有効にできます。 プライバシー シールド機能の詳細については、 Webex コンタクトセンターのセキュリティ設定 の記事を参照してください。

この設定は、テレフォニーチャネルタイプでのみ利用できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: エージェントがアウトダイヤル キューの通話録音を一時停止および再開できるようにします。

  • オフ: エージェントがアウトダイヤル キューの通話録音を一時停止および再開することはできません。

レコーディング一時停止期間

この設定では、一時停止した録画が自動的に再開されるまでの時間を秒単位で指定します。

この設定は、Control Hub でプライバシー シールド機能を有効にしている場合にのみ適用できます。


 

この設定は、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

整数値

デフォルトのキュー内の音楽

着信または外線キューでの待機時に再生する音声 (.wav) ファイルの名前を指定します。 このファイルはデフォルトの音声ファイルです。


 

音声ファイルを Webex コンタクト センターにアップロードしていることを確認してください。

英数字文字列

アウトバウンドキャンペーンが有効

アウトダイヤル キューのキャンペーンまたはウェブ コールバック機能を有効にします。 アウトダイヤル キューのキャンペーン機能を無効にする場合、残りの設定は適用されません。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: アウトダイヤル キューのキャンペーンまたはウェブ コールバック機能を有効にします。

  • オフ: アウトダイヤル キューのキャンペーンまたはウェブ コールバック機能を無効にします。

ルーティングタイプ

ルーティングタイプを指定します。


 

この設定は、テレフォニーチャネルタイプにのみ適用できます。

アウトダイヤル キューを作成すると、システムは [ルーティング タイプ] を設定します。 ルーティング タイプを後から更新することはできません。

LONGEST_AVAILABLE_AGENT: CSV コンタクト センターは、外線キューに割り当てられたすべてのチームにわたって、最も長い時間応答可能なエージェントに通話をルーティングします。

スキルベースのエージェント選択

該当なし

該当なし

配布グループ

配布グループ名を指定します。配布グループは、1 つまたは複数のチームをアウトダイヤル キューに関連付けます。 複数のグループを追加して、外線キューでの時間の経過と共に、より多くのチームに通話を分配します。

英数字文字列

配布グループの数(Seq)

外線キューに定義された他のすべての配信グループに対する、着信配信グループの優先順位を指定します。 たとえば、アウトダイヤル キューに 3 つの配信グループがある場合、1 3 の範囲の値を指定します。

整数値

グループフォールバック

次の配信グループのエージェントへの接続を試みる前に、コンタクトがこの配信グループのエージェントを待つアウトダイヤルキューの時間を指定します。

整数値

グループチーム配布グループの一部であるチームを提供します。

異なるサイトに同じ名前を持つ複数のチームがある場合、 チーム名: サイト名 形式を選択してチーム名を定義します。

アウトダイヤル キューを定義する行、およびアウトダイヤル キューのコール分配を定義する行には、親子関係があります。 CSV ファイルでは、キューは親の列として表示され、通話の分配は後続の子の列で表示されます。 子行には次の列が必要です。

  • 名前

  • 配布グループの数(Seq)

  • グループフォールバック

  • グループチーム

アウトダイヤル キューの例については、次を参照してください。 キューの例

サイト

CSV カラム名説明

有効な値

名前

サイトの名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

マルチメディア プロファイル

サイトのマルチメディアプロファイルを提供します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

チーム(Team)

Webex コンタクト センターでは 2 種類のチームを作成できます。

  • エージェントベースのチーム: エージェントベースのチームを使用して、デスクトップ上で顧客のリクエストをエージェントに接続します。

  • 容量ベースのチーム 容量ベースのチームを使用して、顧客のリクエストを Webex コンタクト センター外のエージェントまたはボイス メール ソリューションに接続します。

#dntr_bifej ダイエスカラム名説明

有効な値

エージェント ベースのチームに適用されます

容量ベースのチームに適用されます

名前

チームの名前を指定します。

英数字文字列

適用可能

適用可能

サイト

チームのサイト名を指定します。 後からサイトを編集することはできません。

英数字文字列

適用可能

適用可能

タイプ(Type)

チームタイプを指定します。

エージェント ベースのチームは、Contact Center デスクトップから顧客とのやり取りを行います。

キャパシティ ベースのチームは、連絡先を外部のボイス メールボックス、PBX 番号、またはコンタクト センターにルーティングします。 これはテレフォニーチャネルにのみ適用できます。


 

チームタイプを後から変更することはできません。

次のいずれかの値を指定します:

  • エージェント: エージェント ベースのチームを作成します。

  • キャパシティ: キャパシティ ベースのチームを作成します。

適用可能

適用可能

マルチメディア プロファイル

(オプション) このチームのマルチメディア プロファイルを入力します。

このプロファイルは、このチームのサイトに割り当てたマルチメディアプロファイルを上書きします。

英数字文字列

適用可能

適用なし

この列は空欄にします。

スキルプロファイル

(オプション) このチームでスキルベースのルーティングを使用している場合は、スキル プロファイルを入力します。

英数字文字列

適用可能

適用なし

この列は空欄にします。

ダイヤル番号(DN)

システムがこのチームの通話を配信する際のダイヤル番号を指定します。

整数値

適用なし

この列は空欄にします。

適用可能

容量

この列は現在使用されていません。 Cisco はチームの最大キャパシティを管理するために、後の時点でこの列を有効にします。

整数値

適用なし

この列は空欄にします。

ダミー値を指定します。

デスクトップレイアウト

(オプション) エージェントベースのチームにデスクトップレイアウトを提供します。

英数字文字列

適用可能

適用なし

この列は空欄にします。

ユーザ

一括操作を使用して、コンタクトセンターのエンタイトルメントが割り当てられたユーザのコンタクトセンター固有の属性を更新します。 ユーザを Control Hub に追加し、コンタクト センターのライセンスを割り当てる方法については、次の記事を参照してください。 Webex コンタクト センターにユーザを追加する方法

CSV カラム名説明

有効な値

E メール

ユーザのメールアドレスを入力します。

英数字文字列

ユーザープロファイル

ユーザのユーザプロファイルを提供します。

デフォルトでは、システムはユーザの作成時にデフォルトのユーザプロファイルをマッピングします。 この列のユーザにカスタム ユーザ プロファイルを指定することができます。

英数字文字列

[Contact Center 対応(Contact Center Enabled)]

管理者がユーザに対して Contact Center 機能を有効にするのを支援します。

英数字文字列

  • オン: ユーザは Agent Desktop にログインできます。

  • オフ: ユーザは Agent Desktop にログインできません。

サイト

ユーザにサイトを提供します。

(オプション) この列は、デスクトップにアクセスするユーザにのみ適用されます。 デスクトップにアクセスしないユーザに価値を提供しないでください。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

