マルウェア対策の保護

拡張セキュリティパックを使用すれば、Webex にアップロードされるファイルのマルウェア対策スキャンを有効にできます。 Webex のマルウェア対策では、Cisco Talos ClamAV の機能を利用しています。

ユーザーが Webex でファイルをアップロードすると、ファイルに対してマルウェアスキャンが実行され、ファイルが感染している場合は、ファイルをダウンロードしたりプレビューしたりできなくなります。 ファイルが最初にアップロードされると、評価のために自動的に検疫され、ユーザーは評価期間中にファイルをダウンロードまたはプレビューすることができません。

サポートされるアプリのバージョン

マルウェア対策は、次のバージョンの Webex でサポートされています。

  • Windows 版 Webex 3.0.14375.0 以降

  • Mac 版 Webex 3.0.14375.0 以降

  • iPhone または iPad 版 Webex 4.9 以降


ユーザーが古いバージョンの Webex アプリまたは Android 版 Webex を使用してファイルをアップロードした場合、ファイルのスキャンが実行されます。ユーザーは感染したファイルをダウンロードすることはできませんが、ファイルが感染していることを示すエラーメッセージは表示されません。

注意点

  • マルウェア対策スキャンを有効にした後にアップロードしたファイルのみがチェックされます。 マルウェア対策スキャンを有効にする前に、スペースにアップロードされたファイルはマルウェアをスキャンしません。

  • 組織が所有するスペースで、マルウェア対策保護のない別の組織の参加者がいる場合、アップロードされたすべてのファイルをスキャンします。 これには、グループ スペースにアップロードされたファイル、または他の 1 人の参加者だけのスペースが含まれます。

  • マルウェア対策保護のない組織によって所有されるスペースについては、次のようになります。

    • 組織のユーザーによってアップロードされたファイルは、マルウェアをスキャンします。 これには、グループ スペースにアップロードされたファイル、または他の 1 人の参加者だけのスペースが含まれます。

    • グループスペースでは、マルウェア対策保護をしていない組織のユーザーがアップロードしたファイルはスキャンされません。 しかし、マルウェア対策保護をしている組織のユーザーがファイルをダウンロードしようとすると、その時点でスキャンが実行され、その後でダウンロードが許可されます。 マルウェア対策保護をしている組織のユーザーは、常にマルウェアから保護されます。

マルウェア対策の保護を有効にする

1

https://admin.webex.com/ の顧客ビューから、[サービス] に移動して、[メッセージ] カードにアクセスして、[設定] をクリックします。

2

[マルウェア対策ファイルのスキャン] までスクロールして、 ウイルスとマルウェアの保護を有効にします。

マルウェア対策スキャン履歴を表示する

1

https://admin.webex.com/ の顧客ビューから、[サービス] に移動して、[メッセージ] カードにアクセスして、[設定] をクリックします。

2

[マルウェア対策ファイルのスキャン] までスクロールして、日付範囲を選択します。

  • 最終日
  • 先週
  • 先月
  • 最近 3 か月
  • カスタマイズ

この期間中にスキャンされたファイルの数、および感染している数を示す要約が自動的に表示されます。

3

[CSV のダウンロード] をクリックして、スキャンされたファイルの詳細と結果をダウンロードします。