組織向けのメールを抑制する

ユーザーに送信したメールを管理および監視するため、WebexユーザーにControl Hubから自動送信されるメールを抑制できます。 新しいライセンス登録済みユーザーまたは非アクティブ ユーザーに送信されるメールを抑制することは可能ですが、無料ユーザーから有料ユーザーに変更したユーザーにメールは送信できません。

メールの抑制はシングル サインオン (SSO) 顧客にのみ利用可能で、アカウントにアクセスする複数のステップをユーザーが踏まないようにします。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [設定] に移動し [メール] にスクロールします。

2

[管理者招待メールの抑制] をトグルし、[保存] をクリックします。

ベスト プラクティス

代わりに独自のコミュニケーションを作成することにした場合は、これらのことに気をつけてください。

カスタマイズされたメール推奨

独自のカスタマイズされたメール招待を作成するとき、これらの詳細を含む必要があります。

  • 会社のゴールと発表のプラン。

  • Webex の価値と目的。Webex。

  • Webex を CiscoWebexMeetings と併せて購入した場合は、パーソナル会議室 (PMR) へのリンクを含めてください。

  • ユーザーの内部サポート リンク。

  • ユーザー向け内部トレーニング コンテンツへのリンク。

  • エンド ユーザー ポータルへのリンク。 https://settings.webex.com.

  • アカウントをアクティベートするためのユーザー向け指示を含みます。 会社の資格情報を使用して SSO ページにサインインし、Webexに自動的にサインインします。

非アクティブ ユーザーの追跡のヒント

非アクティブ ユーザーの場合、Control Hubには招待のリマインダ メールを送信する機能があります。 これらのリマインダー メール招待が抑制されているため、これらの非アクティブ ユーザーを追跡し、リマインダー メール招待を手動で送信する必要があります。

無料版から有料版への変更

ユーザーが無料版から有料版へ変更した際、メール招待は抑制されず、ユーザーは変更通知を受け取る必要があります。