信頼されていないメールのユーザーを検証する

BroadWorks ユーザーに対し、信頼していないメールによるフロースルー プロビジョニングを使用して Webex をプロビジョニングしている場合、ユーザーはユーザー アクティベーション ポータルにメール アドレスを入力することでセルフプロビジョニングする必要があります。 ユーザーにエラーが発生した場合は、ポータルに表示される [再試行] オプションを使用して、もう一度試してください。 ユーザーにエラーが再度発生した場合、管理者は Partner Hub で以下のステップを使用して、ステータスを見直し、ユーザーをオンボードするか、ユーザーを削除するか、設定変更を適用します。

1

Partner Hub にサインインし、[設定] をクリックします。

2

BroadWorks Calling までスクロールし、[テンプレートの表示] を選択します。 適切な顧客テンプレートを選択します。

3

[ユーザー検証] の下で、次の設定が設定されていることを確認し、信頼されていないメールによるフロースルーのプロビジョニングが適切に構成されていることを確認します。

  • [信頼されていないメール] オプションをチェックする必要があります
  • [リンクの共有] フィールドがアクティベーション リンクを指している必要があります。 すべてが構成されている場合、ユーザーはユーザー アクティベーション ポータル経由でセルフプロビジョニングを試みることができます。
4

ユーザーのプロビジョニングが発生した後で、[ユーザー検証] セクションで、[ユーザー ステータスの表示] をクリックして、プロビジョニング ステータスをチェックします。

[ユーザー ステータス] ビューには、BroadWorks ID、選択されたパッケージ タイプ、および現在のステータスなどの詳細と共にユーザーの一覧が表示されます。これにはユーザーがプロビジョン済みか、保留中の要件があるかが示されます。
5

エラーがあるか、保留中の要件があるユーザーの場合、右側の 3 点ドットをクリックして、次のいずれかの管理オプションを選択してください。

  • アクティベーションの再試行—ユーザーをオンボードするには、このオプションをクリックします。 ポップアップ ウィンドウで、有効なメール アドレスを入力し、[オンボード] をクリックします。
  • ユーザーの削除—このオプションは、オンボードを許可するために、構成を変更する必要がある場合に適している場合があります。 ユーザーを削除して変更を加えた後で、ユーザーはオンボーディングを再試行できます。
  • パッケージタイプの変更ー1 つのパッケージから別のパッケージに設定を変更します。
  • エラー テキストのコピーーこのオプションをクリックして、エラー テキストをコピーします。

その他の表示オプション

ユーザー リストの参照時に次の追加オプションが利用できます。

  • エクスポートーユーザー リストを CSV ファイルにエクスポートする場合は、このボタンをクリックします。

  • プロビジョニングされたユーザーを除外ー保留中の要件またはエラーを持つユーザーのみを表示する場合は、このトグルを有効にします。