専用インスタンス分析

専用インスタンス分析および可視化機能により、通話の全体的な品質とエンドポイント使用状況の詳細を監視できます。 専用インスタンス分析の可視化およびレポートを使用すると、パートナーおよび顧客に対して通話デバイスのセットアップ、効率、全般的使用に関するインサイトが得られます。 パートナーと顧客は、このインサイトとレポートを使用して、意思決定を促進できます。

フル管理者、読み取り専用管理者、または組織のサポート管理者として、展開に応じて Control Hub のさまざまなレポートにアクセスすることができます。 この情報を使って、組織内で専用インスタンス サービスとデバイスがどのように、どのくらいの頻度で使用されているかを評価できます。 分析を使用すれば、クラウド コラボレーション ポートフォリオのサービスを追跡、測定できます。

これらのレポートは PDF、PNG、または CSV 形式でエクスポートできます。

専用インスタンス分析には、すべてのカテゴリの概要カードが表示されます。 専用インスタンス分析カードは次に基づいて分類されます。

サービス エクスペリエンス

サービス エクスペリエンス ダッシュボードを使って、通話数、場所、または通話時間に基づいて、サービス品質の分布とトラフィックの傾向を分析することができます。


CMR は Severely Concealed Seconds (SCS) 値を指定する必要があります。 これは、通話の品質の格付けのために必要です。

このデバイス詳細は、専用インスタンスから収集され、通話品質の詳細は、CDR から取得されます。

通話音量のステータス

1

Control Hub の顧客ビューから、[分析] > [Calling] > [専用インスタンス] に移動します。

[分析の概要] ページが表示されます。

2

[サービス エクスペリエンス] ダッシュボード に移動します。

3

[呼び出し音量ステータス] カードをクリックして、通話の試行、成功、失敗、ドロップした通話の完了に関する情報を表示します。

表示されるページで、選択したフィルターを使って、選択したフィルターを使ってグラフをビジュアル化することができます。 詳細については、「専用インスタンス分析チャート」を参照してください。

通話音質

1

Control Hub の顧客ビューから、[分析] > [Calling] > [専用インスタンス] に移動します。

[専用インスタンスの概要] ページが表示されます。

2

[サービス エクスペリエンス] ダッシュボード に移動します。

3

[通話音質] カードをクリックして、通話品質に関する情報を表示します。

表示されるページで、選択したフィルターを使って、選択したフィルターを使ってグラフをビジュアル化することができます。 詳細については、「専用インスタンス分析チャート」を参照してください。

資産の使用状況

[資産の使用状況] ダッシュボードには、組織のエンドポイントとヘッドセットの使用状況のチャートが表示されます。

これに関する CDR、CMR、デバイス詳細は、[専用インスタンス] から収集されます。

エンドポイントを使用しない通話は、資産の使用状況チャートに表示されることも、含まれることもありません。 たとえば、トランク間または会議ブリッジなどです。 そのため、[資産の使用状況] チャートは、[専用インスタンス] クラスターの SME タイプのデータは表示しません。

通話数の傾向

1

Control Hub の顧客ビューから、[分析] > [Calling] > [専用インスタンス] に移動します。

[専用インスタンスの概要] ページが表示されます。

2

[資産の使用状況] ダッシュボードに移動します。

3

[通話数の傾向] カードをクリックして、選択した [専用インスタンス] クラスターのエンドポイントに関連するチャートを表示します。

表示されるページで、選択したフィルターを使って、選択したフィルターを使ってグラフをビジュアル化することができます。 詳細については、「専用インスタンス分析チャート」を参照してください。

通話継続時間の傾向

1

Control Hub の顧客ビューから、[分析] > [Calling] > [専用インスタンス] に移動します。

[専用インスタンスの概要] ページが表示されます。

2

[資産の使用状況] ダッシュボードに移動します。

3

[通話継続時間の傾向] カードをクリックすると、エンドポイントとヘッドセットが関連した通話の継続時間に関する情報を示すチャートが表示されます。

表示されるページで、選択したフィルターを使って、選択したフィルターを使ってグラフをビジュアル化することができます。 詳細については、「専用インスタンス分析チャート」を参照してください。

