緊急通話通知の詳細

緊急連絡が行われた場合、電子メール通知が指定されたメール アドレスに送信されます。 この機能をオンにする前に、ユーザーがこの動作を認識している必要があります。 通知には次の情報が含まれます。

  • 緊急通話の日時と開始時刻

  • ダイヤル番号

  • ユーザー ID、氏名

  • ユーザーの内線番号 (指定されている場合)

  • ユーザーの電話番号 (割り当てられている場合)—ユーザーが割り当てた電話番号で、通話者 ID として設定され、緊急サービスへのコールバック番号として渡された電話番号とは別の場合があります。 発信者が内線のみである場合、通知には内線のみ提供されます。

  • ロケーション ID と名前—ユーザーが割り当てられている場所に関する情報。

  • ロケーション アドレス—ユーザーが割り当てられている場所に定義されたメイン アドレス。 このロケーションは、緊急通話が行された物理的な場所に対応していない場合があります。

生成されたメールは、英語でのみ利用できます。 緊急コール通知メールの翻訳は現在サポートされていません。

[場所: 通知メールのアドレスは、返信不可のメールアドレスです。

デフォルトでは、緊急通話通知は無効になっています。

個々の場所が緊急通知をオンに設定を許可する

個々の場所を有効にして、緊急通話通知をオンにできます。 これは、個々の場所が特定のメール アドレスにメール通知を送信する場合に役立ちます。 この設定をロケーション レベルで構成するには、まず組織レベルでオンに設定する必要があります。

1

の顧客ビューから、[サービス https://admin.webex.com] および [通話] > サービス>] に移動し、[緊急通話通知 ] までスクロールします。

2

[緊急通話通知 ] をトグルし 、[個別の 場所に通知をオンに許可する] を選択します

3

個々のロケーションに対して有効 にし、通知をオンにしたら、[サービス] > [ 通話] > ロケーション] に進み、変更する場所を選択します。

4

[緊急 通話] の下で、[緊急通話 通知] をクリックします

5

必要に応 じ、[緊急通話通知] をトグルします。

6

このロケーションでの緊急通話通知の送信方法を選択します。

  • ロケーション固有のメール—このオプションを選択する場合、すべての緊急通話通知が送信されるメール アドレスを入力します。

  • 組織の既定のメール—サービス設定の下の組織レベルで設定されていない場合、このオプションは 無効になります

すべてのロケーションに対してメール通知をオンにする

通知メールを設定して、組織内のすべての場所に適用することができます。

1

の顧客ビューから、[サービス https://admin.webex.com] および [通話] > サービス>] に移動し、[緊急通話通知 ] までスクロールします。

2

[緊急通話通知 ] をトグル し、[すべての ロケーションにメール通知をオンにする] を選択します

3

緊急連絡通知が送信されるメール アドレスを入力します。

次に行うこと

この設定を適用すると、この組織内のすべてのロケーションに対する緊急通話通知は、前のステップで構成されたメール アドレスに移動します。 特定のロケーションに別の 通知メール アドレスを選択する場合、[サービス] > [ 通話] > [ロケーション] >緊急通話通知] に移動します。

テスト

米国とカナダの場所は、933 を北米緊急テスト番号として使用しています。 この番号により、公共の安全スタッフに警告する必要なく、933 をダイヤルすることで緊急電話メール生成のテストが可能です。


緊急連絡サービス プロバイダー PSTNによっては、他の緊急通話テスト機能がある場合があります。