Webex ボットの汎用画像

Cisco が開発したボットの使用例。

Webex アプリのボット

ボットは、 Webex アプリの機能を拡張してサードパーティのアプリを組み込むのに役立ちます。Webex アプリ スペースにボットを追加し、スペースからサードパーティのアプリと直接対話できます。 スペースにボットを追加した場合は、 help ボットにメッセージを送信でき、応答にはボットがサポートするコマンドが含まれます。

任意のタイプのスペースにボットを追加できます。他のユーザーとのプロジェクト スペースにボットを追加し、スペースからサードパーティ アプリと直接対話できます。 または、自分とボットのスペースを作成して、サードパーティのアプリと対話できるようにすることもできます。

Webex App Hub には、Cisco およびサードパーティの開発者によって開発されたボットとアプリのカタログがあります。

Webex アプリのカード

ボットは様々な方法で Webex アプリ内で情報 を提示します。 カードを使用することで、ユーザーはコマンドへのボットの応答と、直接簡単に対話できるようになります。 ドロップダウンメニューから選択し、ボタンを使用して、テキストフィールドを使用して情報を更新し、収集することができます。

カードのフレームワークの詳細については、「https://developer.webex.com/blog/new-buttons-cards」を参照してください。


カードでのボットの問題は、devsupport@webex.com に報告します。

Webex App の PagerDuty ボットでスペースを作成し、PagerDuty アカウントにリンクします。

1

Webex アプリバーを クリックして [ ダイレクトメッセージを送信] を選択します

2

種類 @PagerDuty[PagerDuty ボット] を選択し、[追加] をクリック します

ボットはスペースのカードに応答して続行します。
3

[Link PagerDuty アカウント] をクリックしてあなたの資格情報でログインします。

4

接続するサービスを選択または検索し、[接続] を選択 します

PagerDuty ボットは、このスペースに以下のアラートを送信するために、ワークフロー通知を自動的に作成します。
  • 新しいインシデントがトリガーされました

  • 認めた

  • エスカレート

  • 解決済み

次に行うこと

新しいインシデントを作成するか、ボット通知を管理します。

以下のいずれかのコマンドを送信して、ボットと直接対話します。 ボットを持つグループ スペースの場合、 @PagerDuty に移動し 、PagerDutyBot を 選択し、コマンドを入力します。

  • help

  • create

  • oncall

  • manage

  • connect

  • ack(実行できるのは 1 回のみです)

  • resolve

  • note | <your notes>

  • escalate


インシデントを管理するには、次を入力します。 @PagerDuty に移動し 、PagerDutyBot を 選択し、次のコマンドを含します。 incident | <incident id>.

PagerDuty ボット スペースに新しい通知を作成するか、既存の通知を編集します。

1

ボット スペースに、「 manage 」と入力し、メッセージを送信します。


 

グループ スペースで次を入力します @PagerDuty に移動し 、PagerDutyBot を 選択し、コマンドを入力します。

2

提供されたリンクを選択して、PagerDuty 通知ダッシュボードに移動します。

3

ダッシュボードから:

  • 既存の編集–PagerDuty ボットがメンバーであるスペースに対して構成された通知を編集します。

  • 新規の追加–[新しい通知 の追加] を選択し、通知の種類とサービスを選択します。

Webex アプリ スペースからインシデントを作成し 、管理 します。

1

ボット スペースに、「 create 」と入力し、メッセージを送信します。


 

グループ スペースの場合は @PagerDuty[PagerDutyBot] を選択し、コマンドを入力します。

2

[新しいインシデントフォームの作成] で以下 のフィールドに入力し 、[作成] を選択 します

  • タイトル– インシデントの名前と解決スペース

  • 説明– インシデントの詳細 (文字制限なし)

  • 緊急-緊急性の高いまたは低い場合を判断します。

  • このインシデントの解決スペースを作成する (オプション)–サービスに関連付けられたすべてのユーザーを新しいスペースに追加します。

ボットは、インシデントの最新のステータスを示すインシデント カードを作成します。 このボタンを使用して状態を管理し、ノートを追加します。

 

インシデントは 1 回しか承認されません。 インシデントが承認された後で、[承認] ボタンがカードから削除されます。

次に行うこと

解像度のスペースを作成する場合、[スペースの作成] を 選択し、[> 移動] を選択します。