以下のシナリオのいずれでもボイスメール グループを使用できます。

  • 部門またはワーク グループに汎用ボイスメールが必要。

  • 自動アテンダントやハント グループにボイスメール オプションを追加したい。

  • コール キューに入りきらなかった着信を、共有のボイスメール ボックスに送りたい。

  • ボイスメール ボックスのみが必要なユーザーがいる。

Control Hub で新しいボイスメール グループを作成して、共有ボイスメールまたは着信 FAX ボックスを 作成できます。

1

https://admin.webex.com/ の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ボイスメール グループ] > [ボイスメール グループを作成] をクリックします。

3

[基本] タブで、次の情報を入力して、[次へ] をクリックします。

  • ロケーション—このボイスメール グループ サービスが割り当てられている場所です。
  • ボイスメール グループ名—このボイスメール グループを識別するために使用される名前です。
  • 電話番号-電話番号と内線番号を割り当てます。

     

    FAX サービスには別の完全な電話番号が必要です。 ボイスメール サービスのみを使用する場合のみ、電話番号はオプションです。

  • 発信者 ID の姓名-通話がこのボイスメール グループに転送されるときに表示されます。
  • ボイスメールのパスコード-発信時にボイスメール グループにアクセスするには、このコードを使います。
4

[設定] タブで、次の情報を入力して、[次へ] をクリックします。

  • 言語-音声アナウンスの言語を選択します。
  • メッセージ ストレージ - メッセージの保存場所を選択します。
  • 新しいメッセージ通知 - 新しいボイスメールまたは FAX をメール アドレスに通知します。

    有効な場合、メールアドレスを入力します。

  • FAX メッセージング—これを有効にすると、このボイスメール グループは FAX メッセージを受信できるようになります。
  • 追加のボイスメール設定-次のいずれかまたは両方を選択します
    • [0 から電話番号に転送する] チェック ボックスをオンにし、発信者が転送される電話番号を入力します。

    • [メッセージのコピーをメールで送信] チェック ボックスをオンにし、すべてのボイスメールの録音を送信する先のメール アドレスを入力します。

5

[レビュー] ページの各タブで新しいボイスメール グループ設定を見直し、すべてが正しいことを確認します。 [戻る] をクリックして変更するか、[作成] をクリックして新しいボイスメール グループに設定を適用できます。

6

完了したら、[完了] をクリックします。

次に行うこと

特定の作業グループまたは特定のユーザーにボイスメール グループを設定した場合は、ボイスメール グループの番号とパスコードをこれらのユーザーまたはグループと共有する必要があります。

1

https://admin.webex.com/ の顧客管理ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ボイスメール グループ] をクリックし、編集するボイスメール グループを選択します。

3

サイド パネルの [ボイスメール設定] で、[ボイスメール] の横にある矢印を選択して展開します。

4

トグルを使用して、このボイスメール グループ サービスを有効または無効にします。

5

無効にしている場合、確認を求めるポップアップが表示されたら、[OK] をクリックします。

Control Hub で、以前作成したボイスメール グループの設定を編集できます。

1

https://admin.webex.com/ の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ボイスメール グループ] をクリックし、編集するボイスメール グループを選択します。

3

サイド パネルの [全般設定] で、[電話番号][内線番号][発信者 ID] を編集できます。


 

場所は変更できません。 場所を変更するには、このボイスメール グループを削除して、再度作成する必要があります。

4

[ボイスメール設定] から、[ボイスメール] の隣にある矢印を選択して拡張して、追加のボイスメール設定を編集します。


 

ボイスメール グループ サービスが無効になっている場合、追加設定は表示されません。

5

[言語] で、音声アナウンスに適用する言語を選択します。

6

[挨拶] から、発信者がこのボイスメールを聞いた際に再生されるメッセージを選択します。

  • デフォルトの挨拶— 着信に対してデフォルトの挨拶を再生します。
  • カスタム挨拶ー音声ファイルをアップロードするか、録画機能を使用して挨拶を録音します。
7

[FAX メッセージング] から、このボイスメール グループを有効または無効にして、FAX メッセージを受け取ります。

8

[追加ボイスメール設定] で、次のいずれかまたは両方を実行します。

  • [0 から電話番号に転送する] チェック ボックスをオンにし、発信者が転送される電話番号を入力します。

     

    このオプションを選択した場合、「0」を押している発信者にはボイスメールの挨拶が転送することを通知してください。

  • [メッセージのコピーをメールで送信] チェック ボックスをオンにし、すべてのボイスメールの録音を送信する先のメール アドレスを入力します。
9

[ボイスメールのパスコードを変更] から、このボイスメール グループのパスコードを変更できます。

10

ボイスメール グループの編集が完了したら、[保存] をクリックします。

ボイスメール グループから電話番号または内線番号の割り当てを解除できます。


ボイスメール グループ機能を FAX サービスに使用している場合、電話番号は必須です。 この機能をボイスメールにのみ使用している場合は、電話番号は任意です。

1

https://admin.webex.com/ の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ボイスメール グループ] をクリックし、編集するボイスメール グループを選択します。

3

[アクション] 行で [割り当て解除]を選択します。

4

ボイスメール グループからこの電話番号の割り当てを解除してもよいか確認するメッセージが表示されます。 [割り当て解除] をクリックして確定します。


 

このボイスメール グループで FAX メッセージングが有効になっている場合、電話番号の割り当てを解除する前に、FAX メッセージを無効にするようにプロンプトが表示されます。 確定するには、[OK] をクリックします。 その後、[無効化して割り当てを解除] をクリックします。

以前作成したボイスメール グループを削除できます。 ボイスメール グループを削除すると、すべてのメッセージと関連データが削除され、復元はできません。 割り当てられている電話番号または内線番号がある場合は、割り当てが解除されます。

1

https://admin.webex.com/ の顧客ビューから [サービス] に移動し、[Calling] > [機能] を選択します。

2

[ボイスメール グループ] をクリックして、リストから削除するボイスメール グループを検索します。

3

[アクション] 行で を選択します。

4

確定するには、[削除] をクリックします。

任意の電話からボイスメール グループの受信トレイのボイスメール メッセージにアクセスできます。

1

以下のいずれかの作業を行ってください。

  • いずれかの電話から、音声ポータルの電話番号をダイヤルします。

     

    ロケーションのボイスポータルの電話番号が分からない場合は、管理者に問い合わせてください。

  • Cisco IP Phone で、[メッセージ] キーを押します。
2

プロンプトが表示されたら、ボイスメール グループの電話番号または内線番号を入力します。

3

ボイスメール グループのパスコードを入力します。

4

音声プロンプトに従い操作します。