メッセージングおよび通話機能ライセンスについて

当社では、すべてのお客様に対して Webex の基本的なメッセージ機能と通話機能を無料で使用できる権限を付与しています。 ユーザーが重要な機能 (ドキュメント、ディスカッション、ボイスメール、ミーティングの招待、録画など) に迅速にアクセスできる一貫したエクスペリエンスを、1 つのアプリで実現します。 アプリを切り替えることなく会話を続けることができるため、生産性が向上します。

当社のお客様には完全なサービスの使用をWebexアプリ、展開するために特定の機能をオフにする必要がある場合がありますWebexこれらの機能に別のアプリを使用している場合、またはコンプライアンス上の理由により、組織全体で遅くなっています。

ユーザー管理アクセスを持つ管理者は、ライセンスを削除して次の機能をオフにできます。

  • Basic メッセージ (Basic スペース ミーティングも無効になります)

  • Basic コーリング

  • Basic メッセージ Basic コーリング (Basic スペース ミーティングも無効になります)

これらのライセンスを削除するには、Control Hub でライセンスの割り当てや変更を行うための方法を使用するか、API を使用します。

Webex の組織のライセンスに大きな変更を行う前に、次の準備手順に従うことをおすすめします。

1

同僚の管理者に相談して、Control Hub で各ユーザー プロファイルに付与するライセンスを決定します。 ユーザーをプロファイルし、それをもとにライセンスを付与するためのライセンス プランニング セッションを検討します。

2

大規模な変更を適用する前に、少人数のユーザーに対するライセンスの割り当てを検証します。

3

組織にフィードバック チャネルを設定して、フィードバックを収集できるようにします。

自動ライセンス割り当ては使用しないものの、Basic メッセージや Basic コーリングを無効にする場合は、自動ライセンス割り当てテンプレートを使用することをおすすめします。 組織全体、または各グループのテンプレートを Active Directory から同期できます。

この手順に従って自動割り当てテンプレートを設定し、参加するユーザーの基本ライセンスをオフにします。 この手順を行わないと、新規ユーザーに Basic メッセージ ライセンスと Basic コーリング ライセンスが付与されることになります (デフォルトではオンになっているため)。各新規ユーザーに対して付与しないライセンスはオフにする必要があります。

Active Directory または Okta などの外部ディレクトリからユーザーを同期する予定がある場合は、事前にテンプレートを設定してください。 すでにユーザーをディレクトリと同期 している場合、これらのステップと既存のユーザーから Basic Messaging または Calling を削除するの手順の両方を行う必要があります

1

https://admin.webex.com の組織にサインインし、[ユーザー] ページを開きます。

2

ライセンス割り当てテンプレートに移動します。

  • AD グループを使用してライセンスを割り当てる場合は、[グループ] をクリックします。

  • 組織全体のライセンス テンプレートを使用している場合は、[ライセンス] をクリックします。

3

[変更]をクリックします。

4

メッセージを無効にするには、[Basic メッセージ] ボックスのチェックを外します。

Advanced メッセージのライセンスをお持ちの場合、すべてのメッセージを無効にするには、そのボックスのチェックを外します。

5

コーリングを無効にするには、[Webex で発信] ボックスのチェックを外します。

6

[保存] をクリックします

7

グループ ベースのライセンス割り当てテンプレートを使用している場合は、他のすべてのグループに対してこの手順を繰り返します。

ユーザーが Control Hub 組織に参加しても、無効にした機能にはアクセスできません。

次に行うこと

組織に既存の ユーザーがいて、基本的なメッセージングまたは通話を削除する場合は、「Basic Messaging または Calling を既存のユーザーから削除する」の手順も実行します

ライセンス テンプレートを変更しても、組織内の既存のユーザーには影響を与えません。 次の手順を実行して、これらのユーザーから Basic メッセージまたは Basic コーリングを削除します。


 
  • Advanced および Basic スペース ミーティングのライセンスには、Basic メッセージング ライセンスが必要です。 Basic メッセージングを削除するには、Advanced および Basic スペース ミーティングの両方のライセンスも削除する必要があります。 そうしないと、CSV にエラーが発生します。
  • Basic メッセージング ライセンスをAdvanced メッセージング ライセンスに割り当てる必要があります。 Basic メッセージングなしでは、Advanced メッセージングは割り当てられません。

始める前に


 

使用中の機能を削除する場合は注意してください。 たとえば、誤ってメッセージを無効にすると、ユーザーはすべてのスペースとメッセージへのアクセス権を失います。 データは組織の保持ポリシーに従ってサーバーに保持されるため、必要な場合はすぐにアクセスを復元できます。

1

[ユーザー] ページで [ユーザーの管理] をクリックします。

2

[ユーザー リストのエクスポート] をクリックし、ダウンロードした CSV ファイルを開きます。


 

ユーザー ライセンスに変更を加える際、特にライセンスを削除する場合は、過去にダウンロードしたファイルを使用するのではなく、新しい CSV ファイルをダウンロードすることをおすすめします。

3

メッセージを無効にするには、 Basic Messaging 列を探します。

  1. その列のすべてのセルを FALSE.

