マイ テレフォニーのコマンドが機能しません

マイ テレフォニーのコマンドが機能しません。

DTMF トーンが認識されません。

Webex が DTMF コマンドを認識しません。

変更:

この変更は、主催者だけが参加者のミュートおよびミュート解除をできるようにするためのものです。 この変更に関連するその他のバックエンドの強化も行われ、ミーティングの安定性が高められています。

解決方法:

Dual-Tone Multi-Frequency(DTMF)コマンドは、Cisco Webex Training 用にスケジュールされたミーティングでは利用できなくなりました。 これは、*6を使用してミュートおよびミュート解除し、**を使用してDTMFメニューを操作する等の操作は、会議がウエブ セッションと関連付けられている場合は機能しなくなることを示します。 すべての結インテグレーションされた電話会議において、GUI を主要なコントロール インターフェイスとすることを意図しています。 これによって、DTMF コマンドを主な制御方法として使用していた一部のお客様に問題が発生することを認識しています。

音声のみの会議の機能には変更がありません。(大半が PCN アカウントを使うような)Webex ミーティングに関連付けられていないスタンドアロン会議では、引き続き標準の DTMF コマンドを使用します。

メモ: 電話で *6 を押す機能は Webex Meetings と Webex Events の Webex 音声ユーザーが利用できます。 DTMF コマンドが機能しない場合、サイト管理者は次のオプションを有効にする必要があります。
 

サイト管理者のみ

  1. Cisco Webex Meetings サイト管理ページにログインします。 (例: サイト名.webex.com/admin.php)
  2. [設定] > [共通サイト設定] > [オプション] の順にクリックします。
  3. [サイト オプション] セクションで [ユーザーが*6 を押して電話の音声をミュートまたはミュート解除できるようにする] チェック ボックスをオンにします。
  4. ページ最下部までスクロールして、[更新] をクリックします。

Control Hub 管理者のみ

  1. [コントロール ハブの管理] ページにログインします。(https://admin.webex.com)
  2. [ミーティング] を左のナビゲーション バーにある [サービス] の下から選択します。
  3. 変更を加えるサイトを選択し、右側のポップアップから [サイトの設定] ボタンを選択します。
  4. [共通設定] の下で、[サイト オプション] をクリックします。
  5. [ユーザーが *6 を押して電話の音声をミュートまたはミュート解除する] ボックスをオンにします。
  6. ページ最下部までスクロールして、[更新] をクリックします。
この投稿記事は役に立ちましたか?