ウォーター マーク
2021年2月18日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

Webex Room デバイスまたは Webex Call IP 電話を Webex に登録できない

Webex エンドポイントまたは電話を Webex に登録できないときは、ほとんどの場合ネットワークに問題があります。 よくある原因は、デフォルト設定で Meraki ルーターやセキュリティ アプライアンスを使っていることです。

Webex Room デバイスまたは Webex Call IP 電話をシスコに登録できません。

電話を Webex Call に登録できません。

Webex Room デバイスを登録できません。

 

電話、TelePresence デバイス、Cisco Webex ATA デバイスを Webex に登録しようとすると、次のようなエラーが発生する場合があります。

考えられる原因:
  • 顧客がネットワーク上で Meraki セキュリティデバイスまたはルーターを使用している可能性があります。
    • これは通常 Meraki ルーターまたはセキュリティアプライアンスデバイスにより発生します。これらは DHCP サーバーとして機能する際に、DHCP オプション 42 が適用され、ネットワークの NTP サーバーとして自身の IP アドレスを公開します。 しかし、これらのデバイスは実際にはネットワークで到達可能な NTP サーバーとして機能しないため、Cisco 7800 および 8800 シリーズの電話などのデバイスが時刻をアップデートするために Meraki デバイスへの接続を試みても、アクセス可能な NTP サーバーが存在せず、接続に失敗します。
  • デバイスは NTP サーバーに到達できず、時間を正しい日時に設定できません。
    • これは通常、次のいずれかの理由によります
      • NTP (デバイスからインターネットへの UDP ポート 123) がネットワーク、ファイアウォール、またはルーターによってブロックされている。
      • ネットワークの DHCP サーバーが オプション 42で使用不可能な NTP サーバーをブロードキャストしている。
解決方法

顧客のネットワークに Meraki セキュリティが設定されている場合:

エラーを回避する方法の 1 つとして、有効な NTP サーバーの IP アドレスを公開するよう、Meraki デバイスを再設定します。 最初にコマンド nslookup 0.tandberg.pool.ntp.org を実行して、DNS サーバーから返される最初の IP アドレスをコピーすることをお勧めします。 その後、Meraki のドキュメントの指示に従ってオプション 42 のカスタム DHCP オプションの値を設定し、電話またはエンドポイントをリブートします。 デバイスの再起動後、デバイスが DHCP サーバーに IP アドレスを照会し、新しい NTP サーバーの IP アドレスを受信して接続し、時間を更新すると、通常のアクティベーションシーケンスを続行できるようになります。

NTP(UDP ポート 123)がブロックされている場合

この場合は顧客のネットワーク、ファイアウォール、セキュリティの管理チームで解決する必要があります。

回避方法としては、デバイスのファームウェアを最新の Webex 互換バージョンに手動で更新します。 これは upgrade.cisco.com での説明に従って実施することができます。 2016年10月15日の時点で、upgrade.cisco.com は 7800 シリーズ、8800 シリーズ、および DX シリーズのデバイスしか対象にしていないことに注意してください。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事

×