Webex Support の既知の問題と制限

Windows 8.1 および 10

  • ファイル共有でPDFを共有する場合はAdobe Acrobat Readerが必要です。

  • プリントドライバモードでMicrosoft PowerPointファイルを共有するとコンテンツの一部が表示されない場合があります。 標準のUniversal Communications Format(UCF)モードを使うか、または代わりにアプリケーション共有の画面共有することを奨励しています。

  • Windows 10 環境でリモートコンピューターに接続すると、ローカルの画面が黒画面になります。

  • Webex Meetings の出席者は、主催者が保存の権限を取り消した後でも、Universal Communications Format Files (UCF) を各自のコンピューターに保存することができます。

  • Windows アプリケーションが Access Anywhere および Remote Access の [アプリケーションの追加] ダイアログ ボックスに表示されません。

  • Webex ミーティングに参加している Mac 参加者がホワイトボードを共有して注釈を加えており、さらに四角や丸型シェープが選択されると、注釈の色が正しく表示されません。

Microsoft Office 2013 以降のサポート

  • Microsoft Office 2013 がインストールされている環境で PowerPoint ファイルの共有を行うと以下の機能には対応しなくなります:
    • アニメーションとトランジション
    • ビデオまたは音声が埋め込まれたファイル
    • UCF Toolkit
  • 情報タブをカスタマイズしている場合、一部のカスタム要素は対応されないことがあります。 Webex ミーティングで適切に表示されることを確認してください。
  • 以下の問題が発生するケースも見られます。
    • スライド中の文字と色がわずかに異なる場合があります。
    • 一部のグラフィック要素がスライドから抜け落ちることがあります。
    • スライド中の字体がぼやけたり、元の字体と異なることがあります。
    • シェープのサイズが元のサイズと異なることがあります。
  • PowerPoint プレゼンテーションのオブジェクトが編集モード時に適切に表示されない場合、スライドショービューから自動的に削除されます。しかし、Webex ミーティング中にファイルが共有されるとオブジェクトは引き続き表示されます。
  • パスワードで保護された PowerPoint 2013 ファイルはファイル共有機能で共有するこができません。 アプリケーション共有またはデスクトップ共有機能を代わりに使用します。
  • Windows 8 環境ではファイル共有機能を使って Excel 2013 ファイルを共有することはできません。 アプリケーション共有または画面共有機能を代わりに使用します。
  • Windows 8 (64-bit) 環境ではファイル共有機能を使って Word 2013 (64-bit) ファイルを共有することはできません。 アプリケーション共有または画面共有機能を代わりに使用します。

共有ドキュメントの表示品質

Webex はネイティブサポートされていないプリンタドライバーのインターフェイスを使用します。 例えば、Microsoft Word、Excel、Adobe PDF ドキュメントなど、Print Driver モードで共有されるドキュメントのプレゼンテーション画質は、実際のプリンターで印刷した印刷物と比べて見劣りします。 この問題は、ドキュメントにイメージやテキストが含まれている場合にはより明確になります。

OS のサポート

Webex Support を実行するには:

  • Linux、Solaris、Macintosh を使用する顧客サポート担当者 (CSR) に対しては、いくつかの製品機能がサポートされません。 詳細は、「クロスプラットフォームのリリース ノートと既知の問題」を参照してください。

  • 顧客は Linux、Solaris、または Macintosh を使用することができますが、ユーザー認証が有効になっている Microsoft ISA プロキシサーバーを経由している場合、リモートセッションに接続できません。 これは Sun の既知の Java の問題で、http://bugs.sun.com/bugdatabase/view_bug.do?bug_id=4636657 に記載されています。

Webex Support に対応しているコンピュータ、オペレーティングシステム、ブラウザに関する詳細は、Webex システム要件の機能サポートのリリースノートを参照してください。

顧客のコンピュータへのログイン中のクラッシュ

顧客のコンピュータへ別のユーザーとしてログインし、Webex Support ブラウザがクラッシュした場合、顧客のコンピュータにログインしたままになります。 この場合は、顧客にログオフを依頼し、再度ログインします。