トラフィック分析

[トラフィック分析] ダッシュボードは、[通話トラフィック ロケーション][通話トラフィック分析] に関連するチャートを表示します。

[通話トラフィック ロケーション] は、コール許可コントロール (CAC) のロケーションに基づいて分類された資産によって処理される通話の分布を表示します。一方、[通話トラフィック分析] は、さまざまな通話タイプに基づいて分類された資産によって処理される通話の分布を表示します。

通話トラフィック ロケーション

1

Control Hub の顧客ビューから、[分析] > [Calling] > [専用インスタンス] に移動します。

[専用インスタンスの概要] ページが表示されます。

2

[トラフィック分析] ダッシュボードに移動します。

3

[通話トラフィック ロケーション] カードをクリックして、コール許可コントロール (CAC) のロケーションに基づく通話分布に関する情報を表示します。

表示されるページで、選択したフィルターを使って、選択したフィルターを使ってグラフをビジュアル化することができます。 詳細については、「専用インスタンス分析チャート」を参照してください。

通話トラフィック分析

1

Control Hub の顧客ビューから、[分析] > [Calling] > [専用インスタンス] に移動します。

[専用インスタンスの概要] ページが表示されます。

2

[トラフィック分析] ダッシュボードに移動します。

3

[通話トラフィック分析] カードをクリックして、通話タイプに基づいた通話分布分析に関する情報を表示します。 サポート対象の通話タイプは、P2P、ICT、SIP トランク、電話会議、MGCP、ボイス メール、ハント グループ、Webex Meetings、ハイブリッド通話です。


 

通話を ICT タイプとして分類するには、テレメトリ モジュールがトランクの宛先ノードにインストールされている必要があります。

通話がサポート対象のどの通話タイプとしても認識されない場合は、未分類とマークされます。

サポートされている通話タイプ、ハント、Webex、電話会議、ボイスメールから、PII を有効にする必要があります。

表示されるページで、選択したフィルターを使って、選択したフィルターを使ってグラフをビジュアル化することができます。 詳細については、「専用インスタンス分析チャート」を参照してください。

容量分析

[容量分析] ダッシュボードは、[トランクの使用状況] に関連する分析チャートを表示します。

[トランクの使用状況] 分析チャートは、通話マネージャー内で設定されているすべてのトランク タイプから上位 5 つのトランクについて、トランクの使用状況に関する情報を表示します。

トランクの使用状況

1

Control Hub の顧客ビューから、[分析] > [Calling] > [専用インスタンス] に移動します。

[専用インスタンスの概要] ページが表示されます。

2

[容量分析] ダッシュボードに移動します。

3

[トランクの使用状況] カードをクリックして、通話マネージャー内で設定された全トランク タイプのトランクの使用状況に関する情報を表示します。

表示されるページで、選択したフィルターを使って、選択したフィルターを使ってグラフをビジュアル化することができます。 詳細については、「専用インスタンス分析チャート」を参照してください。

[トランクの使用状況] は、通話数と通話継続時間による [トランク ピーク利用率] 表も表示します。 トランクを選択し、[最大同時通話数を設定] をクリックして、同時通話の最大数を設定できます。


トランク ピーク利用率

特定のトランクと複数のトランクに対する最大同時通話数を設定できます。

特定のトランクに対して最大同時通話数を設定するには、そのトランクに許可されている [アクション] のオプション メニューを示す 3 つのドットをクリックします。

複数のトランクに対する最大同時通話数を設定するには、トランクを選択し、[最大同時通話数を設定] をクリックして、選択したトランクすべてに対する値を設定します。

最大同時通話数を設定する場合のユースケースをいくつか以下に示します。

  • MGCP ゲートウェイ: 最大容量は、ゲートウェイの回線終端に基づいて設定できます。

    たとえば、MGCP ゲートウェイが T1 で構成され、24 ポートすべてが CUCM で構成されている場合、最大容量を 24 に設定できます。

  • クラスター間トランク: トランクの最大通話容量は、WAN 容量、音声/ビデオ/データに割り当てられた帯域、使用されているコーデックなどに基づいて設定できます。