チーム(Teams)

ユーザにサイトを指定する場合は、チーム名を指定します。

この列は、デスクトップにアクセスするユーザにのみ適用されます。 デスクトップにアクセスしないユーザに価値を提供しないでください。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

複数の値を指定するには、パイプ区切りの値を指定します。

スキルプロファイル

(オプション) スキルベースのルーティングを使用する場合、ユーザのスキル プロファイルを提供します。

英数字文字列

デスクトッププロファイル

サイトとチームを指定する場合、ユーザのデスクトッププロファイルを提供します。

英数字文字列

マルチメディア プロファイル

(オプション) 有効なマルチメディアプロファイル名です。これにより、許可されたユーザはユーザ用のマルチメディア プロファイルを選択できます。これには、音声、チャット、メールなど、すべてのタイプのメディアが含まれます。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

外部 ID

社員番号など、エージェントの識別情報を入力します。

英数字文字列

デフォルト DN

(オプション) ユーザがデスクトップにログインする際に DN を使用するように、ユーザにダイヤル番号を指定することができます。

整数値

ユーザープロファイル

CSV カラム名説明

有効な値

名前

ユーザプロファイルの名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) ユーザプロファイルの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

[プロファイルタイプ(Profile Type)]

タイプを入力して、このプロファイルの権限レベルを決定します。

Webex コンタクト センターはユーザ プロファイルの権限をモジュールに分類します。 一部のモジュールには、機能と呼ばれるより多くの権限が含まれています。

プロファイル タイプを後から編集することはできません。

次のいずれかの値を指定します:

  • 標準エージェント: Agent Desktop モジュールへのアクセス権を提供してください。

  • PREM_AGENT: Agent Desktop およびマルチメディア モジュールへのアクセスを提供してください。

  • 管理者: プロビジョニング モジュールの テナントの管理 機能を除くすべてのモジュールへのアクセス権を付与します。

  • 管理者: すべてのモジュールへのアクセス権限を付与します。

  • 管理者のみ: プロビジョニング、ルーティング戦略、および通話録音モジュールへのアクセスを提供する。

モジュールオプション

Webex コンタクトセンターの各モジュールに権限を付与する。 ユーザ プロファイルを使用して、Webex コンタクト センターへのアクセスを制御します。


 

プロファイルタイプが STANDARD_AGENT の場合、適用できるのはデスクトップモジュールだけです。 アクセス権を設定することができます。

プロファイルタイプが PREMUM_AGENT の場合、モジュールデスクトップとマルチメディアだけが適用されます。 アクセス権を設定することができます。

次のいずれかの値を指定します:

  • ALL: プロファイルタイプ管理者のすべての機能に対する完全な管理アクセス権を付与します。 CSV ファイルで、他のモジュールや機能に権限を与えないでください。

  • SPECIFIC: モジュールと機能レベルの権限を定義します。

エージェント デスクトップ

Agent Desktop へのユーザ アクセスを有効にする。


 

プロファイルタイプが STANDARD_AGENTの場合、Agent Desktop とアクセス権限のみに関連するパラメータが適用されます。 他のオプションの更新は適用されません。

プロファイルタイプが PREMUM_AGENT の場合、Agent Desktop、マルチメディア、およびアクセス権限に関連するパラメータのみが適用されます。 他のオプションの更新は適用されません。

次のいずれかの値を指定します:

  • 編集: Agent Desktop へのアクセス権を提供してください。

    なし: Agent Desktop へのアクセスを拒否します。

レポートと分析

Webex コンタクトセンターのレポートと分析モジュールへのアクセスを提供します。 レポートおよび分析モジュールを使用すると、コンタクトセンターシステム内のデータをセグメント化、プロファイル化、および視覚化することができます。

次のいずれかの値を指定します:

  • なし: この設定を持つユーザは、レポートおよび分析モジュールへのアクセス権を持ちません。

  • 表示: この設定を持つユーザは、レポートおよび分析モジュールの表示のみが可能です。

  • 編集:この設定を持つユーザは、レポートと分析モジュールにアクセスできます。

ビジネスルール

ビジネスルールを使えば、顧客データを Webex コンタクトセンター環境に組み込んで、カスタムルーティングやその他の汎用的な実装を行うことができます。 レポートおよび分析モジュールの表示または編集の権限を有効にすると、ユーザにビジネス ルールへのアクセスを提供できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ビジネスルールへのユーザアクセスを有効にします。

  • オフ: ビジネス ルールへのユーザ アクセスを無効にします。

コールモニタリング

マルチソースのコンタクトセンター全体で、顧客が利用できるサービスの質を監視できます。 ユーザの通話監視を有効にしている場合、選択したキュー、チーム、サイト、またはエージェントを監視できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • なし: この設定を持つユーザには、通話監視モジュールへのアクセス権がありません。

  • 表示: この設定を持つユーザは、通話監視スケジュールを表示することしかできませんが、通話監視スケジュールを編集することはできません。

  • 編集: この設定を持つユーザは、通話監視スケジュールにアクセスできます。

介入

監視している通話への参加、およびエージェントと顧客間の会話への参加を許可します。

通話監視モジュールの表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザに割り込みへのアクセスを提供できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: エージェントと顧客間の会話へのユーザアクセスを有効にします。

  • オフ: エージェントと顧客間の会話へのユーザのアクセスを無効にします。

通話中モニタ

値を提供して、ユーザが進行中の通話を監視できるかどうかを指定します。

通話監視モジュールの表示または編集権限を有効にした場合、ユーザに通話中モニタへのアクセスを提供できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: 進行中の通話を監視するためのユーザアクセスを有効にします。

  • オフ: 進行中の通話を監視するためのユーザアクセスを無効にします。

ウィスパー コーチ

通話を監視しているユーザが、顧客に会話を聞くことなく、通話を処理しているエージェントと話すことを許可します。

通話の監視モジュールに対して表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザに Whisper Coach へのアクセス権を提供できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザが通話を監視するためのアクセスを有効にします。

  • オフ: 通話を監視するためのユーザアクセスを無効にします。

制限されたモニタのみ

ユーザが作成したものではないが、監視スケジュールをユーザが表示および編集することを防ぐための値を提供します。

通話監視モジュールの表示または編集権限を有効にすると、ユーザに制限されたモニタへのアクセスを提供できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザが作成していない監視スケジュールの表示と編集を、ユーザによる無効にします。

  • オフ: ユーザは、ユーザが作成したものではない監視スケジュールを表示および編集できます。

ブラインドモニタ要求の表示

値を提供して、ユーザが他のユーザのブラインド監視要求を表示できるようにします。

通話監視モジュールに対して表示または編集の権限を有効にすると、ユーザにブラインドモニタ要求を表示するためのアクセス権限を付与できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザが他のユーザのブラインドモニタリング要求を参照できるようにします。