セッション記録時のアプリケーション表示

顧客にアプリケーションを表示しながら Webex Support セッションを記録する場合、あなたのコンピュータで開かれているその他のすべてのブラウザウィンドウが顧客に表示されます。

ファイル転送時のディスク容量

ファイル転送時に受信側でディスク容量が足りなくなると、セッションは終了します。

デスクトップ共有中のファイル転送ウィンドウの移動

デスクトップの共有中にファイル転送を開始した場合、転送ウィンドウを移動することはできません。

システム情報の無効化

サイト管理者は、カスタムセッションタイプでシステム情報機能を無効にすることはできません。

Lotus Notes招待メール制限

Lotus Notesメールアプリケーションを使用する場合、「ローカルメールクライアントを使用して招待メールを送る」機能は作動しない場合もあります。 これが起こるのは、Lotus Notesが、Webページから、あなたが始めるメールメッセージのサイズを制限するからです。 これを解決するには、招待用のメールのテンプレートを変更してメッセージサイズを減らします。

基本ファイル転送がイベントログに表示されない

基本ファイル転送方法を使用して転送されたファイルがイベントログに表示されません。

低速のネットワーク接続での着信サポートセッションへの参加

サイトでクライアントのダウンロード方法が TFS (一時フォルダソリューション) に設定されている場合に顧客が低速ネットワーク接続を使ってインバウンドサポートセッションに参加しようとすると、顧客がエントリフォーム入力後、送信をクリックした後、顧客には会議ヘの参加が失敗したというエラーメッセージが表示されます。

Webex Support の Web チャット使用時のスクロール

Webex Support の Web チャット使用時に、スクロールバーが表示された後で高速で上下にスクロールすると、チャットウィンドウが頻繁に点滅を繰り返す場合があります。

ブロックされた Webex Support の機能

Webex Support で一部の機能を実行するには、Webex が Windows の管理権限を持つ必要があります。 これらの権限がないと、権限が不十分とされ、一部の Webex Support 機能がブロックされてしまいます。これには Windows User Account Control (UAC) ウィンドウ、またはその他の管理権限が必要なアプリケーションが含まれます。 これらのアクション実行をシステムに許可するための方法は 2 つあります:

  • Webex Support がインストールされたことがないシステムで管理者として Windows にサインインして初めて Webex Support を開始します。 以降、ユーザーは標準ユーザーアカウントでログインできます。

  • 管理権限を持つローカルユーザーは UAC 許可が必要な Webex アクションを許可することができます。

Remote Access の既知の問題と制限

Chrome および Firefox で Webex ミーティングに参加する

Google および Mozilla の規制変更により、Chrome または Firefox の使用時、ユーザーは Webex プラグインを手動で有効にする必要があります。

Remote Access エージェントの制限

Windows セーフモードでは [スクリーンをブランクにする] コマンドは無効です。

WebACD の既知の問題と制限

Webex アプリケーションおよび Webex 録画サービスによって作成されるリンク

セキュリティの継続的な向上の一貫として、Cisco は Cisco Webex Meetings、Webex Training、Webex Support, Webex Events、および Webex 録画サービスでの URL 生成で使用される暗号化キー管理の改善を行っています。 この変更ため、これらのサービスにより生成された既存のリンクが更新され、場合によりユーザーは新しいリンクをリクエストするための申請が必要になります。

Windows 8.1 および 10

  • ファイル共有でPDFを共有する場合はAdobe Acrobat Readerが必要です。

  • プリントドライバモードでMicrosoft PowerPointファイルを共有するとコンテンツの一部が表示されない場合があります。 標準のUniversal Communications Format(UCF)モードを使うか、または代わりにアプリケーション共有の画面共有することを奨励しています。

  • Windows 10 環境でリモートコンピューターに接続すると、ローカルの画面が黒画面になります。

  • Webex Meetings の出席者は、主催者が保存の権限を取り消した後でも、Universal Communications Format Files (UCF) を各自のコンピューターに保存することができます。

  • Windows アプリケーションが Access Anywhere および Remote Access の [アプリケーションの追加] ダイアログ ボックスに表示されません。

  • Webex ミーティングに参加している Mac 参加者がホワイトボードを共有して注釈を加えており、さらに四角や丸型シェープが選択されると、注釈の色が正しく表示されません。