  2. もしも TRUE 値が Advanced Messaging 列に入力されている場合、すべてのメッセージを無効にするには、その列の すべてのセルを FALSE.

4

コーリングを無効にするには、 Call on Webex 列を探し、その列のすべてのセルを FALSE.

5

変更した CSV ファイルを保存します。

6

[ユーザー] ページで [ユーザーの管理] をクリックし、[CSVでユーザーを追加または変更] をクリックします。

7

メールを受け取るユーザーに関する警告をクリックし、変更した CSV ファイルをドラッグしてインポート エリアにドロップします。

8

[サービスの追加と削除] を選択し、[次へ] をクリックします。

9

処理が完了するまで待ち、エラーを確認したら、ウィザードを閉じます

組織内の既存のユーザーに Webex アプリのメッセージ機能が表示されなくなります。 Webex アプリで変更が表示されるまでに最大 24 時間かかることがあります。

メッセージオフ

Basic メッセージが無効になっていると、アプリ ユーザーはチャットメッセージを送受信できません。 メッセージング と Teams コントロール 、ナビゲーション メニューに表示されてではありません。

ユーザーが適切なライセンスを取得している場合は、引き続きコーリングとミーティングのコントロールを使用できます。

表 1. Basic メッセージが無効になっている場合の機能の使用可否

機能

Basic メッセージが無効になっている場合の使用可否

相手に直接メッセージを送信する (1 対 1)

グループ スペースでメッセージを送信する

通話またはミーティング外でデスクトップを共有する

通話またはミーティングでデスクトップを共有する

はい

スペースでミーティングをスケジュールする

相手の Webex アプリに直接発信する (1 対 1)

はい

[通話][ボイスメール] のナビゲーション メニュー項目を使用する

はい

Webex ミーティング サイトのミーティングに [参加] ボタン (One Button to Push) を使用する

はい

Webex ミーティング サイトでミーティングをスケジュールする

はい (主催者ライセンスを使用)

ホワイトボードを使用する

注釈

はい (アクティブな通話でのデスクトップ共有中)

いいえ。アクティブな通話がない場合、ユーザーはデスクトップまたは注釈を共有できません。

ユーザーのプレゼンス情報を確認する

はい


 

Webex アプリでは、メッセージ機能のないユーザーとのスペースを作成することはできません。 これは、組織内の一部のユーザーはメッセージを使用しているものの、他のユーザーからはライセンスが削除されている場合に発生する可能性があります。

メッセージのないユーザーに対する表示

ユーザーはカレンダー ビューからミーティングをスケジュールしたり、ミーティングに参加したり、ミーティングを開始したりできます。 スペースを持っていないため、スペースでミーティングをスケジュールすることはできません。

図 1: メッセージのない Webex アプリの UI: カレンダー ビュー

ユーザーは通話を受発信できるため、連絡先、キーパッド、通話履歴を確認することはできます。

図 2: メッセージのない Webex アプリの UI: 連絡先
図 3: メッセージのない Webex アプリの UI: キーパッド
図 4: メッセージのない Webex アプリの UI: 履歴

メッセージ機能を使用できるユーザーに対する表示

組織内にメッセージのライセンスを持つユーザーがいる場合、そのユーザーが自分のメッセージ コントロールを使用してライセンスのないユーザーとコラボレーションすることはできません。 コントロールは表示されますが、アクティブではありません。

これらのユーザーをスペースに招待することはできません。ユーザーの名前はグレー表示されるとともに、メッセージを受信できないことを示すステータスが表示されます。

図 5: Basic メッセージがないユーザーに対するスペースへの招待

これらのユーザーにダイレクト メッセージを送信することはできません。ユーザーを検索すると、名前がグレー表示されます。

図 6: Basic メッセージがないユーザーとのダイレクト (1 対 1) メッセージ

相手のユーザーの名刺でダイレクト メッセージのコントロールを使用することはできません。 コントロールは表示されますが、アクティブではありません。そのユーザーはメッセージを受信できないことを通知するアラートが表示されます。 その他のコラボレーション モードは、引き続き名刺でアクティブになっています。

図 7: メッセージを受信できないユーザーの名刺

連絡先ビューには、メッセージを受信できないユーザーが表示されます。 ダイレクト メッセージのコントロールは表示されますが、アクティブではありません。その他のコラボレーション モードは、引き続き連絡先でアクティブになっています。