  • オフ: ユーザが他のユーザのブラインドモニタリング要求を表示できないようにします。

通話録音

Webex コンタクトセンターへのアクティブな通話を録音することができます。 キュー、チーム、サイト、またはエージェントから通話を選択し、通話録音の長さを指定できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • なし: この設定を持つユーザには、通話録音モジュールへのアクセス権がありません。

  • 表示: この設定を持つユーザは録画スケジュールを表示することのみできますが、録画スケジュールを編集することはできません。

  • 編集: この設定を持つユーザは、通話録音モジュールにアクセスできます。

ログアウトエージェント

管理者またはスーパーバイザーに、リアルタイムダッシュボードのエージェント状態データへのアクセスを提供します。


 

チームまたはサイトのエージェントステータスの詳細を表示するには、管理者またはスーパーバイザがチームまたはサイトへのアクセス権を持っている必要があります。

次のいずれかの値を指定します:

  • なし: この設定を持つユーザは [エージェント状態データ - リアルタイム] ダッシュボードを表示できません。

  • 表示: この設定を持つユーザは [エージェント状態データ - リアルタイム] ダッシュボードを表示できますが、エージェントをログアウトできません。

  • 編集:この設定を持つユーザは、エージェント状態データを表示できます - リアルタイム ダッシュボードと 利用可能アイドル、または 応答なし すべてのメディア チャネルで状態を確認します。

マルチメディア

許可されたユーザが、ユーザのマルチメディア プロファイルを選択できるようにします。 ユーザの詳細の編集時にこのオプションを有効にしていない場合、 マルチメディア プロファイルの列には、既定のテレフォニープロファイルのみが表示されます。

次のいずれかの値を指定します:

  • なし: この設定のユーザは、Agent Desktop でデジタル チャネルの連絡先を受信できません。

  • 編集: この設定を持つユーザは、Agent Desktop でデジタル チャネルの連絡先を受信できます。

ワークフォース最適化

Workforce Optimization アプリケーションへのアクセスを管理者に許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • なし: Management Portal の Workforce Optimization 管理オプションへのユーザのアクセスを無効にします。

  • 編集: Management Portal の Workforce Optimization 管理オプションへのユーザ アクセスを有効にします。

Campaign Mgr

テナントに対して、サードパーティ ソフトウェアの List および キャンペーン マネージャー (LCM) モジュールを有効にします。 LCM は連絡先のアップロード、選択、再スケジュールを管理します。 キャンペーンマネージャレポートも提供します。

この機能を利用できるかどうかはライセンスによって異なります。 詳細は組織の管理者に問い合わせてください。

次のいずれかの値を指定します:

  • なし: この設定を持つユーザは、LCM モジュールにアクセスできません。

  • 編集:この設定を持つユーザは、LCM モジュールにアクセスできます。

プロビジョニング

ユーザにプロビジョニング モジュールへのアクセスを許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • なし: この設定を持つユーザは、プロビジョニング モジュールへのアクセス権を持ちません。

  • 表示: この設定を持つユーザは構成オブジェクトの表示のみが可能で、構成オブジェクトを編集することはできません。

  • 編集:このオプションを持つユーザは、エンタープライズのプロビジョニング アクティビティを実行できます。

EP キューの管理プロビジョニング モジュールに対して [表示] または [編集] 権限を有効にしている場合、ユーザに [EP キューの管理] へのアクセスを許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: EP キューを管理するためのユーザアクセスを有効にします。

  • オフ: EP キューを管理するためのユーザアクセスを無効にします。

サイトの管理プロビジョニング モジュールの表示または編集の権限を有効にしている場合、ユーザにサイトの管理へのアクセスを許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: サイトを管理するためのユーザアクセスを有効にします。

  • オフ: サイトを管理するためのユーザーアクセスを無効にします。

チームの管理プロビジョニング モジュールの表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザーに [チームを管理] へのアクセスを許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: チームを管理するためのユーザーアクセスを有効にします。

  • オフ: チームを管理するためのユーザー アクセスを無効にします。

ユーザー プロファイルの管理

プロビジョニング モジュールの表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザー プロファイルの管理へのアクセスをユーザーに許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザーアクセスがユーザープロファイルを管理できるようにします。

  • オフ: ユーザー プロファイルを管理するためのユーザー アクセスを無効にします。

ユーザの管理

プロビジョニング モジュールの表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザーは [ユーザーの管理] にアクセスできます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザーアクセスを有効にしてユーザーを管理します。

  • オフ: ユーザー管理のためのユーザーアクセスを無効にします。

EP マッピング

プロビジョニング モジュールで表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザー アクセスが DN を EP にマッピングできます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: DN を EP にマッピングするためのユーザーアクセスを有効にします。

  • オフ: DN を EP にマッピングするためのユーザーアクセスを無効にします。

ダイヤルプランを管理する

プロビジョニング モジュールに対して表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザーはダイヤル プランにアクセスできます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ダイヤル プランへのユーザー アクセスを有効にします。

  • オフ: ダイヤル プランへのユーザー アクセスを無効にします。

監査証跡

ユーザーが監査証跡インターフェイスにアクセスすることを許可します。 このインターフェイスにより、ユーザーはエンタープライズのプロビジョニング変更の詳細を表示できます。

プロビジョニングモジュールに対して表示または編集権限を有効にしている場合、ユーザーに監査証跡へのアクセスを許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: 監査証跡インターフェイスへのユーザーアクセスを有効にします。

  • オフ: 監査証跡インターフェイスへのユーザーアクセスを無効にします。

ブランディング

Management Portal ランディング ページのカスタム テーマ設定へのユーザー アクセスを許可します。 Management Portal ページのバナーの色と画像はカスタマイズできます。

プロビジョニング モジュールの表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザーはブランディングにアクセスできます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: Management Portal ランディング ページのカスタム テーマ設定にユーザーがアクセスできるようにします。

  • オフ: Management Portal ランディング ページのカスタム テーマ設定へのユーザー アクセスを無効にします。

テナントの管理

ユーザーがプロビジョニング モジュールで一部のテナント設定を編集することを許可します。

プロビジョニング モジュールの表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザーは [テナントを管理] にアクセスできます。

これは、[管理者] および [管理者] のプロファイル タイプにのみ適用できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザーがプロビジョニング モジュールで一部のテナント設定を編集できるようにします。

  • オフ: ユーザーがプロビジョニング モジュールで一部のテナント設定を編集できないようにします。

API キーの取り消し

API キーとユーザー プロファイルのマッピングを削除します。

プロビジョニング モジュールに対して [表示] または [編集] 権限を有効にした場合、ユーザーは [API キーの取り消し] にアクセスできます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザーが API キーを失効させることを有効にします。

