始める前に

自動応答する Dialogflow エージェントを構築します。

1

の顧客ビューから [サービス] https://admin.webex.com を選択します。

2

Contact Center カード で [ 機能] を 選択します

3

[新しい仮想> 仮想エージェント] を>] をクリックします

4

[処理する 前に Dialogflow エージェントを作成 する] ページで、以下のいずれかのオプションを選択します。

  • いいえ、私には事前に構成された Dialogflow エージェントはありません: サンプル エージェントをダウンロードし、エージェントをインポートし、カスタマイズできます。
  • はい、私には事前に構成された Dialogflow エージェントがあります: エスカレーション インテント (エージェントへの顧客とのやり取りをエスカレーションする場合) および扱ったインテント (仮想エージェントと顧客との対話を終了し、完了済みとマークするために) の Intents.zip ファイルをダウンロードできます。
5

[次へ] をクリック します。

6

[固有の 名前を入力する] ページ で、以下の情報を入力します。

  • 仮想エージェントに一意の名前を指定する : 仮想エージェントに一意の名前を入力します。 これは必須フィールドです。 Flow Designer で、バーチャル エージェントアクティビティに同じ名前を使用します。
  • Dialogflow Project ID を提供 : (オプション) Google Cloud サブスクリプションにより、Contact Center AI を利用して顧客の Dialogflow Project ID を入力 します。 プロジェクト ID を指定していない場合は、JSON キーのサービス アカウントから Project ID が使用されます。

    このフィールドは、OEM 顧客にのみ適用されます。 OEM 顧客 は、Google Cloud (CCAI) アカウントを利用して、Cisco が作成した Google Cloud Projects (GCP) の音声ボットとチャット ボットを使用するために、Contact Center AI をサブスクライブしています。


 

このフィールドは、OEM 以外の顧客には適用できません。

  • Dialogflow 地域 ID を提供 : (オプション) 同じ地域内でサイゼーションし、データが常駐するために、地域 ID を入力します。 地域 ID を指定していない場合、デフォルトのリージョンはグローバル です 。 有効な地域 ID を入力しない場合、API エラーが発生する場合があります。 サポートされている地域 ID の詳細は、 を参照してくださいhttps://cloud.google.com/dialogflow/es/docs/how/region
7

[次へ] をクリック します。

8

[対話の 完全なインテグレーション ] ページで、JSON ファイルを選択して認証キーをアップロードし、[検証] をクリックし、[次へ] をクリック します


 

Google Cloud プラットフォーム サービス アカウントから JSON として認証キーをダウンロードする必要があります。 詳細は、 を参照してくださいhttps://cloud.google.com/dialogflow/docs/

9

(オプション)[仮想エージェント のアバター] ページ で、仮想エージェントのアバター画像をアップロードし、[次へ] をクリック します

10

[完了] ページで 、[完了] を クリックして 、バーチャル エージェントを作成します。

[機能 ] ページ には、新しく作成された [仮想エージェント] カードが表示されます。 カード の使用 中ラベルには、このバーチャル エージェントを使用するチャット テンプレートの数が表示されます。 ラベルには新しい仮想エージェントに対する 0 が表示されます。