図 8: メッセージを受信できない連絡先が表示されている連絡先ビュー

Webex での通話なしの場合 (その他の通話オプションなし)

ユーザーの Webex ライセンスの無料通話を無効にしており、有料のコール ライセンスがない場合は、そのユーザーが Webex アプリから発信することはできません。

表 2. すべての通話が無効な場合、機能の可用性

機能

Webex での通話が無効になっている場合の使用可否

相手に直接メッセージを送信する (1 対 1)

はい

グループ スペースでメッセージを送信する

はい

通話またはミーティング外でデスクトップを共有する

はい

通話またはミーティングでデスクトップを共有する

スペースでミーティングをスケジュールする

はい

相手の Webex アプリに直接発信する (1 対 1)

[通話][ボイスメール] のナビゲーション メニュー項目を使用する

いいえ

はい (高度なコール ライセンスを使用。通話オプションは Webex での通話とは異なります)

Webex ミーティング サイトのミーティングに [参加] ボタン (One Button to Push) を使用する

はい

Webex ミーティング サイトでミーティングをスケジュールする

はい (主催者ライセンスを使用)

ホワイトボードを使用する

注釈

ユーザーのプレゼンス情報を確認する

はい

これらのユーザーはダイレクト メッセージ、スペース、チームを使用できますが、ナビゲーション メニューで通話履歴とキーパッド オプションを使用することはできません。

図 9: コーリングのない Webex アプリの UI: 連絡先ビュー

ユーザーはカレンダー ビューからミーティングをスケジュールしたり、ミーティングに参加したり、ミーティングを開始したりできます。

図 10: コーリングのない Webex アプリの UI: カレンダー ビュー

メッセージと Webex での通話の両方がない場合 (有料の通話オプションあり)

Basic メッセージ と Webex での通話の両方が無効になっている場合、ユーザーにはミーティングと有料通話オプションに関連するコントロールが表示されます。 Webex での通話を使用して別のユーザーに発信することはできません。 [メッセージ][チーム] はナビゲーション メニューに表示されません。

機能

Basic メッセージと Webex での通話が無効になっている場合の使用可否

相手に直接メッセージを送信する (1 対 1)

グループ スペースでメッセージを送信する

通話またはミーティング外でデスクトップを共有する

通話またはミーティングでデスクトップを共有する

スペースでミーティングをスケジュールする

相手の Webex アプリに直接発信する (1 対 1)

[通話][ボイスメール] のナビゲーション メニュー項目を使用する

はい

Webex ミーティング サイトのミーティングに [参加] ボタン (One Button to Push) を使用する

はい

Webex ミーティング サイトでミーティングをスケジュールする

はい (主催者ライセンスを使用)

ホワイトボードを使用する

注釈

ユーザーのプレゼンス情報を確認する

はい

Basic メッセージがなく、有料通話オプションがあるユーザーに対する Webex の表示

ユーザーはカレンダー ビューからミーティングをスケジュールしたり、ミーティングに参加したり、ミーティングを開始したりできます。 スペースを持っていないため、スペースでミーティングをスケジュールすることはできません。

図 11: 有料通話あり、メッセージなしの Webex アプリ のUI: カレンダー ビュー

ユーザーは通話を受発信できるため、連絡先、キーパッド、通話履歴を確認することはできます。

図 12: 有料通話あり、メッセージなしの Webex アプリ のUI: 連絡先
図 13: 有料通話あり、メッセージなしの Webex アプリ のUI: キーパッド
図 14: 有料通話あり、メッセージなしの Webex アプリ のUI: 履歴

Webex での基本的なメッセージングオフと通話オフ (ミーティングのみ)

Basic メッセージ と Webex での通話の両方が無効になっている場合、アプリのユーザーにはミーティングと (その他の) 通話オプションに関連するナビゲーションのみが表示されます。 Webex アプリのユーザーは Webex での通話を使用して別のユーザーに発信することはできません。 メッセージングとチームは 、ナビゲーション メニューに表示されません。

表 3. Webex の Basic Messaging と Call が無効な場合にこの機能が利用できます

機能

Basic メッセージと Webex での通話が無効になっている場合の使用可否

相手に直接メッセージを送信する (1 対 1)

グループ スペースでメッセージを送信する

通話またはミーティング外でデスクトップを共有する

通話またはミーティングでデスクトップを共有する

スペースでミーティングをスケジュールする

相手の Webex アプリに直接発信する (1 対 1)

[通話][ボイスメール] のナビゲーション メニュー項目を使用する

はい (高度なコール ライセンスを使用。通話オプションは Webex での通話とは異なります)

Webex ミーティング サイトのミーティングに [参加] ボタン (One Button to Push) を使用する

はい

Webex ミーティング サイトでミーティングをスケジュールする

はい (主催者ライセンスを使用)