  • オフ: ユーザーが API キーを失効させることを無効にします。

レコード管理

ユーザーが、録音管理モジュールの通話録音機能を通じて録音された音声ファイルを検索して再生できるようにします。

次のいずれかの値を指定します:

  • なし: この設定を持つユーザーは通話録音を検索できません。

  • 表示: この設定を持つユーザーは、通話録音を検索し、カスタム属性とタグを表示できますが、カスタム属性とタグを編集できません。

  • 編集: この設定を持つユーザーは、通話録音の検索、表示、およびカスタム属性とタグの編集を行うことができます。

録音の管理

録画の削除と復元ができます。

録画管理モジュールで表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザーは録画を管理できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザーによる録画の削除および復元を有効にします。

  • オフ: ユーザーによる録画の削除および復元を無効にします。

タグ

音声ファイルに割り当てることができるタグを表示、作成、および編集することができます。 これらの音声ファイルを、録画の管理モジュールで検索条件として使用することができます。

録画管理モジュールで表示または編集の権限が有効になっている場合、ユーザーはタグにアクセスできます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: 音声ファイルに割り当てられたタグをユーザーが表示、作成、編集できるようにします。検索条件として使用できます。

  • オフ: 検索条件として音声ファイルに割り当てたタグをユーザーが表示、作成、編集することを無効にします。

カスタム属性

カスタム属性を作成および変更できます。 これらのカスタム属性の値を録画と共に保存し、録画の管理モジュールで検索できます。

録画管理モジュールに対して [表示] または [編集] 権限を有効にした場合、ユーザーは [カスタム属性] にアクセスできます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザーによるカスタム属性の作成および変更を有効にします。

  • オフ: ユーザーによるカスタム属性の作成および変更を無効にします。

セキュリティ キー

録画管理モジュールでセキュリティキーペア生成のスケジュールを表示および変更できます。

録画管理モジュールで表示または編集の権限を有効にしている場合、ユーザーにセキュリティ キーへのアクセスを許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザーは録画管理モジュールでセキュリティキーペアを生成するためのスケジュールを表示および変更できます。

  • オフ: ユーザーが録画管理モジュールでセキュリティキーペア生成のスケジュールを表示および変更することを無効にします。

ルーティング戦略

ユーザーがウェブベースのユーザー インターフェイスにアクセスして、通話処理戦略を管理および構成できるようにします。

次のいずれかの値を指定します:

  • なし: この設定を持つユーザーは、通話処理戦略を管理および構成するためのユーザー インターフェイスにアクセスできません。

  • 編集:この設定を持つユーザーは、ユーザー インターフェイスにアクセスして、通話処理戦略を管理および構成できます。

フロースクリプトの管理

フロー制御モジュールへのアクセスを有効または無効にすることができます。

ルーティング戦略モジュールに対して表示または編集権限を有効にしている場合、ユーザーアクセスがフロースクリプトを管理することを許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: フロー制御モジュールへのユーザーアクセスを有効にします。

  • オフ: フロー制御モジュールへのユーザーアクセスを無効にします。

メディア ファイルの管理

ルーティング戦略で使用する保留音声ファイルなどのメディアリソースをアップロードおよび更新できます。 システムは、テナント システムの構成に応じて、他の形式と共に、.wav、.uraw、.au、.php、および .xml 拡張子を持つリソース ファイルをサポートします。

ルーティング戦略モジュールに対して表示または編集の権限を有効にした場合、ユーザー アクセスがメディア ファイルを管理できるようになります。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ユーザーがルーティング戦略でユーザーのメディアリソースをアップロードおよび更新できるようにします。

  • オフ: ルーティング戦略で、ユーザーがユーザーのメディアリソースをアップロードおよび更新できないようにします。

エントリポイントへのアクセス

ユーザーがアクセスできるエントリ ポイントを提供します。

次のいずれかの値を指定します:

  • ALL: すべてのエントリポイントへのユーザーアクセスを提供します。

  • | 記号で区切られた複数の値

キューへのアクセス

ユーザーがアクセスできるキューを提供します。

次のいずれかの値を指定します:

  • すべて: ユーザーにすべてのキューへのアクセス権を付与します。

  • | 記号で区切られた複数の値

サイトのアクセス

ユーザーがアクセスできるサイトを提供します。

次のいずれかの値を指定します:

  • すべて: すべてのサイトへのユーザーアクセスを提供します。

  • | 記号で区切られた複数の値

チームへのアクセス

ユーザーがアクセスできるチームを提供します。

次のいずれかの値を指定します:

  • すべて: すべてのチームへのユーザーアクセスを提供します。

  • 同じ名前でサイトが異なる複数のチームがある場合は、 teamName:siteName の形式を使用してください。

作業タイプ

CSV 列名説明

有効な値

名前

ワークタイプの名前を入力します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) 作業タイプの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

タイプ(Type)

作業タイプに関連付けることができる補助コードのタイプを指定します。

次のいずれかの値を指定します:

  • IDLE_CODE:エージェントがエージェントデスクトップのアイドルコードを選択して対応できないかまたは顧客コンタクトの状況を示すことができるようにします。

  • WRAP_UP_CODE:エージェントが対応できないかまたは顧客コンタクトの状況を示すために、エージェントデスクトップでラップアップコードを選択できます。

補助コード(Auxiliary Codes)

CSV 列名説明

有効な値

名前

補助コードの名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) コードの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

デフォルト

テナントの既定として補助コードを設定します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: 補助コードをテナントのデフォルトのアイドル コードまたは後処理コードとして設定します。

  • オフ: 補助コードをデフォルトの状態にリセットします。

作業タイプ

このラップアップ コードに関連付ける作業種別を指定します。

英数字文字列

デスクトッププロファイル

CSV 列名説明

有効な値

名前

デスクトッププロファイルの名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) デスクトッププロファイルの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

親サイト

(省略可能)

デスクトッププロファイルの親サイトを定義します。 この列を空のままにすると、親タイプがテナントに設定されます。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

画面ポップアップ

外部ポップアップ画面を許可するかどうかを指定します。


 

この列は廃止されました。まもなく削除されます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: 外部ポップアップ画面を有効にします。

  • オフ: 外部ポップアップ画面を無効にします。

前回のエージェントへのルーティング

まとめ時にエージェントがこのオプションを選択すると、次に顧客が同じ問題について発信したときに、システムが通話をエージェントにルーティングします。


 

この列は廃止されました。まもなく削除されます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: ラップアップ中に [ 最後のエージェントルーティング ] オプションをエージェントデスクトップに表示します。

  • OFF: Don't display the Last Agent Routing option on the Agent Desktop during wrap-up.

