Care アシスタントのインテグレーション

サードパーティの仮想アシスタントによりCare アシスタント ボットをインテグレーションします

Care アシスタントを Dialogflow と統合して、顧客に対して向上したセルフ サービス機能を提供します。 Dialogflow を使用して、自然な言語処理とマシン学習により支えられる、対話形式のユーザー経験を作り出します。 Dialogflowインテント を使用してユーザーのアクションを自動化されたボット応答にマッピングし、エージェントへの会話をエスカレーションします。

エスカレーション インテントの追加

エスカレーション インテントは、セルフヘルプが失敗した場合に、Careアシスタントが Cisco WebEx チーム のエキスパートにエスカレーションできるようにするものです。 インテントを Dialogflow エージェントに追加するには:

  1. エスカレーション インテントをダウンロードします。

  2. エスカレーション インテントを Dialogflow エージェントにアップロードします。 DialogflowDialogflow エージェントの [インテント] ページで、省略記号 () をクリックし、[インテントのアップロード] を選択します。 ファイル ブラウザーで、ダウンロードした escalation.json ファイルを選択します。

  3. エスカレーション条件を指定します。 Dialogflow エージェントの [インテント] ページで、[エスカレーション インテント] を選択します。 [ユーザーの意見] フィールドを修正し、エスカレーションをトリガーするユーザーの表現を変更します。 すべてのユーザーには以下が必要です。

    • テンプレート モードを使用します。

    • @sys.any:Topic へのリファレンスが含まれています。

    ユーザーの発言の前にある @ マークは、テンプレート モードを示します。 記号をクリックして、モードを変更します。 GetExpert アクションは変更しないでください。

デフォルトのフォールバック インテントを設定します

デフォルトのフォールバック インテントを設定して、ユーザーの入力を認識しない場合、Care アシスタントの応答を変更します。

  1. Dialogflow エージェントの [インテント] ページで、[デフォルトのフォールバック インテント] を選択します。

    デフォルトのフォールバック インテントがない場合、縦の省略符 () をクリックして、[フォールバック インテントの作成] を選択します。

  2. [応答] フィールドを修正して、Care アシスタントが使用するテキスト応答を変更します。

クライアント アクセス トークンを取得する

  1. [Dialogflow] で、[設定] アイコンをクリックします。

  2. [API キー] セクションの [クライアント アクセス トークン] を検索します。

  3. [クライアント アクセス トークン] をコピーします。

  4. [Care アシスタント管理者] で、ボットに対して [インテグレーションを有効にする] を選択します。

  5. クライアント アクセス トークンを [クライアント アクセス トークンの入力] フィールドに入力します。

    新しい Care アシスタント ボットを作成することに関する詳細は、「Care アシスタントを使い始める」を参照してください。

この投稿記事は役に立ちましたか?