ホワイトボードを使用する

注釈

ユーザーのプレゼンス情報を確認する

はい

コーリングもメッセージもないユーザーに対する Webex の表示

ユーザーはカレンダー ビューからミーティングをスケジュールしたり、ミーティングに参加したり、ミーティングを開始したりできます。 ナビゲーション メニューには [チーム]、[メッセージ]、[通話履歴]、[キーパッド] のアイコンは表示されません。

図 15: ミーティングのみの Webex アプリの UI: カレンダー ビュー
図 16: ミーティングのみの Webex アプリの UI: 連絡先ビュー

このユーザーにはダイレクト メッセージを送信したり、スペースを作成したり、発信を行うためのライセンスが付与されていません。 [+] ボタンをクリックすると、連絡先を追加またはミーティングをスケジュールするオプションのみが表示されます。

図 17: ミーティングのみの Webex アプリの UI: 連絡先を追加またはミーティングをスケジュール

メッセージまたはコール ライセンスのないユーザーの名刺を開いても、そのユーザーにダイレクト メッセージを送信したり、電話を発信したりするために必要なボタンは表示されません。

図 18: 通話の発信/受信またはメッセージの送信/受信を行うことができないユーザーの名刺

ユーザーのメッセージ ライセンスを削除すると、そのユーザーのメッセージ インスタンスとデータはどうなりますか。

ユーザーはメッセージ機能を失うため、メッセージを送受信することはできません。

ユーザーのデータ (メッセージ、ファイルなど) は、組織の保持ポリシーに従って保持されます。

変更内容が Webex アプリに反映されるまでにどのくらいの時間がかかりますか。

ライセンスの変更がアプリケーションに反映されるまで、最大 24 時間かかることがあります。

ユーザーのライセンスを変更した場合、ウェルカム メールは送信されますか。

ウェルカム メールが送信されるのは、最初にユーザーをオンボードした際の 1 回のみです。 ライセンスの変更の際はメールは送信されません。 ユーザー ライセンスを変更する予定がある場合は、ユーザーへの連絡についても計画する必要があります。

ウェルカム メールが送信されないようにするにはどうすればよいですか。

自動ウェルカム メールの抑制を読む

ライセンスを誤って削除した場合はどうすればよいですか。 そのユーザーのすべてのメッセージが失われますか。

ユーザーが生成したデータは一定期間保持されるため、ライセンスを再び付与すればそのユーザーのデータを復元できます。 メッセージの保持期間は、組織の保持ポリシーに準拠します。

API 経由でライセンスを変更することはできますか。

はい。 API ドキュメント (https://developer.webex.com/docs/api/guides/admin-api) を参照してください。


 
  • Advanced および Basic スペース ミーティングのライセンスには、Basic メッセージング ライセンスが必要です。 Basic メッセージングを削除するには、Advanced および Basic スペース ミーティングの両方のライセンスも削除する必要があります。 そうしないと、API にエラーが発生します。
  • Basic メッセージング ライセンスをAdvanced メッセージング ライセンスに割り当てる必要があります。 Basic メッセージングなしでは、Advanced メッセージングは割り当てられません。

関連する API コール:

ユーザーから 1 つ以上のライセンスを削除するには、次の BASE64 でエンコードされた文字列のリストから、削除するライセンスを 除くすべてのライセンスについてユーザーを更新します ( ORGID および USERID を適切な値に置き換えます):

ライセンス

文字列

UCM ライセンス

ciscospark://us/LICENSE/ORGID:UCPREM_USERID

Basic メッセージ

ciscospark://us/LICENSE/ORGID:FMS_USERID

Basic スペース ミーティング


 

メッセージ ライセンス (Basic または Advanced) をお持ちの場合は、Basic スペース ミーティングが自動的に割り当てられます。 個別にコントロールすることはできません。

ciscospark://us/LICENSE/ORGID:FTM_USERID

Basic コーリング

ciscospark://us/LICENSE/ORGID:FTC_USERID

ライセンスの削除に関する一般的な問題

  • ユーザー ライセンスに対する変更がシステム経由で反映されるまでに最大 24 時間かかることがあります。

Basic メッセージ ライセンスの削除に関する問題

  • Basic メッセージのないユーザーに対し、別の組織のユーザーがメッセージを送信した場合、メッセージが受信されなかったことが送信者に通知されません。

    この問題が発生するのは、複数の組織間でメッセージ機能が共有されないためです。

  • 同じ組織内の 2 人のユーザーが 1 対 1 のメッセージ スペースを共有し、その後いずれか一方のユーザーから Basic メッセージが削除された場合でも、もう一方のユーザーはそのスペースにメッセージを送信できる状態が続きます。