エラー: 「アカウントの自動作成に失敗しました 31」

サイト管理者の場合は、自動アカウント作成が失敗するエラーをトラブルシューティングするため。

エラー: 「アカウントの自動作成に失敗しました 31」

ヌル エラー番号 - 31

新しい SSO アカウントを作成する時、エラー コード 31

エラー: 「理由: アカウントの自動作成に失敗しました(31)」


原因:

このエラーは、次の理由で発生することが考えられます。

  • サイトにパートナー ID がありません。
  • ログインしようとしている主催者のアカウントはすでに存在していますが、無効であるか、承認待ちです。
  • アカウントの作成処理中に、必須フィールドが Webex サイトに渡されていません。
    • 以下のフィールドは常に必要であり、SAML 応答になければなりません。
      • ユーザー名
      • メール
  • 空いている主催者のライセンスがありません。
  • メンバーステータス属性は SAML 応答にあります。

解決方法:

メモ: SAML アサーションに「メンバーステータス」属性が含まれている場合、次の手順を実行する前に、このエントリをアサーションから削除してください。 メンバー ステータス属性は、SAML リクエストで必要ありません。

サイト管理者のみ

問題のトラブルシューティングをするためには、下記の点を参照してください。

アカウントは機能していません

  • Webex サイトに空きの主催者アカウント シートがあることを確認してください。
    1. Webex サイト管理ページにログインします(例: https://SITENAME.webex.com/admin.php)
    2. [サイト情報] セクションで、秋のホストアカウントがあることを確認してください。
  • アカウントが承認待ちであるかどうかを確認します。
  • API を使用してユーザー アカウントを作成する場合、すべての必須フィールドが Webex サイトに渡されていることを確認してください。
    • 必須フィールドを確認:
      1. Webex サイト管理ページにログインします(例: https://SITENAME.Webex.com/admin.php)
      2. ページ左側の [ユーザー管理] > [ユーザーの追加] リンクをクリックします。
      3. アスタリスク (*) がつけられたすべてのフィールドは必要で、アカウント作成中に渡す必要があります。 ページを下方へスクロールして、すべての選択可能なフィールドをスキャンして、必要な情報を確認してください。

アカウントは以前、機能していました

  • 主催者のアカウントが Webex サイトでアクティブであることを確認してください。
    1. Webex サイト管理ページにログインします(例: https://SITENAME.webex.com/admin.php)
    2. ページ左側の [ユーザー管理] > [ユーザーの編集] リンクをクリックします。
    3. アクティブなアカウントのみを表示(Show active accounts only) ボックスのチェックを解除します
    4. [ユーザー名:] または [電子メール:] フィールドに主催者の検索条件を入力し、[検索] ボタンをクリックします。
    5. アカウントが表示されたがアクティブとして示されない場合、[アクティブ] 列のボックスをオンにし、その後 [送信] ボタンを押します。

問題が引き続き発生する場合はテクニカルサポートにお問い合わせください。

注意uid 属性と updatetimestamp 属性は自動アカウント作成に必須ではありません。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事
上矢印