概要

ユーザーが組織のポリシーに確実に従うよう、すべてのユーザーの組織外のミーティングへの参加を制限したり、特定のミーティング内機能へのアクセスを制限したりできます。 ユーザーが無効な機能を使用しようとすると、インジケーターが表示され、組織が設定した制限について通知します。


 
コラボレーションの制限ではWebex MeetingsとWebex Webinarsのみがサポートされます。 これらの制限は、 Webex Events (クラシック)、 Webex Training、 Webex Support には適用されません。

ユーザーは、個人のメール アドレスを使用するか、ゲストとして内部および外部のミーティングに参加することで、これらの制限を迂回できます。 ユーザーがこれらの制限をバイパスしないようにするには、次の手順に従ってください。 Windows、Mac、Android、iOS デバイスのコラボレーション機能を制限するに進み、会社のデバイスにトークンを追加して、デバイスで使用されるアカウントが組織が設定した制限に従っていることを確認します。

コラボレーション制限を適用するときに、ユーザーがレジストリと異なる組織IDでログインした場合、Control Hub は最も制限の厳しいポリシーに従います。 ユーザポリシーと組織ポリシーの両方にチェックが入っています。 しかし、ユーザーがレジストリで同じ組織IDを使ってログインした場合、Control Hub はログインしたユーザーのポリシーに従います。

グループおよびユーザーレベルでのコラボレーションの制限

組織全体ではなく特定のグループやユーザーごとにポリシーをセットアップたい場合は、次の方法で設定できます。ミーティング設定テンプレートを作成するを選択します。

外部ユーザーが組織内のミーティングに参加することを許可またはブロックします

組織外のユーザーが、組織内のユーザーが主催するミーティングに参加することを許可またはブロックできます。

1

Control Hub にサインインを選択し、ミーティングに移動し、設定を選択します。

2

社内Webex Meetings 、次のいずれかを選択します。

  • ユーザーが自分の組織内のミーティングに参加することを許可する—組織外のユーザーは、組織内のユーザーが主催するミーティングに参加できます。
  • 外部ユーザーが自分の組織内の承認されたメールドメインからミーティングに参加することを許可する—承認されたメールドメインを持つユーザーは、組織内のユーザーが主催するミーティングに参加できます。
  • 外部ユーザーが自分の組織内のミーティングに参加するようにブロックする—組織外のユーザーは、組織内のユーザーが主催するミーティングに参加できません。
3

を選択し、外部ユーザーが自分の組織内の承認されたメールドメインからミーティングに参加することを許可するについては、メール ドメインを入力して、追加を選択します。

Control Hub でユーザーの外部ミーティングへの参加をブロックする

これらの設定は、 Webex Meetingsクライアントのバージョン 42.3 以降を使用するユーザーにのみ適用されます。

ユーザーの外部ミーティングへの参加をブロックすると、ユーザーは組織外の Webex サイトで開催されるミーティングに参加できなくなります。 ただし、特定の Webex サイトを承認リストの設定に追加することで、ユーザーはその Webex サイトでのミーティングに参加できるようになります。

新しい動作の変更

以前は、ユーザーが外部ミーティングに参加することを許可でき、制限していたコラボレーション機能は引き続き機能します。 たとえば、 ミーティング中のチャットを制限した場合でも、ユーザーは承認リストにある外部ミーティングでチャットパネルを使用することができます。

この動作は最近の更新で変更されました。 承認リストは、設定したコラボレーション制限内でユーザーが外部ミーティングに参加できるサイトのリストです。 たとえば、チャットを制限した場合、ユーザーは外部ミーティングでチャットパネルを使用できなくなります。

1

Control Hub にサインインを選択し、ミーティングに移動し、設定を選択します。

2

外部ミーティング、次のいずれかを選択します。

  • すべての外部ミーティングへのユーザーの参加を許可—ユーザーはすべての外部ミーティングに参加できます。
  • 承認された外部ミーティングへのユーザーの参加を許可—ユーザーは、承認されたWebexサイトからのみ外部ミーティングに参加できます。
  • すべての外部ミーティングへのユーザーの参加をブロック—ユーザーはどのWebexサイトからも外部ミーティングに参加できません。
3

を選択し、承認された外部ミーティングへのユーザーの参加を許可に進み、 Webexサイトを入力し、追加を選択します。

次に行うこと

ユーザーが外部ミーティングに参加することを許可する場合、外部ミーティング中にユーザーが利用できるコラボレーション機能を選択できます。

Webex Meetings のコラボレーション機能を制限する

これらの設定は、組織内のユーザーが主催するミーティング以外のミーティングに参加するユーザーにのみ適用されます。 組織内のミーティングでミーティング機能を制限する場合は、カスタムセッション タイプを作成して使用するまたはミーティング設定テンプレートです。 セッションタイプおよびミーティング設定テンプレートは内部ミーティングポリシーに対応しています。

