コンタクト センターを ServiceNow CRM Webex 統合 する前に、次の条件を満たしてください。

次のセクションでは、開発インスタンス用の ServiceNow コネクタをインストールする手順について説明します。

1

ServiceNow の開発ポータルアカウントにログインし、管理コンソールを開きます。

2

[アカウント] メニューの [マイインスタンス] 領域で、[構築の開始] をクリックします。

3

開発インスタンスで、ウィンドウの左上にある [フィルタ(Filter Navigator, Filter navigator ] フィールドで、プラグインに 移動します

4

Openframeというタイトルの Openframe プラグインを検索します。 リストのスクロールが必要な場合があります。

5

[インストール] をクリックして、OpenFrame プラグインをインストールします。

6

[プラグインの有効化] ダイアログボックスで、[有効化] をクリックします。

7

プラグインのアクティベーションが完了したら、[プラグインアクティベーション(Plugin Activation ] ダイアログ ボックスの [閉じる] & [フォームの再 ロード] をクリックします。

8

プラグインのアクティベーションを確認するには、ウィンドウの左上部にある [ナビゲーターのフィルタ処理] フィールドで、[OpenFrame] に移動します。

9

[設定] をクリックして、OpenFrame プラグインが [OpenFrame設定] リストに表示されていることを確認します。

1

ウィンドウの左上部にある [ナビゲーターのフィルタ処理] フィールドで、[システム更新セット] > [セットを更新してコミットする] に移動します。

2

[XML から更新セットをインポート] リンクをクリックします。

3

Github リポジトリで利用可能な XML 最新の System Update Set ファイルを次の場所でダウンロードします:https://github.com/CiscoDevNet/webex-contact-center-crm-integrations/tree/main/ServiceNow。

ファイル名:webexcc-servicenow-update-setV(X).xml

4

[ファイル の選択] をクリックし、[システム更新セットの設定 XML 選択し、[アップロード] をクリック します

更新セットが [取得した更新セット] リストに表示され、[ロード済み] 状態に表示されます。

5

[取得した 更新セット(Retrieved Update Sets] リスト から、[ファイル名の更新(Update Set File Name (リンク) ] をクリックして [更新セット(Update Set] を開きます)。

6

ウィンドウの右上部にある [プレビュー更新セット] をクリックして、問題の更新セットを確認します。

7

プレビュー が完了 したら、[プレビューの設定の更新] ダイアログ ボックスで [閉じる] をクリックします。

8

[更新セットをコミットする] をクリックします。

9

更新 セットの コミットが完了したら、[コミットの設定の更新] ダイアログ ボックスで [閉じる] をクリックします。

1

ウィンドウの左上部にある [ナビゲーターのフィルタ処理] フィールドに、sys_properties.list と入力します。

2

[システムプロパティ] ページで、更新された日付でプロパティを並べ替えます。 Contact Center の次のプロパティが Webex 確認 します。

3

[agentdesktop_url] をクリックして、[システムプロパティの agentdesktop_url] ページを開きます。

4

[値] フィールドに、操作の 地域に Webex センター デスクトップの URL を入力します。

5

[更新(Update)] をクリックして変更を保存します。

6

(オプション)[システムのプロパティ] ページで、[インストール] を screenpop_url。

スクリーン ポップ URL の値は、顧客の使用例に従って編集できます。

デフォルト値は cti.do の ANI sysparm_caller_phone レコードをポップする場合は??

7

(オプション)アクティビティテーブル名を変更するには、必要に応じて webexccactivitytable のプロパティを編集します。

  1. [システムの プロパティ] ページ で、Webexccactivityactivity をクリックします

  2. 必要に応じて [値 ] フィールドを変更します。

8

(オプション)次の方法でユーザ グループを追加します。

  1. ウィンドウの 左上にある [フィルタ navigator] フィールドで、[役割(Roles] に移動 します

  2. アプリケーションを sn_openframe_user 開きます。

  3. ユーザ グループを追加します。

1

[ナビゲーターのフィルタ処理] フィールドで、[OpenFrame] > [設定] に移動します。

2

[新規] をクリックします。

3

URL の次のプロパティを入力します。

  • 名前:Webex Contact Center デスクトップ

  • タイトル:Webex センター

  • :550(推奨)