  • SIP トランク: トランクの最大通話容量は、契約に基づくトランクの購入済み通話制限に基づいて設定できます。

    Expressway トランク: トランクの最大通話容量は、Expressway のノードまたはクラスターの容量に基づいて設定できます。

[トランク ピーク利用率] 表は、以下の詳細を表示します。

表 1. トランク ピーク利用率

トランクの詳細

説明

トランク名

トランクの名前

合計通話数/合計通話時間 (分)

通話の総数/通話時間 (分) の総数

音声通話数/音声通話時間 (分)

音声通話の総数/音声通話時間 (分)の総数

ビデオ通話数/ビデオ通話時間 (分)

ビデオ通話の総数/ビデオ通話時間 (分) の総数

失敗したコール数

失敗した通話の総数

ピーク通話

ピーク通話は、選択した日付範囲で 1 時間以内に行った通話の最大数として計算されます。 タイムスタンプはピーク通話が発生した日付を表示します。 たとえば、選択した日付範囲が 6 月 23 日 ~ 6 月 30 日の場合、6 月 23 日の午前 10 時にトランク 1 で 100 通話が開始され、6 月 24 日の午後 10 時にトランク 1 で 200 通話が開始されたとすると、選択した日付範囲のピーク通話は 200 となり、その日付に対応するタイムスタンプは 6 月 24 日と表示されます。

最大同時通話数を設定

最大同時通話数を設定します

ピーク利用率 %

パーセント単位のピーク利用率 ピーク利用率は、ピーク通話数と最大同時通話数の比として計算されます。

アクション

トランクに許可されているオプション

有効なアカウントと、Control Hub に必要な資格情報を持っている場合は、[サイトの管理] から [分析 ] ページにアクセスできます。


  • チャートはグリニッジ標準時 (GMT) のデータを示します。

  • 専用インスタンスがバージョン X からバージョン Y にアップグレードされている場合、両方のバージョンが分析チャートに表示されます。 最新のデータは、アップグレードされた最新のバージョンに対する [専用インスタンスのバージョン] の下に表示されます。 ただし、以前のバージョンに対してカウントされた通話は、選択された継続時間について引き続き表示されます。

  • クラスター ID が変更された場合、[分析クラスター] ドロップダウン リストには、翌日以降、更新されたクラスター名が表示されます。 サービス エクスペリエンスおよび資産使用状況の両方の詳細な表示チャートは、[専用インスタンスクラスター] チャートには最新のクラスター名が表示されます。 古いクラスタ名は引き続き表示され、以前処理した通話数を表します。

  • 分析でユーザー フィルターがサポートされるようになりました。

    • ユーザー ID、URI、電話番号などのユーザー フィルターを使用して、分析 でさまざまなチャートをフィルタリングできます。 データ収集契約が他のサービスを通じてまだ承認されていない場合、これらのフィルターをクリックすると、契約を確認して承認するオプションが表示されます。

    • この情報は、[サービス エクスペリエンス] チャートと [資産の使用状況] チャートへのダウンロード データでも確認できます。

    • 分析[発信番号] チャートおよび [着信番号] チャートもサポートするようになりました。

    • 顧客管理者は、ユーザー フィルター サポートに対して必要な PII 設定、および [発信番号][着信番号] を表すチャートを変更する必要があります。

専用インスタンス分析チャートの使い方について詳しくは、次の表を参照してください。

表 2. 専用インスタンス分析チャート

レポート

メニュー ナビゲーション

説明/シナリオ

CAC ロケーション帯域幅

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

資産の使用状況 > 通話数の傾向

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

コール許可コントロール (CAC) ロケーションに基づいて分類された資産によって処理される通話の分布を表示します。

シナリオ: クラスターが地理的な地域に基づいて設定されているため、北部オフィスと南部オフィスの間の通話トラフィック量を知りたい。 北部オフィスを [CAC ロケーション帯域幅] チャートで選択します。

通話音質(CAQ)の分布

サービス エクスペリエンス > 通話音質

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

[成功]、[ドロップ]、[失敗]の通話、つまり、良好、可、低品質の通話音質 (CAQ) の分布を表示します。

シナリオ: IT 組織に、特定のクラスター内のユーザーから低品質通話の苦情がいくつか寄せられたため、その問題がどの程度広がっているのかを知りたい。 [通話音質 (CAQ) 分布] チャートを確認して、そのクラスター内の低品質通話の数と割合を確認します。

