既知の制限と要件

  • ハント グループ CSV をアップロードする前に、「CSV を使用して Webex Calling 要素を一括でプロビジョニングする」を読み、CSV 規則を理解しておいてください。

  • 現在のハント グループをエクスポートして既存のデータ セットを追加、変更、削除するか、またはサンプルのハント グループをエクスポートできます。 変更を完了すると、一括機能を使ってファイルをアップロードできます。

  • CSV テンプレートに入力する際は、必須とオプションの列、入力が必要な情報を理解しておくことが重要です。 ハント グループ CSV の特定のフィールドは以下の表で確認できます。

  • 各ロケーションのハント グループの最大数は、1,000 です。

  • 最大行数は 1,000 です (ヘッダーは含みません)。


    1000 レコードを超えるレコードをエクスポートすると、データは zip ファイル形式でエクスポートされます。 この zip ファイルには、すべてのデータを含む単一の CSV と、1000 レコード未満の複数のファイルが含まれます。 インポートは 1000 件未満のレコードに制限されていますので、管理者は、1000 レコード未満のレコードに制限されていますので、更新を素早くインポートするために、1000 レコード未満のファイルが生成されます。
  • ユーザーまたはワークスペースをエージェントにできます。 ユーザーを割り当てる場合、ユーザーのメール アドレスを入力します。 ワークスペースを割り当てる場合、ワークスペースの名前を入力します。

  • 各行には最大で 50 のエージェントを含めることができます。 詳細については、「50 以上のエージェントを一括で追加または編集する」を参照してください。

この表を使用して、どのフィールドが必須またはオプションか、ハント グループを一括で追加または編集する際にどのような判断が必要かを確認してください。


列は必須またはオプションのフィールドです。 これは、CSV を使用して新しいハント グループを追加する場合と、既存のハント グループを編集する場合とで異なります。

必須/オプション

(ハント グループの追加)

必須/オプション

(ハント グループの編集)

説明

入力できる値

名前

必須

必須

ハント グループ名を入力します。 同じロケーション内にあるハント グループの名前は、一意に識別可能である必要があります。 ハント グループが別のロケーションにある場合は、同じ名前にできます。

例: サンノゼ ハント グループ

文字数: 1-30

電話番号

必須 (内線が空白の場合)

オプション

ハント グループの電話番号を入力します。 電話番号または内線のどちらかが必要です。

CSV インポートでは E.164 番号のみ利用できます。

例: +12815550100


 

電話番号は Control Hub の [番号] タブに表示される必要があります。

Extension

必須 (電話番号が空白の場合)

オプション

ハント グループの内線を入力します。 電話番号または内線のどちらかが必要です。

2~6 桁の内線番号。

00-999999

Location

必須

必須

このコール ハント グループを割り当てるロケーションを入力します。

例: サンノゼ


 

ロケーションは Control Hub の [ロケーション] タブに表示される必要があります。

Caller ID First Name

オプション

オプション

ハント グループ通話回線 ID (CLID) に表示する名前 (名) を入力します。 発信者 ID は、通話転送が有効で、かつ、通話が転送されるときに使用されます。

例: サン


 

UTF-8 の文字コードにのみ対応しています。

文字数: 1-30

Caller ID Last Name

オプション

オプション

ハント グループ通話回線 ID (CLID) に表示する名前 (姓) を入力します。 発信者 ID は、通話転送が有効で、かつ、通話が転送されるときに使用されます。

例: ノゼ


 

