Webex はビデオ システムからミーティングに参加しようとすると、「SIP 599 Incoming call denied」を返します

エラー: ビデオ デバイスからミーティングに参加しようとするときに、「SIP 599 着信が拒否されました」

私は、はビデオ システムからミーティングに参加しようとすると、「SIP 599 Incoming call denied」を返します。

コール履歴が SIP 599 応答で Webex へのコールを示す理由は?

私の SIP または H.323 ビデオ デバイスかクライアントから Webex Meetings に接続できない理由は?

マイ IP アドレスが Webex によりブロックされるかどうかをチェックするには?

Cisco Webexは複数のツールを使用してクラウドインフラストラクチャとサービスを攻撃や不正使用から保護します。それは顧客のミーティングにネガティブな影響を与える可能性があります。 この取り組みの一環として、Cisco Webex はサードパーティのブロックリストを利用して、着信 (Prem から Webex へ行く通話)

からの IP アドレスをこれらのブロックリストと比較します。着信がブロックリストに一致する場合、呼び出しは「着信が拒否されました」という理由のテキストとともに SIP 応答コード 599 で拒否されます。 同じ IP アドレスを使用するかしないに関関わない場合でも、同じ通話が続く再試行はブロックされます。

IP アドレスがブロックリストの 1 つをヒットしているか確認するには、次のページのチェック ユーティリティを使用できます。 

メモ: IP アドレスが 1 つ、または複数の IP アドレスによってのみブロックされ、異なる IP アドレスで異なるデバイスを通過した場合でも、通話が失敗する場合があります。

通話が通過する可能性があるインターネットアクセス可能な IP アドレスを確認し、上記のページのチェックツールを使用してブロック解除を要求してください。 たとえば、Cisco Expressway-Edge (Expressway-E) クラスターを使用している場合、すべての外部 IP アドレスを確認します。通常、LAN2 IP アドレス、または静的 NAT IP アドレスと呼ばれます。 ブロックリスト プロバイダーにより、IP アドレスがブロック解除されたと確認した後、新しい通話を試行する前に、キャッシュ サービスの有効期限が切れるまで 1 時間まで許可してください。

問題が解決しない場合は、管理者にテクニカル サポート。 ヘルプについては次を参照してください: WBX162 - Webex カスタマー サービスまたはテクニカル サポートに連絡するには?

この投稿記事は役に立ちましたか?