通話分類

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

資産の使用状況 > 通話数の傾向

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

トラフィック分析 > 通話トラフィックのロケーション

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

通話分類に基づいて通話の分布を表示します。 通話は、オンネット (非 PSTN 通話)、オフネット (PSTN 通話)、内部 (社内通話) として分類されます。

シナリオ: 電話フィッシング詐欺の報告を聞いたため、オフネット コールが最近増加したのか確認したい。 オフネット コール数の変化について、通話分類チャートを確認します。

通話数の傾向 資産の使用状況 > 通話数の傾向

エンドポイント総数とヘッドセット総数でグループ化された資産によって処理される通話の傾向を示します。

シナリオ: 組織では最近、勧誘電話の売り上げを増やすための新しい取り組みを始めたが、この新しい取り組みが時間とともに電話の使用状況にどのように影響するかを確認したい。 [通話数の傾向] チャートをチェックして、通話が時間とともに増加しているかどうか確認します。

通話継続時間の傾向 資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

通話継続時間 (分単位) を経時的に表示します。

シナリオ: IT 組織は新しい [よく寄せられる質問 (FAQ)] ポータルを段階的に導入しており、各段階が IT 担当者の通話に費やす時間にどう影響するかを確認したい。 [通話継続時間の傾向] チャートをチェックして、従業員が通話に費やす時間の量が減少したかどうかを確認します。

通話失敗分析 サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

失敗またはドロップされた通話について、通話終了原因コードに基づいて通話を表示します。

シナリオ: 電話システムは高い安定性で動作しているが、システムを監視して、効率を継続的に維持したい。 [通話失敗分析] チャートを定期的にチェックして、通話成功率の変化を監視します。

通話メディア タイプ

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

資産の使用状況 > 通話数の傾向

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

トラフィック分析 > 通話トラフィックのロケーション

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

容量分析 > トランクの使用状況

通話メディア (音声/ビデオ) タイプに基づいて、成功した通話、ドロップした通話、失敗した通話の分布を表示します。

シナリオ: 組織は、グローバルなパンデミックのため、新しい在宅勤務ポリシーに対応しようとしている。 ビデオ オプションを含め、従業員が電話システムの機能をフル活用できるようにしたい。 このレポートは、指定された時間内に行われたビデオ通話の数を示します。

コール セキュリティ ステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

セキュリティ ステータスに基づいて処理された通話を表示します。 認証済みまたは暗号化された通話は安全です。 その他の通話はすべて安全とは言えません。

シナリオ: 南部クラスターから発信された安全でない通話の数を確認したい。 [コール セキュリティ ステータス] チャートで [セキュア] をクリックし、[物理的な場所] チャートで、南部クラスターのコールの数を調べます。

通話ステータス分布

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

試行、成功、失敗、ドロップした通話の数と割合を表示します。

シナリオ: 南部クラスターで試行されたビデオ通話の成功状況を知りたいため、[通話メディア] チャートで [ビデオ] をクリックして、[物理的な場所] チャートで 南部クラスターをクリックします。 次に、[通話ステータスの分布] チャートで通話の分布を確認します。

通話ステータスの傾向 (通話音量のステータス)

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

成功、失敗、ドロップした通話の経時的な傾向を表示します。

シナリオ: ハードウェアのアップデートが最近インストールされたため、システムのパフォーマンスを監視したい。 顕著な傾向があるかどうかを調べるため、更新の 2 週間前から 2 週間後までの期間を確認します。

CAQ トレンド サービス エクスペリエンス > 通話音質

良好、可、低品質の通話の経時的な傾向を示します。

シナリオ: 組織には定期的に低品質通話の苦情が寄せられています。 その原因は、休日前の数日に通話量が増加していることだと考えられます。 CAQ 傾向レポートを使用して、休日前の期間に通話品質が低下するかどうかを確認できます。

コーデック

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

通話コーデック タイプによって処理される通話を表示します。 また、使用されるコーデックのさまざまなタイプの視覚的な内訳も確認できます。

シナリオ: 北部クラスターで使用されるコーデック タイプを確認したい。 北部クラスターを [物理的な場所] チャートで選択し、コーデック チャートを調べて、使用された H261 コーデックの数を確認します。