UTF-8 の文字コードにのみ対応しています。

文字数: 1-30

言語

オプション

オプション

ハント グループの通知言語を入力します。

例: en_us

Timezone

オプション

オプション

ハント グループ タイム ゾーン キーを入力します。 このタイムゾーンが、ハント グループのスケジュールに適用されます。

例: アメリカ/シカゴ

文字数: 1-127

Call Routing Pattern

必須

オプション

ハント グループ ルーティング パターンを入力します。 サポートされているポリシーから、いずれかを選択します。

CIRCULAR、REGULAR、SIMULTANEOUS、UNIFORM、WEIGHTED

Advance After Set Number of Rings Enable

オプション

オプション

設定された呼び出し回数の後にコールが進む設定を有効または無効にします。 有効にした場合、次の列に呼び出し回数を入力します。

TRUE または FALSE

Advance After Set Number of Rings

オプション

オプション

着信を受けているエージェントから、応答可能な他のエージェントに転送されるまでの呼び出し回数を入力します。

範囲指定: 1-20

Advance When Busy Enable

オプション

オプション

有効にした場合、ハント グループは別の電話に出ているエージェントを呼び出しません。 ハント グループ内の次のエージェントに呼び出しが進みます。 エージェントの着信待ち受けが有効になっているエージェントに呼び出しが進んだ場合、そのエージェントが再びアイドル状態になるまで着信を待機します。

TRUE または FALSE

Forward After Rings Enable

オプション

オプション

呼び出し音が設定された回数だけ鳴った後、応答がない通話を指定された電話番号に転送する機能を有効または無効にします。

TRUE または FALSE

Forward Number

オプション

オプション

応答がない通話の転送先の電話番号を入力します。

CSV インポートでは E.164 番号のみ利用できます。

例: +12815550100


 

電話番号は Control Hub の [番号] タブに表示される必要があります。

Forward After Rings

オプション

オプション

指定された番号に転送されるまでの呼び出し回数を入力します。

範囲指定: 1-99

Forward After Rings Voicemail Enable

オプション

オプション

呼び出し音が設定された回数鳴った後、応答がない場合、通話がボイスメールに転送される機能を有効または無効にします。

TRUE または FALSE

Divert When Unreachable Enable

オプション

オプション

応答がない場合、指定された電話番号に転送する機能を有効または無効にします。

TRUE または FALSE

Divert When Unreachable Number

オプション

オプション

応答がない通話の転送先の電話番号を入力します。

CSV インポートでは E.164 番号のみ利用できます。

例: +12815550100


 

電話番号は Control Hub の [番号] タブに表示される必要があります。

Divert When Unreachable Voicemail Enable

オプション

オプション

応答がない通話を指定されたボイスメールに転送する機能を有効または無効にします。

TRUE または FALSE

Distinctive Ringing Enable

オプション

オプション

ハント グループの発信に対して特有の呼び出し音を鳴らす機能を有効または無効にします。 有効にした場合、エージェントがハント グループから着信した際に特有の呼出音が鳴ります。

有効にした場合、明確な呼出音パターンのタイプを次の列に入力します。

TRUE または FALSE

Distinctive Ringing Pattern

オプション

オプション

特有の呼出音が有効になっている場合、特有の呼出音のパターンを設定します。 次のオプションからいずれかを選択します。

NORMAL、LONG_LONG、SHORT_SHORT_LONG、SHORT_LONG_SHORT

Hunt Group Enable

オプション

オプション

この列を使用してハント グループを有効または無効にします。

ENABLED、DISABLED、enabled、disabled

Alternate Number Distinctive Ringing Enable

オプション

オプション

代替番号の特有の呼出音を有効または無効にします。

有効にした場合、[代替番号の呼出音パターン] の列に呼出音を入力します。

TRUE または FALSE

Alternate Numbers Action

オプション

オプション

ADD」と入力すると、この行に入力する代替番号を追加できます。 「REMOVE」と入力すると、この行に入力する代替番号を削除できます。

REPLACE」と入力すると、以前に入力した代替番号はすべて削除され、この行に追加する代替番号のみが置換されます。

ADD、REMOVE、REPLACE

Agent Action

オプション

オプション

ADD」 と入力すると、この行に入力するエージェントを追加できます。 「REMOVE」と入力すると、この行に入力するエージェントを削除できます。

REPLACE」と入力すると、以前に入力したエージェントはすべて削除され、この行に追加するエージェントのみが置換されます。

ADD、REMOVE、REPLACE

Alternate Number(s)

オプション

オプション

ハント グループに割り当てる代替番号を入力します。

例: 1112223333


 

電話番号は Control Hub の [番号] タブに表示される必要があります。

文字数: 1-23

Alternate Numbers Ring Pattern

オプション

オプション

代替番号で特有の呼出音が有効になっている場合、特有の呼出音のパターンを設定します。 サポートされているオプションから、いずれかを選択します。

NORMAL、LONG_LONG、SHORT_SHORT_LONG、SHORT_LONG_SHORT

Agent1 ID、

Agent2 ID…

Agent50 ID

オプション

オプション

ハント グループに割り当てるエージェントを入力します ユーザーまたはワークスペースをエージェントにできます。 ユーザーを割り当てる場合、ユーザーのメール アドレスを入力します。 ワークスペースを割り当てる場合、ワークスペースの名前を入力します。

例: test@example.com

文字数: 1-161

Agent1 Weight、

Agent2 Weight...