まとめの種類

エージェントのプロファイルで自動ラップアップが指定されている場合、システムはデフォルトのラップアップコードを使用します。 このようなエージェントは後処理コードを提供しません。 代わりに、着信が完了すると自動的に [ Available ] 状態になり、着信が完了すると自動的に Idle 状態になります。アウトダイヤル コールです。

次のいずれかの値を指定します:

  • 手動: Webex コンタクト センターは、このデスクトップ プロファイルに関連付けられたエージェントの手動ラップアップを有効にします。

  • 自動: Webex コンタクト センターは、このデスクトップ プロファイルに関連付けられたエージェントの自動ラップアップを有効にします。

自動ラップアップ時間エージェントがコールへの対応後に後処理状態になる時間を秒単位で提供します。

整数値

外線通話後にエージェントが使用可能

アウトダイヤル コールが完了してラップアップした後で、エージェントを 対応可能 状態にする必要があるかどうかを指定します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: エージェントは、アウトダイヤルコールの終了とラップアップが完了すると、[ 対応可能 ] 状態になります。

  • オフ: エージェントは、アウトダイヤルコールを終了してラップアップすると、 アイドル 状態になります。

自動まとめ内線を許可する

エージェントが自動ラップアップをキャンセルして手動ラップアップに切り替えることができるかどうかを指定します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: エージェントは自動後処理時間をキャンセルして後処理時間を延長できます。

  • オフ: エージェントには [自動ラップアップのキャンセル] オプションが提供されません。

まとめのオプション

エージェントがアクセスできるまとめコードを管理します。

次のいずれかの値を指定します:

  • ALL: すべてのまとめコードが利用できます。

  • SPECIFIC: 特定のラップアップコードのみが利用できます。

まとめコード。

[ まとめてオプション ] 列で SPECIFIC を指定する場合、エージェントが選択するためのまとめコードも指定します。問題は解決しません。

(オプション) デスクトッププロファイルで 自動ラップアップ を有効にすると、システムはデフォルトのコードを使用します。 これらのエージェントはまとめコードを提供していません。

複数の値は | 記号で区切ります。

アイドル オプション

エージェントがアクセスできるアイドル コードを管理します。

複数の値は | 記号で区切ります。

アイドル コード

(オプション) アイドルオプション 列に SPECIFIC を入力する場合、次のアイドル状態コードを指定します。エージェントを Agent Desktop に追加しました。

複数の値は | 記号で区切ります。

転送オプション

エージェントが利用できる転送先を管理します。

複数の値は | 記号で区切ります。

ターゲットの転送

(オプション) このパラメータは、 転送オプション 列で SPECIFIC を指定した場合にのみ適用できます。 エージェントの転送先を Agent Desktop で指定します。

エントリポイント名またはキュー名のリスト。

相棒チームのオプション

Agent Desktop のエージェントが利用できるチームのオプションを提供します。

次のいずれかの値を指定します:

  • ALL: Agent Desktop 内のすべてのチームをコンサルト、電話会議、通話転送に利用できるようにします。

  • SPECIFIC: 相談、電話会議、転送通話で特定のチームを利用できるようにします。

  • NONE: 利用可能なチームを一覧表示しません。

仲間のチーム

[バディ チーム オプション] に SPECIFIC を指定する場合、エージェントが相談および転送の宛先として使用できるチームのリストを指定します。

次のいずれかの値を指定します:

  • チーム名のリスト

  • | 記号で区切られた複数の値

キューに問い合わせる

この設定により、エージェントは診察のターゲットとしてキューを選択できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: この機能はエージェントで利用できます。

  • オフ: エージェントはこの機能を利用できません。

アウトダイヤルの有効化(Outdial Enabled)この設定により、エージェントはアウトダイヤル コールを発信できます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: エージェントがアウトダイヤル コールを開始できるようにします。

  • オフ: エージェントがアウトダイヤル コールを開始することを無効にします。

外線l EP

(オプション) [アウトダイヤルの有効化] を オンに設定した場合、エージェントがアウトダイヤルコールを開始するために使用できるアウトダイヤルエントリポイントを指定します。

英数字文字列

アドレス帳

(オプション) スピードダイヤル番号を含むアドレス帳を提供します。 エージェントは、これらのスピード ダイヤル番号を使用して、外線ダイヤルとコンサルト コールを開始できます。

[アウトダイヤルの有効化] を オフ に設定して、アドレス帳を用意すると、エージェントはコールの相談と転送の場合にアドレス帳にある名前を使用することができますが、アウトダイヤル コールを発信することはできません。。

次のいずれかの値を指定します。

  • 英数字文字列としてのアドレス帳の名前

  • なし: エージェントがアドレス帳にアクセスする必要がない場合、このオプションを提供します。

ダイヤルプランが有効

エージェントがアドホック アウトダイヤル コールを発信できるようにします。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: エージェントがアドホック アウトダイヤル コールを発信できるようにします。

  • オフ: エージェントがアドホック アウトダイヤル コールを発信することを無効にします。

ダイヤル プラン

(オプション) この設定は、[ダイヤルプランの有効化] 列で オン に設定されている場合に適用できます。ダイヤルプランは、エージェントがダイヤルアウトできる番号を制御します。 これにより、業務上適切な番号のみが連絡されるようになります。

複数の値は | 記号で区切ります。

外線ANI(オプション) この設定は、[アウトダイヤル有効] を [ オン] に設定している場合にのみ適用できます。 エージェントがアウトダイヤル コールを発信するときにアクセスするアウトダイヤル ANI を提供します。

英数字文字列

DN 検証オプション

このパラメータは、エージェントがデスクトップにログインするときに実行される検証を管理するのに役立ちます。

次のいずれかの値を指定します:

  • 制限なし: エージェントが任意の DN を使用して Agent Desktop にログインできるようになります。

  • プロビジョニング済みの値: エージェントがデスクトップにログインする際に、事前にプロビジョニングされた DN のみを使用することを許可します。

  • 検証基準: ログイン DN は、 検証基準 列に表示されます。

検証基準(Validation Criteria)

(オプション) このパラメータは、[DN 検証オプション] が に設定されている場合にのみ適用できます。 validation_CRITERIA。 Agent Desktop にログインする際に、エージェントに DN を入力させる際に検証条件として使用する必要があるダイヤル プランを提供します。

次のいずれかの値を指定します:

  • ALL: 提供された DN が定義されたすべてのダイヤル プランと一致することを確認します

  • で区切られた複数のダイヤルプラン名: | 記号

エージェント統計情報

エージェントが自分のパフォーマンス統計 (Agent Desktop 形式) を表示することを許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: エージェントは自分のパフォーマンス統計を Agent Desktop で表示できます。

  • オフ: エージェントは Agent Desktop.