デバイス プール

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

デバイス プールのエンドポイントにより行われた、成功、ドロップ、失敗した通話の傾向を表示します。 デバイス プールは、個々の属性を個々の電話に割り当てる代わりに、IP Phone などの会議端末に割り当てることができる共通属性のセットを定義するための便利な方法を提供します。 作成した論理グループに従って処理される通話を表示します。

シナリオ: グループ A、グループ B、グループ C と呼ばれる会議端末の論理的なグループを作成しました。グループ C は会議室の会議端末を表します。 これらの会議端末の需要が就業時間後に減少したか確認したい。 [デバイス プール] チャートで [グループ C] を選択し、[時間ごとの分布] チャートを調べて、使用が予想通り激減したかどうか確認します。

資産別の分布

資産の使用状況 > 通話数の傾向

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

資産 (エンドポイントとエンドポイントに接続されたヘッドセット) を使用して処理されている通話を表示します。

シナリオ: 過去 1 年間にヘッドセットを使用して行われたビデオ通話の数を確認したい。 そのため、期間として過去 12 ヶ月を選択した場合、[通話メディア タイプ] チャートで [ビデオ] を選択し、[資産別の分布] チャートを調べて、選択した基準のヘッドセットを使用した通話の数と割合を確認します。

時間ごとの分布

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

1 日を通して 4 時間間隔で処理された通話を表示します。

シナリオ: 組織内でのビデオ通話の習慣を調査し、従業員が最も多くのビデオ通話を送受信する時間があるのか確認したい。 [通話メディア タイプ] チャートで [ビデオ] を選択し、[時間ごとの分布] チャートを精査して、ビデオ通話がどのように分布しているかを確認します。

エンドポイント メディア機能

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

資産の使用状況 > 通話数の傾向

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

エンドポイントのビデオまたは音声通話の送受信機能に基づいて処理された通話を表示します。

シナリオ: ビデオ通話機能を持つエンドポイントのプールから処理されるビデオ通話の数を知りたい。 [エンドポイント メディア機能] チャートの [ビデオ] の上にカーソルを合わせると、ビデオ対応のエンドポイントで処理された通話の数が表示されます。 [通話メディア タイプ] チャートで [ビデオ] の上にカーソルを合わせると、処理された実際のビデオ通話の数が表示されます。

エンドポイント シリーズ

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

資産の使用状況 > 通話数の傾向

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

エンドポイント タイプにより処理された通話を経時的に表示します。

シナリオ: 北部オフィスが最近新しい DX タイプのエンドポイントを購入したため、その DX エンドポイントの現在の使用状況を確認したい。 [物理的な場所] チャートで北部クラスターを選択し、[エンドポイント シリーズ] チャートに進み、時間とともに DX シリーズの使用が徐々に増えている様子を確認します。 また、以前のエンドポイント タイプの使用が時間とともに徐々に減少していることを確認します。

モデル別ヘッドセット

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

ヘッドセット モデルによって処理された通話を経時的に表示します。

シナリオ: 組織が新しいヘッドセットを段階的に導入しているため、時間とともに新しいヘッドセットが増え古いヘッドセットが減る速度を確認したい。

物理的な場所

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

資産の使用状況 > 通話数の傾向

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

ロケーションに基づいて通話を表示します。

シナリオ: 南部オフィスで使用されているヘッドセットのモデルを経時的に確認したい。 [物理的な場所] チャートで南部オフィスを選択し、[モデル別ヘッドセット] チャートで使用されているヘッドセットを調べます。

Unified CM クラスタ

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

資産の使用状況 > 通話数の傾向

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

Unified CM クラスターに従って処理される通話を表示します。

シナリオ: 組織が多くのデバイスを新しいクラスターに移動したため、その移動が成功したこと確認したい。 [デバイス プール] チャートに進み、移動したデバイスを選択します。 次に、[Unified CM クラスター] チャートを調べて、デバイスが新しいクラスターにあることを確認します。

