指定された緊急コールバック番号 (ECBN)をもつユーザーを設定することができます。 設定が完了すると、ユーザーが緊急通話を発信すると、設定された ECBN が PSTN プロバイダーに提示されます。 緊急通話がルートされるパブリック安全応答ポイント(PSAP)が応答し、通話が割り当てられた緊急サービス アドレス (KM) にマッピングされます。 ESA は PSAP が受け取るアドレスで、緊急発信者の位置を示します。

最小要件と推奨

  • その番号を ECBN として使用するために、ユーザーに独自の電話番号を設定することをお勧めします。

  • ユーザーのロケーションに可能な限り近い ECBN に対して、独自の電話番号を持たないユーザーを設定します。 以下のうちのいずれか設定します。 ロケーションのメイン番号で、ロケーションに割り当てられた ECBN、またはロケーションが所有する電話番号。

  • それぞれの設定済み ECBN は、Public Safety Answering Point からのコールバックを促進するために、実際のユーザーの電話番号である必要があります。

  • より大きなロケーション、たとえば、複数のフロアをもち、複数の ECBN が設定されることを推奨します。

  • デバイスが割り当てられていないユーザー(たとえば、ソフト クライアントのみが割り当てられているユーザー)を電話番号で設定して、Public Safety Answering Point から通話を行ったデバイスへのコールバックをしやすくします。

ECBN 設定のオプション

ロケーションまたはユーザーに ECBN を設定している場合、次のオプションを選択することができます。


ユーザーのロケーションからのロケーション デフォルトの ECBN および割り当て番号は、受付やロケーション内の他の人など、ライブ応答ポイントにダイレクトされる必要があります。 これらのオプションは、自動アテンダント、自動音声応答装置 (IVR)、またはその他のサービスではありません。

  1. ユーザーの電話番号—Public Safety Answering Point からのコールバックはユーザーに直接導かれます。 ユーザーの電話への PSTN により設定された緊急サービス アドレスは、ユーザーのロケーションに固有です。

  2. ロケーション デフォルト ECBN—各ロケーションは、ロケーションのメイン番号とは異なる ECBN を設定できます。 ロケーション デフォルト ECBN は、通常、専用電話番号のない、または内線のみを持つユーザーに対して設定されます。

  3. ユーザーのロケーションから割り当てられた番号—これにより、1 人のユーザーに別のユーザーの電話番号を ECBN として設定できます。 このオプションは、ロケーションに複数のフロアまたは建物がある時に、ロケーションのメイン番号の場所に使用されます。 これにより、割り当てられた ECBN に、より正確な緊急サービスアドレスが割り当てられます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューで、[サービス] > [Calling] に移動し、[ロケーション] をクリックして、編集するロケーションを選択します。

2

[緊急連絡コールバック番号] をクリックします。

3

ロケーションに使用する ECBN として設定するために、リストされているオプションの 1 つを選択します。


 

フリーダイヤルの番号がロケーションのメイン番号として選択されている場合、フリーダイヤル番号には緊急連絡サービス アドレスがないため、警告が表示されます。

図 1. ロケーションの緊急時コールバック番号の設定
Control Hub の緊急時コールバック番号の設定の [ロケーション] 画面
4

[保存] をクリックします。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [管理] > [ユーザー] に移動し、編集するユーザーを選択します。

2

[Calling] をクリックし、[緊急時コールバック番号] をクリックします。

3

ユーザーに使用する ECBN として設定するために、リストされているオプションの 1 つを選択します。

4

[保存] をクリックします。

内線のみユーザーのように、自分の電話番号を持たないユーザーは、正確な ECBN および緊急サービス アドレスで緊急電話する設定が必要です。 これらのユーザーはロケーションのデフォルト ECBN を使用するか、そのロケーションから別の割り当てられた電話番号を使用するように設定できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [ユーザー] に移動し、編集するユーザーを選択します。

2

[Calling] をクリックし、[緊急時コールバック番号] をクリックします。

3

ユーザーに使用する ECBN として設定するために、リストされているオプションの 1 つを選択します。

図 2. ECBN の内線のみ設定
Control Hub の緊急時コールバック番号設定のユーザー画面
4

[保存] をクリックします。

固定されていない (ソフト) デバイス、デスクフォン以外のデバイスを持つユーザーは、多くの場合、モバイルです。 モバイル ユーザーの緊急通話を行う際、正確な緊急サービス アドレス (ESA) を提供することは困難です。 固定されていないデバイスを使用しているすべてのユーザーは、電話番号をもち、その電話番号を ECBN に使用して、ユーザーへのコールバックを確実に行うことをお勧めします。

セルラー機能のある固定されていないデバイスのソフト クライアントは、常にネイティブ ダイヤラーに緊急通話を渡します。 この場合、通話が Webex Calling または ロケーションの PSTN に渡されることは決してありません。 Webex Calling は通話を検出しないため、提供された通話の記録はないか、その他の処理は行われません。

非固定デバイスをインストールすると、管理者にこれらのデバイスからの緊急通話に関する警告が表示されます。 セルラー機能のない非固定デバイスからの緊急通話は、正確なアドレスを提供しません。

図 3. ECBN 通知
緊急ダイヤル用に表示される ECBN 通知。

RedSky インテグレーションは、希望に応じて非固定デバイスの正確なアドレス情報を提供します。 詳細については、「Webex Calling の RedSky 緊急 911 サービス」を参照してください。

主要なユーザーとは、その直通電話番号が ECBN で別のユーザーに割り当てられている人です。 主要なユーザー/番号が削除された場合、ECBN が使用されているという警告が表示されます。

図 4. ユーザー通知の削除
Control Hub からユーザーを削除するときに表示されるユーザー通知を削除します。

主要なユーザーを削除すると、影響を受け取る ECBN ユーザーのデフォルト値は次のいずれかの値になります。

  1. 割り当てられている場合は、彼らの電話番号。

  2. 彼らが自分の電話番号を持たない場合、ロケーションのデフォルト ECBN。

以下は Webex Calling 緊急コールバック番号サービスに適用されます。

  • Webex Calling は緊急通話の緊急連絡サービス アドレスを知らないか、保管していません。 緊急連絡サービス アドレスは、PSTN プロバイダーにより提供されます。通常、ECBN が受け取る静的マッピングです。

  • 異なるロケーションでの複数の固定デバイスの設定はサポートされていません。 しかし、RedSky は異なるロケーションにある複数の固定デバイスをサポートできます (デバイス機能に基づく)。

  • 933 は北米での緊急テスト コール番号で、Public Safety Answering Point への通話を開始することなく、911 通話設定をテストできます。 多くの PSTN プロバイダーは、ECBN および緊急連絡サービス アドレスを繰り返す IVR を提供しています。

パートナーのヘルプ デスクに問い合わせる

Cisco Calling プランの提供に関するパートナーのハウツーと資料の問い合わせについては、パートナー ヘルプ デスク(PHD)に連絡してください。

PHD 連絡先情報:

  • 北米: 1-844-613-6108

  • EMEA: +44 129 366 10 20

  • アジア太平洋: +61 3 7017 7272

  • メール: webexcalling-phd@cisco.com

Cisco Technical Assistance Center

次のサポートをお求めの場合は、Cisco Technical Assistance Center (TAC) までお問い合わせください。

  • Control Hub 機能の問題

  • コールの停止、コールの問題、サービス停止などのサービスに関する問題

Cisco TAC リソース: