プライバシー機能を使って、エージェントは通話中に機密情報の録画を一時停止することができます。 この機能は、クレジットカードやソーシャル セキュリティ番号などの顧客情報を保護します。 通話の録画が一時停止になりますが、継続時間、ダイヤル番号、ルーティング パス、および他の関連情報などの通話のメタデータは、引き続き、コンタクト センター データベースに記録されます。

プライバシー保護保護を有効または無効にするには:

1

で顧客組織にログインします https://admin.webex.com

2

[サービス] > Contact Center > セキュリティ>します。

3

[プライバシープライバシー プライバシー] セクションで 、トグル ボタンを使用してプライバシー機能を有効または無効にします。 既定では、プライバシー保護機能が有効になっています。 この機能を無効にすると、エージェントは通話中に機密情報の録画を一時停止することはできません。 キューの [一時停止/再開の有効化] が管理ポータルで有効になっていない場合にのみ、この設定を検討してください ( Provisioning > Entry Points/Queues > Queue/Outdial Queue > Advanced Settings)。

Webex Contact Center は、次のファイル拡張子を持つ添付ファイルをサポートします。

.html .mhtml .mhtml .odt .pdfxml .rtf .shtml .xps .xml .xhtml .txt .eml .msg .ods .dothtml .dotx .dotm .pothtml .ppthtml .pptmhtml .pptxml .. ポーム .pps .ppsm .ppsm .ppsm .ppsx .pptx .pptm .pub.pubhtml .pubmhtml .xlshtml .xlshtml .xlthtml .xlthtml .xlt.xlsm .htmltm .x pubtm .xlsb .xlsx


  • 埋め込み画像は添付ファイルではサポートされていません。

  • 最大で 10 ファイルの送受信が可能です。 ファイルの合計サイズは 25 MB 未満である必要があります。 メールの添付ファイルが 25 MB を超えると、いくつかの添付ファイルがファイル サイズの制限内に残り、エージェントに割り当てられます。

チャットとメールの添付ファイルを有効または無効にするには:

1

で顧客組織にログインします https://admin.webex.com

2

[サービス] > Contact Center > セキュリティ>します。

3

[チャットと メール添付ファイル] セクション で、トグル ボタンを使用して機能を有効または無効にします。 この機能を無効にすると、エージェントはチャットまたはメールで添付ファイルを送受信できません。


 

デフォルトでは、[チャットとメール の添付ファイル] 切 り替えボタンが有効になっています。

チャットとメールのやり直しと削除を設定するには:

1

で顧客組織にログインします https://admin.webex.com

2

[サービス] > Contact Center > セキュリティ>します。

3

[チャットとメールのセキュリティ設定] セクションで、[Redact] または [Drop drop ラジオ ボタン。 デフォルトでは Redact 選択されています。

  • やり直し: チャットやユーザー情報コンテンツから機密情報をマスクします。

    次のルールが Redact に適用されます。

    もし 'それから

    機密情報は受信または送信メールで検出されます (件名、本文、または添付ファイル)

    • 特定のコンテンツは件名とメール本文から変更されます。

    • 機密情報を含む添付ファイルがドロップされます。

    • 送信者は、アクションが強制されたと警告されます。

    機密情報はメッセージ内チャット メッセージ検出されます (本文または添付ファイル)

    • コンテンツが送信される前に、再処理されます。 送信者と受信者は、更新されたコンテンツしか利用できません。

    • 機密情報を含む添付ファイルがドロップされます。

    • 送信者は、アクションが強制されたと警告されます。

  • ドロップ: 機密情報を含むチャットおよびメールメッセージをブロックします。

    ドロップには次のルールが適用されます:

    もし

    方法

    機密情報は受信または送信メールで検出されます (件名、本文、または添付ファイル)

    • メールと添付ファイルがドロップされます。

    • ポリシー違反により配信が失敗したという警告が送信者に表示されます。

    チャット メッセージ中に機密情報が検出されました (本文または添付ファイル)

    • メッセージと添付ファイルがドロップされます。

    • 削除が強制されたという警告が送信者に表示されます。

4

[チャット セキュリティ バナー] セクション で、トグル ボタンを使用して機能を有効または無効にします。

この機能を有効にするときに、システムはチャットに対して次のセキュリティ バナー メッセージを表示します。 チャットメッセージや添付ファイル中の個人情報や機密情報を共有したり、

コンテンツセキュリティポリシーを使って、Webex Contact Center アプリケーションからアクセスできる信頼できるドメインの許可リストを定義することができます。 これは、ブラウザが施行するコンテンツセキュリティポリシーフレームワークへの準拠を保証するのに役立ちます。 コンテンツセキュリティポリシーの詳細は、 を参照してくださいhttps://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/HTTP/CSP

許可リストに信頼済みドメインを追加するには:

1

で顧客組織にログインします https://admin.webex.com

2

[サービス] > Contact Center > セキュリティ>します。

3

[コンテンツ セキュリティ ポリシーの許可リスト] セクション で、アクセスする必要があるウェブ リソースのドメインを入力します。

4

[追加] をクリックします。

ドメインが [登録済みドメイン] リストに表示 されます。


 
  • ドメインを削除するには、ドメイン名の x マークをクリックします。 灰色でタグが付けられたドメインは必須であり、削除できません。

  • エージェント デスクトップが組織の別のドメインの iFrame に埋め込まれている場合、コンテンツ セキュリティ ポリシーの許可されたリストにドメインを追加します。 許可されたリストにドメインを追加した後、エージェント デスクトップが iFrame 内で読み込むには 10 分かかります。 変更を表示するには、エージェント デスクトップを再ロードするか、再度サインインすることができます。

この記事では、ファイアウォールで許可する必要があるソース IP アドレスをリストします。 この構成では、Webex Contact Center は、ファイアウォールを通じて、オンプレミスでホストされた外部サービスにネットワーク通話を行います。 この設定は、Flow Designer HTTP ノードや外部 Webhooks などのさまざまな使用事例に適用されます。

これらの IP アドレスは、ソースとして Webex Contact Center のリストを許可する必要がある顧客用です。 この設定は、データセンターから発信され、ネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイを通してインターネットを経由して発信されるすべてのネットワーク通話に適用されます。 データセンターへのインバウンド要求はロードバランサを通じ、IP アドレスは動的なので、送信先アドレスとして Webex Contact Center の IP アドレスを指定しません。

各データセンターで次の IP アドレスが定義されます。 使用する国によってソース IP アドレスは異なります。 サポートされているデータセンターの詳細については、Webex Contact Center のデータ の地域の記事を参照 してください。


この記事は Webex Contact Center のソース IP アドレスについてのみです。 エージェント デスクトップに必要なドメインの詳細については、「Cisco Webex Contact Center セットアップおよび管理ガイド」の「デスクトップに必要なドメイン アクセス」セクションを参照してください。

データセンター

ソース IP アドレス

アメリカ

  • 44.198.116.6

  • 52.2.206.209

  • 34.233.169.210

  • 35.171.39.86

  • 52.71.229.67

  • 18.204.155.101

イギリス

  • 18.133.42.169

  • 18.132.81.121

  • 18.170.240.71

オーストラリア

  • 13.55.204.113

  • 52.65.175.133

  • 3.105.244.46

ドイツ

  • 3.67.159.214

  • 3.65.95.10

  • 3.69.237.238

カナダ

  • 35.182.112.71

  • 15.223.110.6

  • 15.223.82.211