発信通話の権限

ロケーションの各通話タイプの既定の通話権限を定義することができます。 例えば、通話権限ブロックを使用して ユーザーがサンノゼの ロケーションで長距離通話を行うことを防ぐことができ ます。

認証コードと転送番号は、適用する前に設定する必要があります。

各通話タイプについて、以下を選択することができます。

  • 許可—この場所の発信者は、これらのタイプの通話を行うことができます。

  • ブロック—この場所の発信者は、これらのタイプの通話を行うことができません。

  • 認証コードを要求する—発信者はダイヤルする前に、設定した認証コードを入力する必要があります。

  • 番号1、2、3に転送—これを選択すると、これらのタイプの通話は選択した番号に自動的に転送されます。

デフォルトの通話タイプ値

以下はデフォルトの通話タイプ値です。

通話タイプ

デフォルトの設定

転送/転送が有効になっています

内部

許可する

はい

市内

許可する

はい

無料通話番号

許可する

はい

市外通話番号

許可する

はい

国際電話番号

ブロック

いいえ

オペレーターアシスタンス

許可する

はい

課金対象のディレクトリアシスタンス

許可する

はい

特殊サービス I

許可する

はい

スペシャルサービス II

許可する

はい

プレミアムサービス I

ブロック

いいえ

プレミアムサービス II

ブロック

いいえ

通話タイプの通話許可を変更する

1

Https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ https://admin.webex.com/サービス] に移動し、次に 電話を選択します。

2

通話タイプを更新する場所を選択します。

3

[ 通話設定の通話を発信する] を選択し > > ます。

4

アップデートする通話タイプを選択し、アップデートを行い、[保存] を選択し ます。

認証コードを追加する

1

Https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ https://admin.webex.com/サービス] に移動し、次に 電話を選択します。

2

認証コードを追加する場所を選択します。

3

[ 通話設定の通話を発信する] を選択し > > ます。

4

[ 認証コード] を選択し、[コードの追加] をクリックし ます。

5

追加する説明とコードを入力します。

6

[追加] を選択します。

認証コードを削除する

1

Https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ https://admin.webex.com/サービス] に移動し、次に 電話を選択します。

2

認証コードを削除する場所を選択します。

3

[ 通話設定の通話を発信する] を選択し > > ます。

4

[ 認証コード] を選択し削除する認証コードの隣にある [x] をクリックし て、[削除] をクリックし ます。

自動転送番号を追加する

最大3つの自動転送番号を追加できます。

1

Https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ https://admin.webex.com/サービス] に移動し、次に 電話を選択します。

2

自動転送番号を追加する場所を選択します。

3

[ 通話設定の通話を発信する] を選択し > > ます。

4

自動転送番号を選択し、転送番号を入力して、[保存] を選択し ます。

自動転送番号を削除する

1

Https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ https://admin.webex.com/サービス] に移動し、次に 電話を選択します。

2

自動転送番号を削除する場所を選択します。

3

[ 通話設定の通話を発信する] を選択し > > ます。

4

[ 自動転送番号] を選択し削除する番号の隣の x をクリックして、 [削除] を選択し ます。