キュー統計オプション

このパラメータは、エージェントのパフォーマンス統計レポートを生成するために考慮されるキューを定義するために使用されます。

次のいずれかの値を指定します:

  • ALL: すべてのキューの統計を表示します。

  • SPECIFIC: 特定のキューの統計を表示します。

  • NONE: キューの統計を表示しません。

選択されたキュー(オプション) この列は、[キュー統計オプション] で指定した値が 特定。 "|" を入力エージェントパフォーマンス統計が表示されるキューのリストです。

で区切られた複数の値 | 記号

ログイン済みチームの統計

エージェントがチームの統計を表示することを許可します。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: エージェントがチームの統計を表示できるようにします。

  • オフ: エージェントによるチームの統計の表示を無効にします。

チーム統計オプション

このパラメータは、エージェントのパフォーマンス統計レポートを生成する際に考慮されるチームを制御するために使用されます。

次のいずれかの値を指定します:

  • ALL: すべてのチームの統計を表示します。

  • SPECIFIC: 特定のチームの統計を表示します。

  • NONE: チームのパフォーマンス統計を表示しません。

選択したチーム(オプション) この列は、[チーム統計オプション] で指定された値が次の場合にのみ表示されます。 特定。 "|" を入力エージェントパフォーマンス統計が表示されるキューのリストです。

で区切られた複数の値 | 記号

エージェントしきい値アラートが有効

エージェントが指定されたしきい値のルールに違反した場合に、エージェントとスーパーバイザーがアラートを受信するかどうかを指定します。


 

この列は廃止されました。まもなく削除されます。

次のいずれかの値を指定します:

  • オン: エージェントが指定されたしきい値のルールに違反した場合、エージェントとスーパーバイザーはアラートを受け取ります。

  • オフ: エージェントが指定されたしきい値のルールに違反しても、エージェントとスーパーバイザーはアラートを受け取りません。

エージェントしきい値アラート

(オプション) エージェントがアラートを受信するしきい値のアラート名を提供します。

複数の値は次の文字で区切られます: | 記号

アドレス帳

CSV カラム名説明

有効な値

名前

アドレス帳の名前を入力します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) アドレス帳の簡単な説明を入力します。

英数字文字列

親サイト

(省略可能)

アドレス帳の親サイトを指定します。 この列を空のままにすると、親タイプがテナントに設定されます。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

エントリ名

エージェントがわかりやすい名前をアドレス帳エントリに付けます。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

電話番号

アドレス帳のエントリに電話番号を入力します。

整数値

削除

(省略可能)

アドレス帳を削除します。

はい: アドレス帳を削除します。


 

アドレス帳の詳細を定義する行、およびアドレス帳の属性情報を定義する行は、親子関係にあります。 CSV ファイルでは、アドレス帳は親の行として存在し、個々のアドレスエントリはそれに続く子の行に存在します。

アドレス帳の更新の一部として記載されていないアドレスエントリは更新の影響を受けず、引き続きアドレス帳に適用されます。

アドレス帳の例

これはアドレス帳エントリ用のサンプル CSV ファイルです。

名前

説明

親サイト

エントリ名

電話番号

アドレス m 1

アドレス 1 の説明

アドレス m 1

ホーム

6000009090

アドレス m 2

アドレス 2 の説明

サイト 1

アドレス m 2

動作する

8000009090

アドレス m 2

仕事 2

9090909090

アドレス m 3

アドレス 3 の説明

アドレス m 3

オフィスの携帯電話 0

8909000090

アドレス m 3

オフィスの携帯電話 1

7090900090

アドレス m 3

オフィスの携帯電話 2

7090900090

アドレス m 3

オフィスの携帯電話 3

7090900091

外線ANI

CSV カラム名説明

有効な値

名前

アウトダイヤル ANI の名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) 外線ダイヤル ANI の簡単な説明を入力します。

英数字文字列

エントリ名

アウトダイヤル ANI エントリに、エージェントがわかりやすい名前を付けます。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

エントリ番号

アウトダイヤル ANI エントリのダイヤル番号を指定します。


 

システムは、アウトダイヤル ANI エントリなどのエントリ ポイントにマッピングされている番号のみを使用することを許可します。

整数値

削除

(オプション) アウトダイヤル ANI エントリを削除します。

はい: アウトダイヤル ANI エントリを削除します。


 

外線 ANI を定義する行、および外線 ANI 内の外線 ANI エントリ属性を定義する行には、親子関係があります。 CSV ファイルで、アウトダイヤル ANI は親の行として存在し、個々のアウトダイヤル ANI エントリはそれに続く子の行として存在します。

アウトダイヤル ANI 更新の一部として言及されていないアウトダイヤル ANI エントリは、更新の影響を受けず、引き続きアウトダイヤル ANI に適用されます。

アウトダイヤル ANI の例

これは、サンプルのアウトダイヤル ANI CSV ファイルです。

名前

説明

エントリ名

エントリ番号

アウトダイヤル ANI 1

アウトダイヤル ANI 1 の説明

アウトダイヤル ANI 1

エントリ 1

9090909090

アウトダイヤル ANI 2

アウトダイヤル ANI 2 の説明

アウトダイヤル ANI 2

動作する

8000009090

アウトダイヤル ANI 2

仕事 2

9090909090

アウトダイヤル ANI 3

アウトダイヤル ANI 3 の説明

アウトダイヤル ANI 3

エントリ 1

8909000090

アウトダイヤル ANI 3

エントリ 2

7090900090

アウトダイヤル ANI 3

エントリ 3

7090900090

アウトダイヤル ANI 3

エントリ 4

7090900091

スキルの定義

#dntr_bifej ダイエスカラム名説明

有効な値

名前

スキルの名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) スキルの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

サービス レベルしきい値(Service Level Threshold)

顧客コールがこのスキルのキューに入れられ、サービスレベル外としてフラグが付けられるまでの時間を秒単位で指定します。 この時間内に顧客サービス要求を完了した場合、システムはサービスレベル内と見なします。


 

値を 0 に設定すると、サービスのしきい値は適用されません。

整数値

タイプ(Type)

スキルタイプを指定します。 スキル タイプによって、Webex コンタクト センターがエージェントにスキルを割り当てる方法、およびスキルベースのルーティングでエージェントを顧客連絡先にマッピングする方法が決定されます。


 

定義した後にスキル タイプを更新することはできません。

次のいずれかの値を指定します:

  • テキスト: 自由形式のテキストスキルを提供します。 テキストスキルの場合、コンタクトをエージェントに接続するために完全に一致する必要があります。

  • 熟練度: コンタクトの最低スキル要件を持つエージェントを選択します。

  • ブール値: True または False のいずれかを指定してください。 Webex Contact Center はスキルのブール値を照合して、コンタクトをエージェントに接続します。