  • さ:600(推奨)

4

[URL] フィールドの右側にある [ロック] ボタンをクリック し、URL agentdesktop.do 追加 します。 (設定を UI ページにポイントするには、この手順を実行します)。

5

(オプション)設定を割り当てるユーザ/エージェント グループを選択します。

6

[送信(Submit)] をクリックします。 URL がリンクとして表示されます。

7

ブラウザを更新します。

ウィンドウの右上部に OpenFrame の電話アイコンが表示されます。

8

(オプション)[ユーザ グループ ] リスト 、連絡先センター デスクトップにアクセスできるユーザ Webex から [選択(Selected) 移動します。

9

OpenFrame Phone を使用する前に、ServiceNow のカスタム デスクトップ レイアウトの場合は、必ずそのファイルを Webex Contact Center Management ポータルにアップロードしてください。 詳細については、「コンタクト センターでの ServiceNow デスクトップ レイアウトのセットアップ Webex してください

1

ServiceNow のデスクトップ レイアウトを次の https://github.com/CiscoDevNet/webex-contact-center-crm-integrations/tree/main/ServiceNow

2

必要に応じて、デスクトップ レイアウト ファイルのプロパティを更新します。

3

Webex Contact Center 管理ポータルへ移動します。

4

管理ポータル ナビゲーション バーから、[プロビジョニング]、または [ デスクトップ レイアウト> 選択します

5

[新しいレイアウト] をクリックし、デスクトップレイアウトの詳細を入力します。

6

ServiceNow デスクトップレイアウトの場合は、次のファイルをアップロードします。

7

[Save] をクリックして、設定を保存します。

ServiceNow コンソール内で Webex センター デスクトップから開始できます。

8

ServiceNow 内部で接続されているソフトフォンを起動するには、[電話] アイコンをクリックします。

次のセクションでは、ライセンスを受け取っているエンタープライズ インスタンス用の ServiceNow コネクタをインストールする手順について説明します。

1

ServiceNow の開発ポータルアカウントにログインし、管理コンソールを開きます。

2

[アカウント] メニューの [マイインスタンス] 領域で、[構築の開始] をクリックします。

3

開発インスタンスで、ウィンドウの左上にある [フィルタ(Filter Navigator, Filter navigator ] フィールドで、プラグインに 移動します

4

Openframeというタイトルの Openframe プラグインを検索します。 リストのスクロールが必要な場合があります。

5

[インストール] をクリックして、OpenFrame プラグインをインストールします。

6

[プラグインの有効化] ダイアログボックスで、[有効化] をクリックします。

7

プラグインのアクティベーションが完了したら、[プラグインアクティベーション(Plugin Activation ] ダイアログ ボックスの [閉じる] & [フォームの再 ロード] をクリックします。

8

プラグインのアクティベーションを確認するには、ウィンドウの左上部にある [ナビゲーターのフィルタ処理] フィールドで、[OpenFrame] に移動します。

9

[設定] をクリックして、OpenFrame プラグインが [OpenFrame設定] リストに表示されていることを確認します。

エンタープライズ ライセンスを持つインスタンスは、serviceNow Store Webex 直接 Webex センター アプリケーションをインストールできます。

ServiceNow ストアから Webex コンタクト センター パッケージをダウンロードしてインストールします:https://store.servicenow.com/sn_appstore_store.do#!/store/application/6c8e2a4edbc73410e1c75e25ca961947

1

ウィンドウの左上部にある [ナビゲーターのフィルタ処理] フィールドに、sys_properties.list と入力します。

2

[システムプロパティ] ページで、更新された日付でプロパティを並べ替えます。 Contact Center の次のプロパティが Webex 確認 します。

3

[agentdesktop_url] をクリックして、[システムプロパティの agentdesktop_url] ページを開きます。

4

[値] フィールドに、操作の 地域に Webex センター デスクトップの URL を入力します。

5

[更新(Update)] をクリックして変更を保存します。

6

(オプション)[システムのプロパティ] ページで、[インストール] を screenpop_url。

スクリーン ポップ URL の値は、顧客の使用例に従って編集できます。

デフォルト値は cti.do の ANI sysparm_caller_phone に基づいてレコードをポップする場合は??

