• 既存のユーザのライセンスを更新するには、これらの手順を完了したら、ユーザを Control Hub の管理ポータルに同期する必要があります。 [サービス] > [Contact Center] > [設定] > [一般] に移動して、[ユーザの同期] をクリックします。

  • 管理ポータルの [ユーザ(Users] モジュールでライセンスを更新してください。

  1. URL を使用して Control Hub にログイン https://admin.webex.com
  2. ナビゲーション ペインの [サービス(Services] セクションで、[サービスの詳細(General >の設定>センター>選択します。
  コマンドまたはアクション 目的
1

URL を使用して Control Hub にログインhttps://admin.webex.com

2

ナビゲーション ペインの [サービス(Services] セクションで、[サービスの詳細(General >の設定>センター>選択します。


過去に電子メールアドレスを使用したユーザを追加して Webex のトライアルアカウントを作成する場合は、顧客組織に追加する前に、その組織を削除してください

1

Control Hub 上の顧客組織に ログインします

2

[ユーザ( Users) に移動 し、[ユーザの管理( Manage Users] をクリックします)。

3

手動でユーザ の追加または変更を選択し、[ 次へ(Next] をクリック します)。

4

次のいずれかの手順を実行します。

  • 新しいユーザの電子メール アドレスだけを入力する場合は、[電子メール アドレス] ラジオ ボタン 選択します。
  • 新しいユーザの名前と電子メール アドレスを入力する 場合、[名前と電子メール アドレス] ラジオ ボタンを 選択します。 新しいユーザの最初の名前、名、および電子メール アドレスを入力します。

     

    この画面では、最大 25 名のユーザの詳細を追加できます。 別のユーザの詳細を追加するには、[電子メール アドレス] フィールドの横にあるプラス(+)アイコン をクリック します。

5

追加する新しいユーザの詳細を入力した後、[次へ(Next] をクリック します)。

6

ユーザにライセンスを割り当 てるには、[Contace Center ] チェックボックスをオンにして、エージェントに割り当てるライセンス タイプを選択します。 使用可能なライセンス タイプは次のとおりです。

  • 標準エージェント:このライセンス タイプを選択して、ユーザに標準エージェント機能を提供します。
  • [エージェント(Agent)]:ユーザに高品質のエージェント機能を提供するには、このライセンス タイプを選択します。 次のいずれかを実行します。
    • エージェント: ユーザに高品質のエージェント機能を提供する場合は、このオプションを選択します。

    • スーパーバイザ: ユーザにスーパーバイザ ロールを提供するには、このオプションを選択します。

  • 管理者は、次のいずれかを実行します。
    • 新しいユーザに対する高品質エージェント のライセンスを持つユーザを作成します。 管理者ロールの [ユーザの>に移動します。 [組織管理者] チェックボックスを オンにします。 [完全な管理者 ] ラジオ ボタン をクリックします。

    • 既存のユーザの場合、[ユーザの詳細(User Details] ページからユーザ を選択 します。 管理者ロールの [ユーザの>に移動します。 [組織管理者] チェックボックスを オンにします。 [完全な管理者 ] ラジオ ボタン をクリックします。

    • Contact Center サービスの管理者は、[ユーザの詳細(User Details>に移動します。 管理者ロールの [ユーザの>に移動します。 [組織管理者] チェックボックスを オンにします。 Contact Center サービス管理者 チェックボックスを クリックします。

    • 管理者権限を削除するには、[管理者ロール(Administrator roles] をクリックします。 管理者 の役割に基 づいて、組織の管理者 または コンタクト センター サービス管理者のチェックを外します。

7

[保存(Save)]をクリックします。

ユーザが招待メールを受け取り、組織の Webex します。

デフォルトのユーザ プロファイルでは、Contact Center のライセンスまたは Webex を持つユーザに対して、Contact Center の機能にアクセスできます。 ユーザ プロファイルの詳細については、「Cisco Webex Contact Center セットアップおよび管理ガイド」の「ユーザ プロファイル」セクションを参照してください


過去に電子メールアドレスを使用したユーザを追加して Webex のトライアルアカウントを作成する場合は、顧客組織に追加する前に、その組織を削除してください

1

Control Hub 上の顧客組織に ログインします

2

[ユーザ( Users) に移動 し、[ユーザの管理( Manage Users] をクリックします)。

3

手動でユーザ の追加または変更を選択し、[ 次へ(Next] をクリック します)

