専用インスタンスは、Cisco Unified Communications Manager アーキテクチャに基づいており、特定の地域のプライベート クラウドでデプロイされた次のアプリケーションで構成されています。

  • Cisco Unified Communication Manager

  • Cisco Unity Connection

  • Cisco Unified Communications Manager IM および Presence

  • Cisco Emergency Responder (AMER のみ)

  • Cisco Expressway Core および Edge

Unified Communication アプリケーションの機能とサービスはネイティブのアプリケーション ポータルを使用して管理され、Control Hub の [専用インスタンス] 設定タブからアクセスします。

Control Hub から統合アプリケーション管理者ポータルにアクセスする

パートナーまたは顧客の管理者は、Control Hub から次の Unified Communication アプリケーションをクロス起動できます。

  • Cisco Unified Communication Manager

  • Cisco Unity Connection

  • Cisco Unified Communications Manager IM および Presence

  • Cisco Emergency Responder (AMER のみ)

  • Cisco Expressway Core および Edge


Control Hub にアクセスするのに使用するブラウザーは、次のサイトの Cookie を許可する必要があります - https://apps.ucmgmt.cisco.com

  1. 次で [Control Hub] にサインインします: https://admin.webex.com/login

  2. [サービス] > [Calling] > [専用インスタンス] の順に進みます。
  3. [管理] をクリックして対応する UC アプリケーションまたは Expressway ポータルを起動します。 アプリケーションが新しいタブで起動します。

専用インスタンスの使用状況の詳細

[Calling] ページから専用インスタンスの使用状況の詳細も確認できます。

専用インスタンス サービス アクティベーション ステータスは、サービスにある[Calling] > [専用インスタンス] タブで表示できます。



[地域別の使用状況] には、ライセンスの使用状況に設定されている地域が表示されます。

表 1. 専用インスタンスの使用状況の詳細

用語

説明

地域 専用インスタンスのアプリケーション クラスターがインストールされている専用インスタンス データ センターの場所を示します。
サーバー 専用インスタンス クラスター設定に使用されるサーバー。
Professional 職務の一部として Teams などの複数の通信デバイスを使用する従業員と契約社員のためのフル機能を備えた階層。 この階層にはボイスメールが含まれます。
共通領域 アナログ会議端末、会議室、廊下や共用エリアのデバイスなど、ユーザーに関連付けられていないハード エンドポイントには、共通領域ライセンスを使用します。