  • ENUM: エージェントスキルの事前定義値の名前付きセットを提供します。

列挙のリスト値

スキルタイプが Enumの場合、このスキルに関連付ける値を指定します。

各値を英数字文字列として定義します。

複数の値を入力する場合は、 | 記号で区切ります。


 

列挙値ごとに、スペースを含めて最大 80 文字まで入力できます。

スキルプロファイル

CSV カラム名説明

有効な値

名前

スキルプロファイルの名前を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

説明

(オプション) スキルプロファイルの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

スキル名

スキル名を指定します。Webex コンタクト センターがスキルをスキル プロファイルに割り当てます。 スキル プロファイルに割り当てる前に、スキル定義が存在することを確認してください。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

スキル値

スキル プロファイルのスキルに対して、業務上適切な値を定義します。 スキルタイプに応じてスキル値を割り当てます。

スキルの種類に応じて値を入力します。

  • テキスト: 80 文字までの英数字の文字列です。

  • 習熟度: 0–10 の整数

  • ブール値: True または False

  • ENUM: このスキルに定義されている Enum 値のすべてまたはサブセットを提供します。 Webex コンタクト センターは、スキル プロファイルの [列挙値] を有効にします。

    | 記号で区切られた複数の値

削除

スキルプロファイルからスキルを削除します。

はい: スキルプロファイルからスキルを削除します。


 

スキル プロファイルを定義する行とスキル プロファイル内のスキル属性を定義する行には、親子関係があります。 CSV ファイルでは、スキル プロファイルは親の行として存在し、個々のスキルはそれに続く子の行として存在します。

スキル プロファイルの更新の一部としてメンションされていないスキルは、更新の影響を受けず、引き続きスキル プロファイルに適用されます。

スキル プロファイルの例

これはスキルプロファイルエントリ用のサンプル CSV ファイルです。

名前

説明

スキル名

スキル値

削除

スキル プロファイル 1

説明

スキル プロファイル 1

中国語

TRUE

スキル プロファイル 1

英語

TRUE

スキル プロファイル 1

サービス

製品 1|製品 2

スキル プロファイル 2

説明

スキル プロファイル 2

日本語

TRUE

スキル プロファイル 2

サービス

製品 1|製品 2

エントリポイントのマッピング

CSV カラム名説明

有効な値

Dialed Number

エントリポイントにマッピングするダイヤル番号を提供します。

整数値

エントリ ポイント

マッピングのエントリポイント名を指定します。

英数字文字列

名前は文字で始めます。 空白を使用できます。


 

最大 80 文字まで入力できます。

RegionDN マッピングの地域。

Null


 
EP-DN マッピングをデフォルトにマッピングするには、値を空のままにしておく必要があります。

音声ファイル

音声ファイルをアップロードするために、一括操作では Zip ファイル形式を使用します。 .WAV 形式のファイルをアップロードするには、次のいずれかを実行します:

  • すべての音声ファイルを 1 つのフォルダに保存し、それらを zip 形式で圧縮します。

  • 音声ファイルがフォルダ構造で保存されている場合は、そのフォルダ構造を zip 形式で圧縮してください。 一括操作では、各ディレクトリに再帰的にアクセスし、.WAV ファイルをインポートします。

一括操作により、既存の音声ファイル名が検出されると、新しいファイルが古いファイルに置き換わります。 ZIPファイルでサポートされる最大サイズは 50MB です。 50 MB を超える音声ファイルがある場合は、それぞれ 50 MB 以内で複数の要求を送信してください。

グローバル変数

CSV カラム名

説明

有効な値

名前

グローバル変数の名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

説明

グローバル変数の簡単な説明を入力します。

英数字文字列

エージェントが編集可能

このオプションは、グローバル変数を編集可能に残すかどうかを決定します。


 

編集可能にすると、フローは変数に対する更新をデスクトップから受け取ります。

次のいずれかの値を選択します。

  • ON: ON を入力してエージェントの変数を編集可能にします。

  • オフ: OFF を入力して、変数またはエージェントを編集不可のままにします。

表示可能なエージェント

これにより、フローの一部としてキャプチャされた値とともに変数をデスクトップに表示できます。

次のいずれかの値を選択します。

  • ON: ON を入力すると、変数がデスクトップ上に表示されます。

  • オフ: OFF を入力すると、変数はデスクトップ上で非表示になります。

変数の型

次の列に示された変数タイプのいずれかを指定します。


 

変数の作成後に変数タイプを編集することはできません。

次のいずれかのタイプを選択します。

  • ブール型

  • 文字列

  • 整数

  • DECIMAL

  • 日時:

デフォルト値

対応する変数タイプに可能な値を提供します。

次のいずれかの値を指定します:

  • ブール値: True または False を選択

  • 文字列: 各変数に 256 文字までの文字列値を入力します。 文字列は、英数字、特殊文字、およびスペースをサポートします

  • 整数: 整数値を入力します

  • 小数: 小数点以下の値を入力します。

  • 日時: [テナントのタイムゾーン] の日付を次のサポータ形式で入力します:

YYYY-MM-DD

YYYY-MM-DDThh:mm

レポート可能

このオプションを有効にすると、レポート用に Analyzer で変数が表示されます。

次のいずれかの値を選択します。

  • ON: ON を入力すると、変数が分析器でレポート可能になります。

  • OFF: OFF を入力すると、Analyzer で変数がレポート不可のままになります。

デスクトップラベル

このラベルは、デスクトップの [変数名] の代わりに表示されます。エージェントに役立つものであることを確認してください。

英数字文字列。


 

デスクトップラベルには 50 文字までしか入力できません。

マルチメディアプロファイル

CSV カラム名

説明

有効な値

名前

マルチメディアプロファイルの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

説明

グローバル変数の簡単な説明を入力します。

英数字文字列

タイプ(Type)

マルチメディアプロファイルのタイプを指定します。

次のいずれかの値を選択します。

  • 混在

  • BLENDED_リアルタイム

  • 排他的

音声

設定する音声チャンネルの数。

整数値のみ:

0 または 1

チャット

設定するチャット チャネルの数です。

05 の整数値のみ

E メール

設定するメールチャネルの数です。

05 の整数値のみ

ソーシャル(Social)

設定するソーシャル チャネルの数。

05 の整数値のみ

デスクトップレイアウト

CSV カラム名

説明

有効な値

名前

デスクトップレイアウトの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

説明

グローバル変数の簡単な説明を入力します。

英数字文字列

チーム名

このレイアウトに付けるチーム名を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

JSON ファイル

デフォルトのデスクトップ レイアウト.JSON ファイルの名前を指定します。

JSON ファイルの名前です。

ZIP 形式の JSON ファイル

JSON レイアウト.zip ファイルの名前を指定します。

圧縮された JSON ファイルの名前です。

ダイヤルプラン

CSV カラム名

説明

有効な値

名前

ダイヤル プランの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされています。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