1

Control Hub にサインインを選択し、ミーティングに移動し、設定を選択します。

2

外部ミーティング中にユーザーに対して有効または無効にする機能を切り替えます。

ブレイクアウトセッション

  • ブロードキャストメッセージ—ユーザーはブロードキャストメッセージにアクセスできます。

コラボレーション ツール

ミーティング中

  • チャット—ユーザーはチャットパネルにアクセスできます。
  • クローズド キャプション—ユーザーは、Webex ミーティングを自動字幕を選択します。
  • ファイル転送—ユーザーはミーティング中に他の参加者がダウンロードできるようにファイルをアップロードできます。
  • 参加者リスト—ユーザーは参加者リストを確認できます。
  • プレゼンタを引き受ける—ユーザーはプレゼンタの役割を担うことができます。
  • —ユーザーはメモを記録できる。
  • Webex Assistant—ユーザーはWebex Assistantを選択します。

録画

リモートコントロール

  • リモート コントロールを有効化—ユーザーはミーティング中に別のコンピューターを遠隔操作でき、誰でも自分のコンピューターを遠隔操作できるようにする。 これは 42.1 以降に適用されます。
    • アプリケーションリモート コントロール- ユーザーは別のコンピューターのアプリケーションをリモート操作することができます。
    • デスクトップリモート コントロール- ユーザーは別のコンピューターのデスクトップをリモート操作することができます。
    • ウェブ ブラウザのリモート コントロール—ユーザーは別のコンピューターのウェブ ブラウザーをリモート操作することができます。

共有

  • 共有を有効化—ユーザーが画面を共有することを許可する。 これおよび/または以下の共有機能をオフに切り替え、セキュリティを強化します。
    • アプリケーション共有—ユーザーはアプリケーション画面を共有できます。
    • デスクトップ共有—ユーザーはデスクトップ画面を共有できます。
    • ファイルとホワイトボードの共有—ユーザーはファイルとホワイトボードの画面を共有できます。
    • ウェブ ブラウザの共有—ユーザーはウェブブラウザ画面を共有できる。
    • カメラ—ユーザーはカメラからのビデオを共有して、参加者は自分のカメラで見えるものを確認することができます。

電話

  • VoIP —主催者と参加者によるVoIPの使用を許可します。

ビデオ

  • ビデオをオン—参加者がビデオをオンにすることを許可する。
    • 標準解像度 (360p) —ユーザーのビデオは最大で 360p でストリーミングできます。
    • 高解像度 (720p) —ユーザーのビデオは最大 720p でストリーミングできます。

Windows、Mac、Android、iOS デバイスのコラボレーション機能を制限する

組織のデバイスでこれらのコラボレーション設定を制限する場合、システム ファイルを編集すると、組織外のミーティングにデバイスを使用して参加するすべてのユーザーに設定を適用できます。

これを行うには、まず Control Hub で組織 ID を見つけてコピーする必要があります。 組織 ID を受け取った後、編集するデバイスに適用される手順に従います。


 

ユーザーが自分で変更できないように、レジストリで組織IDをロックしてください。 ユーザーが組織IDを変更した場合、コラボレーションの制限はデバイスには適用されません。

1

Control Hub にサインインを選択し、アカウントを選択します。

2

ミーティングの隣にあるリンクをコピーアイコン(組織IDを入力します。

次に行うこと

これで組織 ID を取得できたので、次のいずれかの方法でデバイスを編集します。

Windows デバイスでコラボレーション機能の制限を設定する方法は 3 つあります。

  • レジストリ キーを使用して設定する - 特定のデバイスを手動で編集するには、以下のレジストリ値のいずれかに組織 ID を追加します。

    • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\CiscoWebex\OrganizationID

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\CiscoWebex\OrganizationID

  • グループ ポリシー テンプレートを使用して設定する - グループ ポリシー管理用テンプレート (.adm) をインポートして、上記と同じレジストリ値に組織 ID を適用します。

  • MSI のインストールを使用して設定する - 組織 ID を使用してコマンドを実行し、webexapp.msi をインストールして、以下のレジストリ値を編集します。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Webex\Policies\OrganizationID になる場合があります。

レジストリ キーを使用して設定する

  1. レジストリ エディターを開きます。

  2. 組織 ID を次のいずれかのレジストリ値に追加します:

    • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\CiscoWebex\OrganizationID

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\CiscoWebex\OrganizationID

グループ ポリシー テンプレートを使用して設定する

  1. .adm ファイルを編集します。

  2. グループ ポリシー管理ツールで、次のいずれかをクリックします。

    • [コンピューター構成] をクリックして、次のレジストリ値に組織 ID を適用します。 HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\CiscoWebex\OrganizationID

    • [ユーザー設定] をクリックして、次のレジストリ値に組織を適用します。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\CiscoWebex\OrganizationID

  3. ナビゲーションパネルで、[ 管理用テンプレート次のページにアクセスしてください: 従来の管理用テンプレート (ADM)次のページにアクセスしてください: Cisco Webex Meetings。次のページにアクセスしてください: Cisco WebEx Meetings 全般設定を選択します。

  4. [Cisco Webex の組織 ID を設定する] をダブルクリックします。

  5. [有効] をクリックして [オプション] ボックスに組織 ID を追加し、[適用] をクリックします。

MSI のインストールを使用して設定する

  1. 次のコマンドを実行して、 webexapp.msi をインストールし、 ORGANIZATIONID パラメータを使用して次を設定します。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Webex\Policies\OrganizationID:

    msiexec /i webexapp.msi /log webexapp.log ORGANIZATIONID="%ReplaceWithYourOrganizaitonId%"  /*For example:*/msiexec /i webexapp.msi /log webexapp.log ORGANIZATIONID="ab1c2d34-56e7-89f0-g123-h4567ijkl890"

Mac デバイスでコラボレーションの制限を設定するには、 .plist ファイルを作成し、 com.cisco.webexmeetings.config.plist/Library/Preferences/ 、次に以下のキーをファイルに追加します。

キー名

説明

OrganizationID

%OrganizationID%

コラボレーション制限のために Control Hub からコピーした組織 ID を指定します。

Android および iOS モバイル デバイスでコラボレーション制限を設定するには、「モバイル デバイス管理の AppConfig サービス」を使用して組織 ID を設定する必要があります。


 

この機能は、バージョン 41.7 以降の Webex Meetings アプリを使用するモバイル デバイスでのみ作動します。

構成キー

値の種類

説明

OrganizationID

文字列

コラボレーション制限のために Control Hub からコピーした組織 ID を指定します。

Google Chrome から参加するユーザーに組織のポリシーが適用されるようにするには、 Webex Meetingsポリシー プラグインを Chrome ウェブストアからダウンロードし、組織のルールをポリシーに追加します。

特定のミーティングへの参加が制限されているユーザーが Google Chrome から制限されたミーティングに参加しようとすると、次のメッセージが表示されます。

1

Google Chrome の IT 管理ページを開きます: https://admin.google.com

2

次に移動して、 Webex Meetingsポリシー プラグイン拡張機能を追加します。 Chrome次のページにアクセスしてください: アプリと拡張機能次のページにアクセスしてください: ユーザーとブラウザ次のページにアクセスしてください: IDで Chrome アプリまたは拡張機能を追加を選択します。

3

ID で次の内線IDを追加します: denhmfenjcamjiamkogegcjieeiahjgp になる場合があります。

4

次のルールをポリシーに追加します。

{

"orgID": {

"Value": "31b45abd-7528-46f6-8a8c-cf8c3514430b"

}

}

5

タブを右クリックして、強制インストールを選択します。

既知の問題

Webex Assistant for Meetingsの既知の問題

ミーティングに割り当てられたクローズドキャプションおよびWebex Assistantが有効になっている場合、主催者の役割が与えられている場合、これらの 2 つの機能が無効になっているユーザーは、ミーティング中に両方をオフにすることはできません。

Webexデバイスの既知の問題

  • Mac デバイスのユーザは、プレゼンタのロールをWebexデバイスのユーザーから取得できます。プレゼンタを引き受ける機能は無効になっています。
  • を持つユーザーは、注釈機能を無効にした場合でも、 Webexデバイスを使用してミーティングに参加するときに注釈が表示されるようになります。

古いクライアントバージョンでの既知の問題

Webex Meetingsクライアントを最新バージョン (WBS 42.7 以降) または少なくとも最新のロックダウン バージョン (WBS42.6) にアップグレードして、ユーザーがコラボレーション機能で最高のエクスペリエンスを得ることができます。 古いバージョンのクライアント (WBS 42.3 以前) を使用している場合、一部のコラボレーション機能が利用できなかったり、正常に機能しない場合があります。

注釈、ファイル、およびホワイトボード共有機能の制限に関する既知の問題

日時注釈制限されているためファイルとホワイトボードの共有ない場合でも、プレゼンタがホワイトボードを共有して注釈を開始した場合には、ユーザーに注釈が表示されます。