7

(オプション)アクティビティ テーブル名を変更するには、必要に応じて x_caci_webexcc.webexccactivity プロパティ を編集します。

  1. [システムの プロパティ] ページ で、[. webexccactivity x_caci_webexcc] をクリックします

  2. 必要に応じて [値 ] フィールドを変更します。

8

(オプション)次の方法でユーザ グループを追加します。

  1. ウィンドウの 左上にある [フィルタ navigator] フィールドで、[役割(Roles] に移動 します

  2. アプリケーションを sn_openframe_user 開きます。

  3. ユーザ グループを追加します。

1

[ナビゲーターのフィルタ処理] フィールドで、[OpenFrame] > [設定] に移動します。

2

[新規] をクリックします。

3

URL の次のプロパティを入力します。

  • 名前:Webex Contact Center デスクトップ

  • タイトル:Webex センター

  • :550(推奨)

  • さ:600(推奨)

4

URL フィールドの右側にある [ ロック( Lock ] ボタン をクリックし、 URL x_caci_webexcc_agentdesktop.do を 追加します。 (設定を UI ページにポイントするには、この手順を実行します)。

5

(オプション)設定を割り当てるユーザ/エージェント グループを選択します。

6

[送信(Submit)] をクリックします。 URL がリンクとして表示されます。

7

ブラウザを更新します。

ウィンドウの右上部に OpenFrame の電話アイコンが表示されます。

8

(オプション)[ユーザ グループ ] リスト 、連絡先センター デスクトップにアクセスできるユーザ Webex から [選択(Selected) 移動します。

9

OpenFrame Phone を使用する前に、ServiceNow のカスタム デスクトップ レイアウトの場合は、必ずそのファイルを Webex Contact Center Management ポータルにアップロードしてください。 詳細については、「コンタクト センターでの ServiceNow デスクトップ レイアウトのセットアップ Webex してください

1

ServiceNow のデスクトップ レイアウトを次の https://github.com/CiscoDevNet/webex-contact-center-crm-integrations/tree/main/ServiceNow

2

必要に応じて、デスクトップ レイアウト ファイルのプロパティを更新します。

3

Webex Contact Center 管理ポータルへ移動します。

4

管理ポータル ナビゲーション バーから、[プロビジョニング]、または [ デスクトップ レイアウト> 選択します

5

[新しいレイアウト] をクリックし、デスクトップレイアウトの詳細を入力します。

6

ServiceNow デスクトップレイアウトの場合は、次のファイルをアップロードします。

7

[Save] をクリックして、設定を保存します。

ServiceNow コンソール内で Webex センター デスクトップから開始できます。

8

ServiceNow 内部で接続されているソフトフォンを起動するには、[電話] アイコンをクリックします。

1

[フィルタ ナビゲーション ] フィールド から [インシデント( Incidents >開く] に移動します。

2

発信者フィールドを右クリックして、[ディクショナリの設定] をクリックします

3

カンマ区切りの属性を追加 する"ref_contributions=show_phone,.

ServiceNow コンソール内の Webex センター デスクトップから使用を開始できます。

4

ServiceNow 内部で接続されているソフトフォンを起動するには、[電話] アイコンをクリックします。

発信する前に、次の操作を実行してください。

  • アウトダイヤル エントリポイントを作成し、アウトダイヤルのエントリポイント戦略を設定する。

  • エージェントプロファイルのアウトダイヤル ANI を有効にする。

  • ダイヤル番号からエントリポイントへのマッピングにアウトダイヤル ANI を設定します。

詳細については、『Cisco Webex Contact Center セットアップおよび管理ガイド』の「プロビジョニング」の章を参照してください。

ServiceNow コンソール内 Webex Contact Center デスクトップから起動するには、ウィンドウの右上部にある [電話] アイコンをクリックします。

デスクトップの使用方法ついては、『Cisco Webex Contact Center エージェントデスクトップ ユーザーガイド』を参照してください。