お客様の管理者または パートナーの管理者は、ダイアログフロー エージェントの意図に GetExpert アクションを追加することで、仮想エージェントのチャット エスカレーションを有効にできます。 イン意図は、チャット会話に対する顧客の意図を説明します。

イン意図の使用の詳細については、Google ダイアログフローのイン意図に関するドキュメントを参照してください

顧客がクエリを入力すると、意図がトリガーされます。 目的に GetExpert アクションが含まれている場合、仮想エージェントはチャットをアプリのエキスパートにエスカレーション Agent Desktop。

ダイアログフローで GetExpert アクション トリガーを設定して、仮想エージェントが人のエージェントに対して会話をエスカレーションする必要がある場合の時間を制御できます。

Dialogflow では、次の場合にイン意図をトリガーできます。

  • 顧客は特定のフレーズを入力します。

  • 会話では、特定の顧客情報を利用できます。

  • 顧客はダイアログフロー エージェントが認識できないフレーズを入力します。

  • トリガーされた別の意図の後ろ向きがあります。

ネットワークから事前設定された意図を https:/​/​virtual-assistant.produs1.ciscoccservice.com/​DialogFlow/​escalation.json Dialogflow エージェントのコンソールを使用して、事前設定された意図をアップロードします。 詳細については、Google Dialogflow のドキュメント「Agent Settings」の「エクスポートとインポート」セクションを参照してください。

Google の Dialogflow コンソールにイン意図を使用して Dialog Webex エージェントを作成した後は、ダイアログフロー エージェントと統合するために、Webex Control Hub に仮想エージェントを設定する必要があります。 詳細については、「仮想エージェントの設定(Configure a Virtual Agent in Webex センター)」の項目を参照してください。