トラッキング コードの使用について


Control Hub にトラッキング コードが表示されていない場合は、カスタマー サクセス マネージャー(CSM) に連絡します。

トラッキング コードは、Webex サービスサイト上のユーザーのカテゴリを識別するための数字からなるコードです。 トラッキング コードを使えば、組織内の様々なグループによる使用状況を分析することができます。例えば、部門や部署です。 トラッキング コードは、Webex サービスサイトから入手できる使用レポート中のユーザーについての情報の一部として表示されます。 これらのレポートのデータを原価計算、あるいは社内経費手続き目的で使用することができます。

ユーザーに以下のいずれかまたは複数の操作を要求できます:

  • アカウントへのサインアップ時にプロファイル内でコード値を提供する。

  • イベント、ミーティング、トレーニングセッションのスケジュール時にコードの値を提供する。

  • あなたが指定した値の一覧からコードの値を選択する。

    次のいずれかの方法でコード値の一覧を作成できます。

    • コード値の一覧を入力します。

    • 作成するカンマ区切り値 (CSV) ファイルからコード値の一覧をインポートします。

あるいは、Control Hub でユーザーアカウントを追加または編集する際に、ユーザーのプロファイルで指定することができます。 こうすることで、ユーザーはイベント、ミーティング、セッションのスケジューリング時に、各自のプロファイルでタイプやコード値を選択する必要がなくなります。


サイト リンク手順を完了した場合、サイト管理でのトラッキング コードの管理を行います。

トラッキング コードの指定

サイト管理者は、Webex サイトの使用をトラッキングするためのトラッキング コードを指定できます。 たとえば、トラッキング コードは、指定されたプロジェクト、部門、部署になる場合があります。

指定されたトラッキング コードのラベル、またはグループ名は、Webex サイトの次のいずれのページでも表示できます。

  • マイ プロファイル ページ: アカウントを持つ各ユーザーについての個人情報を含むページです。 ユーザーはこのページで個人情報を保管することができます。

  • ミーティングのスケジュール ページ: (Webex Meetings) ミーティングのスケジュール時にユーザーが情報を提供するページです。

  • トレーニングセッションのスケジュールページ: (Webex Training) トレーニング セッションのスケジュール時にユーザーが情報を提供するページです。

  • イベントのスケジュールページ: (Webex Events) イベントのスケジュール時にユーザーが情報を提供するページです。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[サイト] を選択します。

2

設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] をクリックします。

3

[共通設定] の下で、[トラッキング コード] を選択します。

4

[トラッキング コードのグループ] 列で、ラベトラッキング コードのラベル、およびグループ名を入力します。

例えば、地域または部門を入力します。

5

[入力モード] 列で、ユーザーが文字列を入力する、または設定したオプションのリストから選択するなどのコード値を提供するためのオプションを選択します。

6

(オプション) あなたが指定した値のリストからトラッキング コードを選択するようユーザーに要求するには、次のいずれかを実行します:

  • コード値を入力してリストを作成するには、[追加/編集] をクリックして [トラッキング コード リスト] ページを開きます。 それからコード値を手動で入力します。 地域に関しては、「西」または「カリフォルニア」を入力します。 部門については、セールスまたはエンジニアリングを入力します。
  • コード値を含む CSV (コンマ区切り値) ファイルをインポートしてコード値のリストを作成するには、[バッチ追加] をクリックします。
7

[主催者プロファイル] 列で、トラッキングコードを必須にするかどうかを指定し、ユーザープロファイルに表示します。

8

[スケジュール/開始] カラムで、スケジュール時にトラッキングコードがドロップダウンリストに表示されるサービスを指定し、トラッキングコードはオプションであるか、必須であるか、使用されないかを指定します。 オプションの場合、主催者は別のトラッキング コード値を選択することができます。

9

ステップ 4 から 8 を繰り返して、もっと多くのトラッキング コードを追加し、[アップデート] をクリックします。

ユーザーのトラッキング コードを指定する

個々のユーザーまたは部門の Webex サイトをトラッキングするためのトラッキング コードも指定できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] に移動し、トラッキング コードを指定するユーザーを選択します。

2

右側に開くパネルで [サービス] セクションで、[ミーティング] を選択します。

3

[Webex Meeting サイト] の下で、使用状況をトラッキングする Webex サイトを選択します。

4

[高度なユーザー設定とトラッキング コード] リンクを選択します。

5

[ユーザー詳細設定] ページで、[トラッキング コード] にアクセスして、地域に「西」、部門に「営業」など、ユーザーのトラッキング コードを指定します。

6

[アップデート] をクリックしてから、[OK] をクリックします。

一括トラッキング コードを管理する

Microsoft Excel などの CSV エディタの CSV ファイルをダウンロードして編集して、そのファイルを Control Hub に再インポートすることにより、ユーザーの複数のトラッキング コードの値を管理することができます。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を、選択します。

2

トラッキング コード値を編集する Webex サイトを選択し、[ライセンスとユーザー] の下で、[一括管理] を選択します。

3

[ユーザー属性の一括変更] ウィンドウで、[エクスポート] をクリックして、トラッキング コードを一括管理するために使用できるユーザー属性を含む CSV ファイルをエクスポートします。

4

ファイルのエクスポートが終了すると、[ライセンスとユーザー] の下で、[エクスポート結果] を選択し、[ダウンロード] を選びます。

5

CSV エディタでファイルを開き、ユーザーのトラッキング コードを管理し、CSV ファイルを保存します。

6

[ライセンスとユーザー] に進み、[ユーザー] の下で [一括管理] を選択します。

7

[ユーザー属性の一括編集] ウィンドウで、[インポート] をクリックしてファイルを選択するか、ウィンドウにファイルをドラッグすることにより、CSV ファイルをインポートします。

トラッキング コードの値をインポートする

トラッキング コードのラベルを指定したら、[トラッキング コード リスト] トラッキング コードの値をインポートすることができます。 この手順を使用するには、まずトラッキング コード値が含まれた CSV (カンマ区切り値) ファイルを作成する必要があります。

組織が多くのトラッキング コードを使用しており、Control Hub の外で値のリストを管理する場合に、このオプションは便利です。


  • コードの値を間違って指定した場合、Control Hub はこれらの値をリストに加えることができません。 この場合、記録のリストが、各エラーの原因も含めて、追加できなかった値に対して生成されます。 参照のため、またはエラーを直接修正するために、コンピューターのこれらの録画が含まれたファイルをダウンロードすることができます。

  • あなたのために作成するファイルを直接修正することができます。 残りのコード値を作成するためにファイルをアップロードする前に、Comments という名の最後のカラムを消してください。

  • CSV ファイルのアップロード後、[トラッキング コード リスト] ページで値を個々に編集することができます。 あるいは、Webex アカウントマネージャまで問い合わせてください。