組織に対して着信エクスペリエンスを有効にする

組織レベルで通話内エクスペリエンス機能にアクセスするには、以下の手順を完了します。

始める前に

管理者 Webex Calling 、組織レベルの画面またはビデオの共有を有効にしたり、新しい要求リモート コントロール。 ユーザーがユーザーレベルまたはテンプレートレベルの設定を有効にしている場合でも、この値は組織レベルの設定で表示されます。

1

の管理ビューから、[サービス] の下 https://admin.webex.comの [通話]に移動 し、[クライアント > 選択します。 設定ページが表示されます。

2

通話 内のエクスペリエンスから、トグルを選択してこれらの設定を有効または無効にします。

  • リクエストリモート コントロール— ユーザーが他のユーザーの共有コンテンツを要求し、コントロールを取得することができます。
  • デスクトップのビデオ—デスクトップ ユーザーがビデオ通話をサポートし、ビデオをオンにした通話に応答するデフォルトを設定できます。
  • モバイルのビデオ—モバイル ユーザーはビデオ通話をサポートし、ビデオをオンにした通話に応答するデフォルトを設定できます。
  • 画面共有— 組織レベルで画面を共有できます。

ユーザーの通話内エクスペリエンスを有効または無効にする

始める前に

選択 Webex Calling 管理者は、選択したユーザーに対して画面またはビデオの共有リモート コントロールリクエストを有効にできます。 この値は組織レベルおよびユーザーレベルの設定より優先されます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [ユーザー] に移動します。

2

変更するユーザーを選択します。

3

[Calling] > [コール中のエクスペリエンス] の順に選択します。

4

トグルを動かして、ビデオオプションを有効または無効にします。

  • リクエストリモート コントロール— ユーザーが他のユーザーの共有コンテンツを要求し、コントロールを取得することができます。
  • デスクトップのビデオ—デスクトップ ユーザーがビデオ通話をサポートし、ビデオをオンにした通話に応答するデフォルトを設定できます。
  • モバイルのビデオ—モバイル ユーザーはビデオ通話をサポートし、ビデオをオンにした通話に応答するデフォルトを設定できます。
  • 画面共有- ユーザーレベルで画面を共有できます。

 

この設定がユーザーに対して設定された後、さらに変更がユーザーレベルで行います。 ユーザー設定が、自動的に組織のデフォルト設定に戻ることはありません。

ユーザー グループの通話内エクスペリエンスを有効にする

ユーザーグループレベルで通話内エクスペリエンス機能を監視するには、以下の手順を行います。

始める前に

管理者はユーザーグループ画面共有ビデオ共有、リモートアクセスを有効にできます。 ユーザーがユーザーレベル設定を設定している場合、ユーザーのカスタマイズされた値が表示されます。 この値は、組織レベルの設定およびテンプレート設定で設定された値に上書きされます。 また、グループに適用されるテンプレート設定を表示することもできます。

1

[クライアント設定] の [ サービス] の下 >通話] に移動します

2

通話 内のエクスペリエンスから、トグルを選択してこれらの設定を有効または無効にします。

  • リクエストリモート コントロール— ユーザーが他のユーザーの共有コンテンツを要求し、コントロールを取得することができます。
  • デスクトップのビデオ—デスクトップ ユーザーがビデオ通話をサポートし、ビデオをオンにした通話に応答するデフォルトを設定できます。
  • モバイルのビデオ—モバイル ユーザーはビデオ通話をサポートし、ビデオをオンにした通話に応答するデフォルトを設定できます。
  • 画面共有- ユーザーグループレベルで画面を共有できます。
3

通話テンプレートを使用して、グループ全体に設定を適用することができます。 通話テンプレートは、既存のテンプレートを検索し、適用されている設定を表示し、テンプレートを重複し、既存のテンプレートにグループを追加できます。 詳細については、「着信を有効にするまたは無効にする」の通話テンプレートを通じて、通話内エクスペリエンスの設定を適用する を参照してください。