Unified CM バージョン

サービス エクスペリエンス > 通話音量のステータス

サービス エクスペリエンス > 通話音質

資産の使用状況 > 通話数の傾向

資産の使用状況 > 通話継続時間の傾向

Unified CM クラスターでグループ分けされた、成功、ドロップ、失敗した通話の分布を表示します。

シナリオ: 北部オフィスで使用している Unified CM のバージョンを確認したい。 [物理的な場所] チャートで北部オフィスを選択します。 次に、[Unified CM バージョン] チャートを調べて、北部オフィスが正しい Unified CM バージョンを使用していることを確認します。

通話トラフィック ロケーションの分布

通話トラフィック ロケーション

トラフィック分析 > 通話トラフィックのロケーション

上位 5 つのロケーションについて通話トラフィックの分布を表示します。

シナリオ: クラスターは地理的な地域に基づいてセットアップされているため、北部オフィスと南部オフィスの間の通話トラフィック量を分析したい。 北部オフィスを [CAC ロケーション] チャートで選択します。

通話方向

トラフィック分析 > 通話トラフィックのロケーション

容量分析 > トランクの使用状況

成功、ドロップ、失敗した通話について、すべての受発信通話の分布を表示します。

シナリオ: 特定の物理的な場所で、オフィスで送受信した通話の総数を確認したい。 その場合、[通話方向] チャートを調べて、そのロケーションの送受信通話の総数を確認します。

時間ごとの通話分布

トラフィック分析 > 通話トラフィックのロケーション

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

1 日の異なる時間間隔で成功、ドロップ、失敗したすべての通話の傾向を表示します。

シナリオ: 組織は、サービスを新しい場所に拡張するか、量の少ない通話タイプの原因を分析することを計画しています。 このレポートは、選択したロケーションまたは特定の通話タイプについて、指定された時間枠内に行われた通話の数を示します。

通話トラフィック分析の分布

通話トラフィック分析

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

上位 5 つの通話タイプについて、受信したトラフィック量に基づいて、通話数および通話の傾向の分布を表示します。

シナリオ: 組織は、通話量の少ないタイプの原因を分析し、最も好まれている通話タイプを特定したいと考えています。 このレポートは、上位 5 つの通話タイプについて、受信したトラフィックの量に基づいて、通話数および通話の傾向を示します。

通話ステータス

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

成功、ドロップ、失敗した通話の分布を表示します。

シナリオ: 組織は、ほとんどの時間成功もドロップもせず失敗した通話の背後にある理由を特定したいと考えています。 このレポートは、すべての通話タイプについて、ネットワークで送受信された通話の数を、[成功]、[ドロップ]、[失敗] のステータスに基づいて表示します。

Over-the-Top (OTT) 通話

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

すべての成功、ドロップ、失敗した OTT 通話 (モバイルおよびリモート アクセス (MRA) 通話とも呼ばれる) の分布を以下の分類で表示します。

  • MRA と MRA の間

  • 非MRA と非 MRAの間

  • MRA と非 MRA の間

シナリオ: MRA と非 MRA の間など、特定のエンドポイント間の通話トラフィックのタイプを分析し、特定したい。 [MRA 通話] チャートで [MRA と非 MRAの間] を選択します。

コール許可コントロール (CAC) ロケーション

トラフィック分析 > 通話トラフィックの分析

ロケーション別に 成功、ドロップ、失敗した通話の場所 (コール許可コントロール (CAC) ロケーション) ごとの分布を表示します。

シナリオ: クラスターは地理的な地域に基づいてセットアップされているため、北部オフィスと南部オフィスの間の通話トラフィックのタイプを分析したい。 北部オフィスを [CAC ロケーション] チャートで選択します。

トランクの使用状況の分布

容量分析 > トランクの使用状況

通話マネージャー内で設定されている上位 5 つのトランクについて、トランクの使用状況の分布を表示します。

シナリオ: 組織は、容量の使用状況を分析し、最大容量を使用しているトランクを特定したいと考えています。 [トランクの使用状況の分布] チャートで [トランク] を選択します。

トランク タイプの分布

容量分析 > トランクの使用状況

通話マネージャー内で設定されている上位 5 つのトランクについて、トランク タイプの分布を表示します。

シナリオ: 組織は、容量の使用状況を分析し、最大容量を使用しているトランクを特定したいと考えています。 [トランク タイプの分布] チャートで トランクのタイプを選択します。

