Webex サイトを EU に移行する

新しいフランクフルト データ センターの開設に伴い、EU のお客様はロンドン データ センターから、フランクフルト データ センターに移行できるようになりました。 お客様がデータ移行を簡単に行えるよう、以下を行いました。

  • データの保存場所の表示 - 透明性が当社のガイドの指針であり、Control Hub では Webex サイトがマッピングされているデータ センターを確認できます。 この情報を利用して、組織に対するビジネスへの影響や懸念を評価することができます。 この情報は、[アカウント] > [データの場所]の順に移動して確認できます。

    Control Hub の、組織がマッピングされているデータ センターのスクリーンショット。
  • データを新しいフランクフルト データ センターに移行 - 以前は EU のお客様のメイン データ センターはロンドンにあり、バックアップとしてアムステルダムにあるデータ センターが利用できました。 2021 年 7 月から、EU の新しいお客様のメイン データ センターはフランクフルト データ センターとなり、アムステルダムにあるデータ センターがバックアップとなります。 既存の EU のお客様は、希望される場合はデータをフランクフルトのデータ センターに移行するオプションがあります。


移行を希望しない場合は、移行予定日の 3 日前までにオプト アウトしてください。 Control Hub でその日付を確認し、オプト アウトできます。 後でフランクフルト データ センターに移行することにした場合は、2022 年初頭に予定されている次回の移行実施の際に、移行することもできます。

既存のお客様については、以下の条件により、組織のデータがフランクフルトのデータ センターに移行可能かどうかが決まります。

組織が選択した地域

Control Hub 組織が次の国または地域にプロビジョニングされている場合、データはフランクフルトのデータ センターに自動的に移行されます。

A-F

G-L

M-Z

  • オーストリア

  • ベルギー

  • ブルガリア

  • クロアチア

  • サイプラス

  • チェコ共和国

  • デンマーク

  • エストニア

  • フィンランド

  • フランス

  • ドイツ

  • ギリシャ

  • ハンガリー

  • アイスランド

  • アイルランド

  • イタリア

  • ラトビア

  • リヒテンシュタイン

  • リトアニア

  • ルクセンブルグ

  • マルタ

  • オランダ

  • ノルウェー

  • ポーランド

  • ポルトガル

  • ルーマニア

  • スロバキア

  • スロベニア

  • スペイン

  • スウェーデン

  • スイス

  • トルコ語

Webex Meetings サイトのタイムゾーンによる選択

Webex Meetings サイトが次のタイムゾーンのいずれかにプロビジョニングされている場合は、フランクフルトのデータ センターに移行するオプションがあります。

  • GMT 00:00 - ダブリン

  • GMT 00:00 - リスボン

  • GMT 00:00 - カナリア諸島

移行に同意している Webex サイトの移行は、通常の Webex サイトのメンテナンス期間中に実施するように予定されています。 移行による大規模な中断は発生しませんが、組織にかかわる Webex サービスが受ける可能性のある影響は次のとおりです。

Webex Meetings

  • サイトのメンテナンス期間中、主催者と参加者がスケジュールされたミーティングを主催または参加しようとすると、何らかの問題が発生する場合があります。

  • 参加者はサイトのメンテナンス期間中に開催されたミーティングから切断される可能性があります。この場合、主催者がミーティングを再開しないと、参加者は再度参加できません。

  • 移行後は 13 か月前にスケジュールされた 1 回限りのミーティングおよび繰り返しのミーティングのデータを利用できなくなります。

  • 移行完了後は Webex Events (クラシック) および Webex Support の履歴レポートを利用できなくなります。 レポートを残しておく必要がある場合は、必要なレポートを移行前に保存しておいてください。 影響を受けるレポートは次のとおりです。

    • 登録レポート

    • 出席者レポート

    • イベント中の活動レポート

    • イベント記録レポート

    • 出席者履歴レポート

    • 顧客サポート担当アクティビティ


    これらのレポートを保存していなかった場合、移行完了後に Cisco サポートに対してサービス リクエストを提出し、レポートをリクエストできます。

  • 移行後、Webex サイトおよび Webex Meetings デスクトップ アプリの両方で最近のパーソナル会議室のデータを利用できなくなります。移行完了後、このデータは復元できません。

  • 組織で Webex Edge Audio を使用している場合、移行完了後もその設定は維持されます。 ただし、最も適切なメディア パスが選択されるようにするには、CUCM で Lua スクリプトを更新する必要があります。 手順は次のとおりです。

    1. Control Hub で、移行したサイトの新しい Lua スクリプトをエクスポートします。

    2. Unified CM Administration の新しい Lua スクリプトから SIP 正規化スクリプトを作成します。

    3. 既存の SIP 正規化スクリプトをステップ 2 で作成した新しいスクリプトに更新します。

    4. 保存し、SIP トランクをリセットします。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[移行] に移動します。

2

[欧州連合データの移行] セクションまでスクロールし、[表示] をクリックします。

3

[ミーティング] セクションの [詳細の表示] をクリックします。

4

[オプト イン] 列で、移行する Webex サイトの隣にあるスイッチを切り替えます。