概要

Edge Audio コールバックが 1 つ以上の国に対して有効に設定されている場合、Webex はインターネット上で通話をルートします。 DNS、TCP または TLS の接続性に問題がある場合、あるいは通話で 380 または 400~699 の SIP エラー応答が生じた場合、Webex は PSTN 接続で通話を試みます。


PSTN 料金は、PSTN ネットワーク パスでルートされる失敗した Edge Audio 通話に適用されます。 PSTN 料金はお客様との契約に基づいて請求されます。

PSTN 音声を使用した通話の再試行はデフォルトで有効になっていますが、オフにすることもできます。 ユーザーがコールバック オプションを選択して通話に失敗すると、PSTN 音声トリガーを使用して通話を再試行します。 PSTN 音声を使用した通話の再試行は、ダイヤルインの場合は適用されません。

サイト管理から PSTN 音声を使用した通話の再試行を無効にする

Webex サイト管理で Webex サイトを管理する場合、またはサイト リンク プロセスを完了した場合は、サイト管理から PSTN 音声を使用した通話の再試行を無効にできます。

1

サイト管理にサインインし、[構成] > [共通サイト設定] > [音声設定] の順に選択します。

2

[コールバック設定] で [PSTN 音声を使用して通話を再試行する] チェック ボックスをオフにします。

3

[設定を適用] を選択します。

Control Hub から PSTN 音声を使用した通話の再試行を無効にする

Control Hub で Webex サイトをセットアップして管理する場合、Control Hub で PSTN 音声を使用した通話の再試行を無効にします。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] から [サイト] を選択します。

2

Edge Audio を設定するサイトを選択し、[サイトの設定] を選択します。

3

[Edge Audio] を選択します。

4

[コールバック設定] で [PSTN 音声を使用して通話を再試行する] チェック ボックスをオフにします。

5

[設定を適用] を選択します。

Unified CM から番号をブロックする

[Unified CM の管理] から、コールバック先に Edge Audio を使用するか、PSTN 接続を使用するかを指定できます。 通話で 380 または 400~699 の SIP エラー応答が生じた場合、通話は PSTN 音声を使用して再試行されます。

通話で

  • 500~599 の SIP エラーが生じた場合、すべての A レコードを試します。

  • 380、400~499 または 600~699 の SIP エラーが生じた場合、すべての A レコードを再試行することはありません。

Edge Audio コールバックはネットワークの宛先でのみ設定できます。 これを行うには、[Unified CM の管理] で Edge Audio に使用するトランクにおいて、PSTN ルート パターンへのアクセスを削除します。 この変更により、Unified CM はネットワーク外の宛先へのコールバック リクエストをすべて拒否し、これらの通話は PSTN 音声を使用して再試行します。


Unified CM から PSTN ルート パターンへのアクセスを削除する場合は、ブロック理由をデフォルトの「エラーなし」以外に更新する必要があります。

たとえば、Edge Audio がネットワークの電話番号を Unified CM にルートし、ネットワーク外の電話番号は Webex PSTN を使用してルートするようにするには、Unified CM コール検索スペース (CSS) が PSTN ルート パターンを持つパーティションにアクセスできないことを確認してください。