トランク タイプの傾向

容量分析 > トランクの使用状況

通話マネージャー内で設定されるすべてのトランク タイプにわたって、トランクの使用状況の分布の傾向を表示します。

シナリオ: 組織は全体の容量を増やすことを計画しており、最大量の通話を処理しているトランクを特定したいと考えています。 [トランク タイプの傾向] チャートを選択します。

トランクの使用状況の傾向

容量分析 > トランクの使用状況

通話マネージャー内で設定されている上位 5 つのトランクについて、トランクの使用状況の傾向を表示します。

シナリオ: 組織は、使用容量が最小のトランクを特定し、これをシャットダウンして全体的な使用容量を減らしたいと考えています。 [トランク使用状況の傾向] チャートを選択します。

表 3。 UI 用語
フィールドのタイトル 説明
エンドポイント通話数 少なくとも 1 つのエンドポイントが関与している通話の数。

 

エンドポイント通話数には、Jabber および Webex Teams から発信される通話も含まれます。

合計通話時間 (分) 資産を使用して行われた全通話の合計時間 (分)。
通話のエンドポイントの合計数 通話に関与しているエンドポイントの総数。

 

1 つのエンドポイントが複数の通話に参加できました。

ヘッドセット通話数 少なくとも 1 つのヘッドセットが通話に含まれた回数。
ヘッドセット通話時間 ヘッドセットを使用して行われた全通話の合計時間 (分)。
通話のヘッドセットの合計数 ヘッドセットが通話に参加する回数です。
分類された通話総数 すべてのロケーションとカテゴリからの通話の総数。
オンネット通話数 オンネット通話の総数。 オンネット通話は非 PSTN 通話です。
オフネット通話数 オフネット通話の総数。 オフネット通話は PSTN 通話です。
内部通話数 組織内で行われた通話の総数。 内部通話は社内通話です。

OTT 通話数

成功、ドロップ、失敗した OTT 通話の総数。 モバイルおよびリモート アクセス (MRA) 通話とも呼ばれます。

トランクの合計通話数

トランクに記録された通話の総数

セッション開始プロトコル (SIP) 通話数

SIP トランクからの通話の総数

メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル (MGCP) の通話数

MGCP トランクからの通話の総数

クラスター間 (ICT) 通話数

ICT トランクからの通話の総数

ピアツーピア (P2P) 通話数

P2P トランクからの通話の総数

アナリティクスの表示

1

Control Hub の顧客ビューから、[分析] > [Calling] > [専用インスタンス] に移動します。

[専用インスタンスの概要] ページが表示されます。

[マルチテナント] を選択して、可視化されたマルチテナント分析を確認できます。

有効にしたサービスに基づいて、特定の [分析] を可視化するために、[分析] メニューから、[メッセージング][通話][デバイス][詳細な通話履歴] を選択できます。

パートナーは、[Cisco Webex パートナー ハブ] から顧客の分析を表示できます。

  1. Control Hub のパートナー ビューから [顧客] に移動します。

  2. 顧客を選択し、[顧客の表示] をクリックします。

    顧客ビュー ページが表示されます。


     

    顧客名に対するサービス アイコン は、顧客が専用インスタンス サービスを利用する資格があることを表します。

    図 1. 専用インスタンス分析パートナー ビュー
  3. [分析] > [Calling] > [専用インスタンス] に移動します。

    専用インスタンス分析の [概要] ページが表示されます。

    図 2. 専用インスタンス分析の概要


    専用インスタンス分析チャートの詳細については、「レポートおよびチャート」を参照してください。
2

専用インスタンス[概要] ページには、[サービス エクスペリエンス][資産の使用状況][トラフィック分析][容量分析] に関連するカードが表示されます。

3

(オプション) MRA データの分析を表示するには、[MRA データのみ] のトグルを有効にします。

図 3. 専用インスタンス分析の概要 MRA モード


4

(オプション)地域の選択メニューから地域をドロップダウン リスト。

デフォルトの設定は[すべての 地域] です

地域は、専用インスタンスのアクティベーション中に構成されたデータセンターの地理的場所を表します。

5

(オプション)選択したクラスター選択リストからクラスタードロップダウン リスト。

デフォルトの設定は [すべてのクラスタ] です。

6

期間に基づいてチャートのデータをフィルタリングするには、右上部のドロップダウン リストをクリックします。

図 4. 期間別分析
期間別分析

対応期間は、昨日、最近 7 日間、最近 30 日間、最近 90 日間、最近 12 か月間です。

選択した期間についてチャートを表示できます。 デフォルトの期間は最近 30 日間です。


 