Agent50 Weight

オプション

オプション

ハント グループのコール ルーティング ポリシーで重み付けが設定されている場合、エージェントのパーセンテージの重み付けを入力します。

範囲指定: 0-100

各行には最大で 50 のエージェントと関連するコール ルーティングの重みのパーセンテージ (該当する場合) を含めることができます。 ハント グループには、最大で 1,000 のエージェントを割り当てることができます。 CSV ファイルを使用して 50 以上のエージェントを追加または編集するには、次の手順に従ってください。

1

追加または編集するハント グループの最初の行に 50 のエージェント、および関連するコール ルーティングの重み付けのパーセンテージ (該当する場合) を入力し、追加または編集を行います。

2

次の行では、以下の列の情報のみを入力し、エージェントを追加または編集します。

  • Name - 上の行と同じ名前を入力し、エージェントを追加または編集します。

  • Location - 上の行と同じロケーションを入力し、エージェントを追加または編集します。

  • Agent Action - 「ADD」と入力すると、この行に入力するエージェントを追加できます。 「REMOVE」と入力すると、この行に入力するエージェントを削除できます。


     

    REPLACE」と入力すると、以前に入力したエージェントはすべて削除され、この行に追加するエージェントのみが置換されます。

  • Agent1Agent2 など - 追加、削除、置換するユーザーのメール アドレスまたはワークスペースの名前を入力します。

  • (オプション) Agent1 WeightAgent2 Weightなど - ハント グループのコール ルーティング ポリシーが重み付けされている場合、エージェントの割合の重み付け値を入力します。

その他のすべての列は空白にしておくことができます。

3

追加または編集が必要なすべてのエージェントを追加するまで、この手順を繰り返します。


 

ハント グループには、最大で 1,000 のエージェントを含めることができます。

空白の CSV テンプレートをダウンロードして入力するだけで、ハント グループを一括で追加できます。


ハント グループの通話転送の設定は一括で変更できません。 ハント グループの通話転送を編集するには、「ハント グループの通話転送の設定を編集する」を参照してください。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、 [Calling] > [機能] を選択します。

2

[ハント グループ] > [一括管理] の順にクリックします。

3

追加するハント グループのロケーションを選択します。

4

[.csv テンプレートのダウンロード] をクリックします。

5

スプレッドシートに入力します。

6

CSV ファイルをドラッグ アンド ドロップするか、[ファイルを選択] をクリックしてアップロードします。

7

[アップロード] をクリックします。

正常にアップロードされたら、[タスク ページで詳細を確認] をクリックして、変更のステータスを確認できます。

現在の CSV データをダウンロードして、スプレッドシートに必要な変更を加えるだけで、ハント グループを一括で変更できます。


ハント グループの通話転送の設定は一括で変更できません。 ハント グループの通話転送を編集するには、「ハント グループの通話転送の設定を編集する」を参照してください。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、 [Calling] > [機能] を選択します。

2

[ハント グループ] > [一括管理] の順にクリックします。

3

変更するハント グループのロケーションを選択します。

4

[データをダウンロード] をクリックします。


 

選択している ハント グループ のデータが上限 (各 CSV に対して 10,000 行以上) を超える場合、複数の CSV ファイルを含む ZIP ファイルを受け取ります。

5

スプレッドシートに必要な変更を加えます。

6

変更した CSV ファイルをドラッグ アンド ドロップするか、[ファイルを選択] をクリックしてアップロードします。

7

[アップロード] をクリックします。

正常にアップロードされたら、[タスク ページで詳細を確認] をクリックして、変更のステータスを確認できます。