変更事項

2021 年 10 月 1 日にe-Mandateが施行され、顧客のクレジット カードとデビット カードの自動支払トランザクションを保護するために、追加認証が必要な新しい支払規制が導入されました。

非準拠の銀行からカードに対して行われる定期支払いは自動的に拒否されます。

影響を受ける人は?

インドで発行された銀行のデビット カードまたはクレジット カードを使用している 3D セキュア (3DS) の顧客を含む、すべての顧客が影響を受ける可能性があります。

必要となるアクションは?

最初に、銀行の指定登録プロセスに従って銀行に登録する必要があります。

その後、デスクトップから [アカウント管理] ページにアクセスします。 [請求] タブに移動して支払方法を編集します。 現在の支払いを、ワンタイム パスワード (OTP) 認証による定期支払いをサポートするデビット カードまたはクレジット カードに更新します。 次のカードがサポートされています。

  • Axis 銀行 - Visa クレジット、Visa デビット、Mastercard クレジット、Mastercard デビット

  • Citibank - Visa クレジット、Mastercard デビット、Mastercard クレジット

  • HDFC 銀行 - Visa クレジット、Visa デビット、Mastercard クレジット、Mastercard デビット

  • ICICI 銀行 - Visa クレジット、Visa デビット、Mastercard デビット

  • SBI 銀行 - Visa クレジット

  • Kotak 銀行 - Visa クレジット、Visa デビット

  • Bank of Baroda - Visa デビット

  • IDFC 銀行 - Visa クレジット

  • Yes 銀行 - マスターカード クレジット

  • RBL 銀行 - Mastercard デビット

これらの操作を完了すると、銀行からメールまたは SMS コミュニケーションが届きます。 すべての自動支払トランザクションに 1 回の OTP 認証が必要です。

OTP 通知を見つけることに問題がある場合、または認証プロセスに問題が発生した場合は、カード発行銀行のサポート チームにお問い合わせください。

毎月のサブスクリプションについて、支払いを毎月承認する必要がありますか?

Webex 認証が完了すると (「必要となるアクションは?」を参照)、毎月 5,000 インド ルピーまでのすべての料金が自動的にカードに請求されます。 月額 5,000 インド・ルピーを超える支払いについては、明示的な認証が毎月必要です。 これは通常、銀行から OTP の形式で提供されます。 詳細については、銀行のガイドラインに従ってください。 さらに詳しい情報については、お問い合わせください。


年間プランは、月間プランと同じ要件に従います。 自動支払いへの登録後に、最大で 5000 インド ルピーを支払う場合、次の請求の前に銀行から通知が送られます。 1 課金あたり 5,000 インド ルピーを超える年間契約は、明示的な OTP 認証でのみ更新されます。

サービスが中断される前に、カードを更新する必要がある期間は?

前回の更新日から 60 日以内に、新しい e-Mandate をサポートするカードの使用を開始してください。 前回の更新日から 60 日以内にアカウント管理で正しい支払方法が更新されない場合、アカウントは無料プランにダウングレードされます。

e-Mandate 非準拠の一部のカードを使用すると、どうなりますか?

現在、非準拠の銀行からのクレジット カードによる支払いはエラーが表示され失敗となります。 前回の更新日から 60 日以内に準拠している銀行からの支払方法を使用しない場合、アカウントは無料プランにダウングレードされます。 現在、追加のソリューションに取り組んでおり、準備でき次第、関連するお知らせを発表します。