ドロップダウンリストから [昨日] を選択した場合、アップとダウンの傾向は、2 日前と前日とを比較したデータに基づいて示されます。 同様に、[最近 7 日間] を選択した場合、% アップまたはダウンの傾向は、最近の 7 日間のデータとそれ以前の 2 週間のデータの比較に基づいて計算されます。

7

専用インスタンスの [分析概要] ページでは、 オプションを使用して追加のチャートを追加できます。

右上にある [チャートを追加] オプションをクリックし、利用可能なチャートから追加するチャートを選択します。

カードを削除することもできます。 カードの右上隅にある 3 つのドットをクリックして、[カードを削除] を選択します。
表 5. カードを削除

分析をダウンロード

[ダウンロード] ボタンを使用して、チャートに表示されるデータを Excel ファイルにエクスポートできます。


Excel レポートがダウンロードされるまで待つ必要があります。そうしないとダウンロードは失敗します。

分析のトラブルシューティング

問題

解像度

Control Hub へのサインイン後に [専用インスタンス] タブが表示されない。

割り当てられたロール、範囲、または資格が正しくないか、不十分である可能性があります。 Cisco TAC サポートに連絡してください。

[専用インスタンス] タブをクリックすると、403 Forbidden というメッセージが表示される。

  1. サポート対象ブラウザーを使用していることを確認する。

  2. すべてのプラグインを無効にした状態で、シークレット モードで Analytics の UI にアクセスする。

  3. ブラウザのキャッシュとクッキーをクリアする。

  4. 問題が継続する場合は、Cisco TAC サポートに問い合わせる。

[分析] ページが Chrome の シークレット モードで読み込まれない。

[設定] > [プライバシーとセキュリティ] > [Cookie および他のサイト データ] に移動し、[すべてのCookiesを許可する] を選択します。 その他のブラウザーについては、該当するメニュー オプションを使用して Cookie を有効にします。

チャートが [分析] の UI で読み込まれない。

  1. ブラウザー (Chrome、Firefox、または Edge) の最新バージョンを使用していることを確認する。

  2. 問題が継続する場合は、Cisco TAC サポートに問い合わせる。

[分析] UI で、一部のチャートにデータがない。

  • [CDR 有効化フラグ] フィールドが [True] に設定され、[通話診断有効化] フィールドが [CDR 有効化フラグが True の場合にのみ有効化] に設定されていることを確認します。

  • 追加のプロキシを設定している場合、テレメトリー モジュールが稼働プロキシを選択してノード ステータスをオンラインに変更するには、約 1.5 時間かかります。 1.5 時間が経過してもノードがオフラインのままの場合は、Cisco TAC サポートに問い合わせてください。

[分析] UI の チャートにデータが表示されない。

テレメトリー サービスが停止していないか確認してください。

[分析] UI のチャートに正しくないデータが表示される。

Cisco TAC サポートに連絡してください。

サービス エクスペリエンス カテゴリの [通話失敗分析] チャートに、失敗データが何も表示されない。

専用インスタンス サービス パラメータの [ゼロ継続時間フラグの CDR ログ コール] がすべての [専用インスタンス] ノードに対し有効になっているか確認します。 すべてのノードで有効になっていない場合は、必ず有効にしてください。

PII 設定を有効にする

PII 設定を有効にするには:

  1. 顧客管理者は、PII 変更のための TAC リクエストを組織レベルに引き上げる必要があります。

  2. 顧客管理者は id_full_admin アクセス権をヘルプ デスク ロールに一時的に付与します。

  3. ヘルプ デスク管理者は、トークンを生成し、api を呼び出している間にそれを認証に使用します。

  4. 顧客管理者は PII の設定後に id_full_admin アクセス権を取り消します。