トラブルシューティング でアラートをセットアップするには、フル管理者であり、 バージョン 40.4.0 以上の Webex サイトを持っている必要があります。 読み取り専用の管理者とサポート管理者は、[アラート] タブのみ表示できます。


アラートは Webex Meetings と Webex Teams アプリを通じてミーティングに出席する参加者にたいしてのみトリガーされます。参加者がトリガーするアラートに使用する必要がある最小アプリ バージョンは、次のとおりです。

  • Webex Meetings アプリ バージョン 39.6.5 以上

  • Webex Meetings アプリ バージョン 39.11 以上

  • Webex Teams デスクトップ バージョン 3.0.12427.0 以上

  • Webex Teams Android アプリ バージョン 4.1.6 以上

  • Webex Teams iOS アプリ バージョン 4.3 以上


アラートは、50 名以上の参加者が参加している音声のみの Webex Events、Webex Training セッション、またはミーティングのトリガーは行われません。

VIP ライブ ミーティングの質の問題

このアラートを使用して、進行中のミーティング中に参加者がネットワーク品質の問題を経験しているときを確認します。 蓄積された継続時間または連続した継続時間内で、参加者が任意のネットワーク品質しきい値に達したときに、警告をトリガーとして設定することができます。 参加者がミーティング中にしきい値のひとつに達した場合、アラートの受信者はミーティングの詳細をメールで受け取り、支援を得る必要があるミーティングを容易に見つけ出すことができます。


このアラートは、参加者がしきい値に達した各ミーティングについて、1 通のメールを送信します。

VIP Live Meeting Quality Issue アラートの追加

組織ごとに最大 10 件の VIP Live Meeting Quality Issue アラートを追加できます。 各アラートは最大で 30 名の VIP ユーザーを監視できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [トラブルシューティング] に移動し、[アラート] を選択します。

2

[管理] タブで、[アラートの追加] をクリックします。

3

アラートの名前を入力し、[VIP ライブ ミーティング品質の問題] を選択します。

4

[有効にする] スイッチをオンにトグルして、アラートのメールを受信します。

5

[VIP ユーザー] セクションで、監視するユーザーのメール アドレスを入力します。

6

[ルール] セクションで、待ち時間、ジッター、パケット損失しきい値および蓄積された継続時間および連続する時間を設定します。

7

[受信者] タブで、アラート メールを受信する人のメール アドレスを入力します。

8

[追加] をクリックします。

アラートが削除される前にトリガーされた 30 日間のアラートの詳細を表示することができます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [トラブルシューティング] に移動し、[アラート] を選択します。

2

アラートをクリックすると、その詳細が表示されます。


 

[CSV としてエクスポート] をクリックして、CSV ファイルとして履歴のすべてのアラートのリストを取得することもできます。