正規表現

正規表現は、エージェントがデスクトップ環境で入力するダイヤル番号 (DN) の有効な構文で構成されます。 各ダイヤル プランには正規表現が必要です。

既定のダイヤルプランの正規表現の例については、以下のセクションを参照してください。 これらのセクションで示されている例を使用して、作成するダイヤル プランの正規表現を定式化してください。

既定の米国ダイヤル プランの正規表現

デフォルトのあらゆるフォーマットのダイヤルプランの正規表現

Prefix

エージェントが入力した電話番号にシステムが自動的に追加するプレフィックス。 たとえば、米国内の長距離コールの場合は、数字の 1 を入力します。

デスクトップ環境で DN を入力するときにエージェントがプレフィックスを追加しない場合にのみ、システムがプレフィックスを追加します。

整数値です。

Stripping Chars

エージェントがデスクトップ環境で入力する DN からシステムが削除する文字。

システムは、エージェントが入力する数字から、左右の括弧、スペース、ハイフンを自動的に削除します。

特殊文字またはスペースです。

通話録音のスケジュール

CSV カラム名

説明

有効な値

名前

通話録音スケジュールの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

キュー名

キューの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

開始日 

開始日を指定します。

次の値を指定します:

YYYY-MM-DD

終了日 

記録の終了日を指定してください

次の値を指定します:

YYYY-MM-DD

曜日(Days of Week)

録画を有効にする日数を指定します

次のいずれかの値を指定します:

日 日

火曜日


 
複数の値を入力するには、パイプ記号で区切って入力します。月 |火曜日

開始時刻

録画を開始する時刻を指定します。

次の値を指定します:

HHMM

終了時刻

録画を終了する時間を指定します。

次の値を指定します:

HHMM

アクティブ

通話録音スケジュールの状況を提供します。

次のいずれかの値を指定します:

アクティブ

非アクティブ

一時停止再開の有効化(Enable Pause Resume)

録画を一時停止または再開するためのオプションを提供します。

次のいずれかの値を選択します。

  • はい

  • いいえ

一時停止の継続時間

録画を一時停止する時間を秒単位で指定します。

整数値

割合(Percentage)

現在の通話総数に対する割合 (割合) を指定キューに記録します。

整数値

サイトで絞り込む

録画スケジュールに含めたいサイトの名前を指定します。

ALL またはサイト名

チームで絞り込む

録画スケジュールに含めたいチームの名前を指定します。

ALL またはチーム名

エージェントで絞り込む

録画スケジュールに含めるエージェントの名前を入力します。

ALL またはエージェント名

転送された の録画を停止

次のいずれかの値を選択します。

  • はい

  • いいえ

しきい値ルール

CSV カラム名

説明

有効な値

名前

しきい値ルールの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

説明

グローバル変数の簡単な説明を入力します。

英数字文字列

オペランド(Operand)

次のいずれかのオプションから値を選択します。

  • GREATER_THAN

  • GREATER_THAN_EQUAL_TO

  • LESS_THAN

  • LESS_THAN_EQUAL_TO

  • EQUAL_TO

エンティティタイプ

ルールが適用されるエンティティ タイプを指定します。

次のいずれかのオプションから値を選択します。

  • ENTRY_POINT

  • キュー

  • サイト

  • チーム

エンティティ名

上記のオプションで指定したエンティティ タイプの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

メトリック タイプ

しきい値のタイプを指定します。

次のいずれかのオプションから値を選択します。

  • AGENT_THRES ホールド

  • CALL_THRES ホールド

しきい値メトリック

指定されたエンティティ タイプに適用可能なメトリックスのメトリック値を指定します。

次のいずれかのオプションから値を選択します。

  • COUNT

  • DURATION

  • PERCENTAGE

トリガー間隔(Trigger Interval)

しきい値ルールチェックで 1 つのアラートだけを生成する間隔を秒で指定します。

整数値

トリガー値

しきい値アラートをトリガーする値を指定します。 値タイプ (期間、カウント、または割合) は、選択したメトリックに基づいています。

整数値


 
トリガー値は 0 より大きくなければなりません。

通知レシーバ

個別に HTML 形式の警告メールを受信する場合は、メール アドレスを入力します。

有効なメール ID です。

テキスト通知の受信者

しきい値に達したときに、個人がテキスト形式でメール アラートを受信するようにする場合は、メール アドレスを入力します。

有効なメール ID です。

勤務時間

CSV カラム名

説明

有効な値

名前

勤務時間の名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

説明

勤務時間の簡単な説明を入力します。

英数字文字列

タイムゾーン

勤務時間のタイムゾーンを入力します。

コンタクトセンターで使用される形式にタイムゾーンを書き込みます

休日リスト

勤務時間に割り当てる休日リストを提供します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

オーバーライド

勤務時間に指定するオーバーライドの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

シフト名

勤務時間に指定するオーバーライドの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

曜日(Days of Week)

勤務曜日を指定します。

次のいずれかの値を指定します:

日 日

火曜日


 
複数の値を入力する場合は、パイプ記号で区切って入力します。月 |火曜日

開始時刻

この勤務時間のシフトの開始時刻を指定します。

次の値を指定します:

時時:分分

終了時刻

この勤務時間のシフトの終了時刻を指定します。

次の値を指定します:

時時:分分

休日リスト

CSV カラム名

説明

有効な値

名前

休日リストの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

説明

休日リストの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

休日名

この休日リストで使用される休日の名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされます。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

開始日 

休日の開始日を指定します。

次の値を指定します:

YYYY-MM-DD

終了日 

休日の終了日を指定してください。

次の値を指定します:

YYYY-MM-DD

オーバーライド

#dntr_bifej ダイエスカラム名

説明

有効な値

名前

オーバーライドの名前を指定します。

名前には、アンダースコアを含む英数字の文字列のみがサポートされています。スペースは使用できません。


 

最大 80 文字まで入力できます。 画面に表示される文字数は 50 文字までです。 名前全体 (50 文字を超える場合) は、名前の上にカーソルを合わせると、ツールチップとして表示されます。

説明

オーバーライドの簡単な説明を入力します。

英数字文字列

タイムゾーン

このオーバーライドのタイムゾーンを指定します。

コンタクトセンターで使用される形式にタイムゾーンを書き込みます

オーバーライド名

このオーバーライドのリストで使用されるオーバーライドの名前を指定します。

英数字文字列

開始日時

オーバーライドの開始日を指定します。

次の値を指定します:

YYYY-MM-DDTHH:MM

終了日時

オーバーライドの終了日を指定してください。

次の値を指定します:

YYYY-MM-DDTHH:MM

[有効(Enabled)]

このオーバーライドの状況を管理するためのオプションを提供します。

次のいずれかの値を選択します。

  • TRUE

  • FALSE