4

次のいずれかの手順を実行します。

  • 新しいユーザの電子メール アドレスだけを入力する場合は、[電子メール アドレス] ラジオ ボタン 選択します。
  • 新しいユーザの名前と電子メール アドレスを入力する 場合、[名前と電子メール アドレス] ラジオ ボタンを 選択します。 新しいユーザの最初の名前、名、および電子メール アドレスを入力します。

     

    この画面では、最大 25 名のユーザの詳細を追加できます。 別のユーザの詳細を追加するには、[電子メール アドレス] フィールドの横にあるプラス(+)アイコン をクリック します。

5

追加する新しいユーザの詳細を入力した後、[次へ(Next] をクリック します)。

6

ユーザにライセンスを割り当てる には、[ライセンスされたエージェント(Licensed agent] チェックボックスをオンにして、エージェントに割り当てるライセンス タイプを選択します。 使用可能なライセンス タイプは次のとおりです。

  • 標準エージェント:このオプションを選択すると、ユーザに標準エージェント機能が提供されます。
  • [高品質エージェント(Agent)]:ユーザに高品質のエージェント機能を提供するには、このオプションを選択します。
  • [エージェント - スーパーバイザ ロール(Agent - Supervisor Role)]:ユーザにスーパーバイザ ロールを提供するには、このオプションを選択します。
7

(オプション)コンタクト センター内のユーザに管理者権限を割り当 Webex、管理者チェックボックスオンにします。


 
前の手順で [エージェント - スーパーバイザ ロール(Agent - Supervisor Role] を選択した場合、[管理者] チェックボックスは無効になります。

[管理者] チェックボックスを オンに した場合は、ステップ 8 に進みます。

8

完全な管理者または Contact Center サービス管理者の役割のいずれかをユーザに割り当てるには、次のいずれかを実行します。

  • 完全な権限を持つ管理者は、[ユーザの詳細(User Details >に移動します。 [完全な管理者 ] ラジオ ボタン をクリックします。

  • Contact Center サービスの管理者は、[ユーザの詳細(User Details>に移動します。 Contact Center サービス 管理者チェックボックスを オンにします。

すべての Control Hub 管理者ロールの Contact Center 固有の権限については、「連絡先センター用の管理者ロール」の項目を Webex してください

9

[保存(Save)]をクリックします。

ユーザが招待メールを受け取り、組織の Webex します。

デフォルトのユーザ プロファイルでは、Contact Center のライセンスまたは Webex を持つユーザに対して、Contact Center の機能にアクセスできます。 ユーザ プロファイルの詳細については、「Cisco Webex Contact Center セットアップおよび管理ガイド」の「ユーザ プロファイル」セクションを参照してください

はじめる前に

組織に複数の CSV ファイルが存在する場合は、ファイルをアップロードします。 タスクが完了したら,次のファイルをアップロードできます。


一部のスプレッドシートエディタでは、.csv を開いた際にセルから + 記号が削除されます。 テキスト エディタを使用して .csv を更新できます。 エディタを使用する場合は、セル形式をテキストに設定してから、+ 記号を 追加 します。

1

アプリのカスタマー ビューから、[ユーザ(Usershttps://admin.webex.com/ユーザの管理] をクリックし、[ユーザの追加または変更 CSV を選択します。

2

[エクスポート(Export] をクリックしてファイルをダウンロードし、CSV ファイルの新しい行にユーザ情報を入力して、次のいずれかのライセンスを設定します。

  • 標準エージェントの場合は、[コンタクト センター標準(Webex 標準( Contact Center Standard) カラムを TRUE に設定します
  • 高品質エージェントの場合は、[コンタクト センター のWebex の列を TRUE に設定します。 システムは、ユーザにエージェント ロールを割り当てる。


     

    標準列と高品質カラム両方が FALSE に設定されている場合、システムはコンタクト センターの Webex を削除します。

  • スーパーバイザまたは管理者の役割を追加するには、[ユーザの手動追加(Add Users in Webex Contact Center] セクションで説明に従って、役割を手動で更新します。

3

[インポート] をクリックしてファイルを選択し、[開く] をクリックします。

4

システムが CSV ファイルをアップロードした後、下にスクロールして [サービスの追加のみ] または [サービスの追加と削除] のいずれかを選択して、[送信] をクリックします。

5

インポートが完了したら、[タスク] ダイアログボックスを閉じます。

6

ユーザを Webex コンタクトセンターの管理ポータルに同期します。 連絡先センターの [サービス> 設定(>般>に移動し、[ユーザの同期] をクリックします

7

管理ポータルでエージェントの詳細をアップロードします。 詳細については、「Cisco Webex Contact Center 管理ポータル ユーザ ガイド」の「エージェント テンプレートの更新とアップロード」セクションを参照してください