Webex Calling の外線発信は、コール ルーティング、番号表示、コール スクリーニングの一貫した動作を確保するために変更されます。

発信ダイヤル番号は、一般的にエンタープライズ環境で使用し、他のオンネット ダイヤルの動作と重複しないようにします。 また、企業によっては、パーミッシブ・ダイヤリング (発信ダイヤル番号なし) を好む場合もあります。 この変更により、Webex Callingのコール ルーティング ロジックは、発信ダイヤル番号がある場合とない場合で異なるユーザーのダイヤル動作を一貫して処理します。

Webex Calling では、E.164 番号形式を使用して、通話や接続先の番号の識別、発信通話のスクリーニング、連絡先の解決を行います。 一貫性のある番号付けを行うために、組織の電話番号形式 (E.164 または 国内番号) を設定して、通話や接続番号の識別を行うことができます。 これは設定された発信ダイヤル番号を持たないロケーションに適用されます。 発信ダイヤル番号を持つ組織については、E.164 形式が使用されます。 発信通話タイプを決定する場合、ローカルおよび長距離通話タイプは、単一の国内通話タイプに統合されます。

管理者とエンドユーザーへの影響は以下の通りです。

  • 外部ダイヤルの変更が実行されると、組織のロケーションで発信ダイヤル番号を使用するよう設定した場合、外線発信の際に、外線ダイヤル番号を常に使用するようユーザーに通知します。

  • 移行期間中、通話履歴からリダイヤルするとコール ルーティングがうまくいかないことがあります。 ルーティングの問題を防ぐには、手動で番号をダイヤルする必要があります。