要件

コンタクト センターを Web Webex の CRM コンソールに統合する前に、プロファイルに次のアクセス権限を持って確認してください。

コンタクト センター Webex の Crm コンソールに統合するには、次のタスクを完了します。

はじめる前に

Salesforce 向けの Webex Contact Center アプリの古いバージョンがある場合は、古いバージョンをアンインストールしてから、最新バージョンをインストールしてください。 詳細については、「Webex Contact Center for Salesforce のアンインストール」を参照してください。

1

https://appexchange.salesforce.com/ で Salesforce App Exchange に移動します。

2

Salesforce App Exchange ページで、Salesforce 向けの Webex Contact Center を検索します。

3

[今すぐ取得] をクリックします。

4

パッケージをインストールするセールスバー組織のユーザ名とパスワードを入力し、[ログイン(Log In] をクリック します)。

5

次のいずれかのオプションを選択します。

  • 実稼働へのインストール:アプリケーションをテストし、公開する準備ができている場合は、このオプションを選択します。

  • 実稼働環境のコピーに対してアプリケーションをテストする場合は、このオプションを選択します。 ログイン URL は、サンドボックス環境では異なります。 サンド ボックスでアプリケーションをテストした後は、[ 実稼働にインストール(Install in Production] オプションを使用して実稼働環境にアプリケーションをインストールする必要 があります。

6

インストールが完了したら、[終了] をクリックします。

Webex のコンタクト センターは、アプリ 起動機能で使用できます。

最新のコール センター定義ファイルをダウンロードします。

  • Github リポジトリを参照して、最新のコール センター定義ファイルをダウンロードします https://github.com/CiscoDevNet/webex-contact-center-crm-integrations/tree/main/Salesforce

  • 最新のコール センター定義ファイルの形式は、次の形式です:///callcenter-definition-file.xml

コール センター定義ファイルの更新

  1. [セットアップ( Setup > Call Center > に移動します

  2. [インポート( Import] を クリックしてファイルをインポートします。

  3. ファイルを Contact Center で使用するユーザ Webex 割り当てる。 コール センター ユーザの管理を 使用して、この操作を実行します

  4. インポートされると、コール センター定義ファイルは次のようになります。

1

Salesforce で、右上隅にある歯車アイコンをクリックして、セットアップを選択します。

2

[クイック検索] ボックスでユーザーを入力し、[ユーザー] をクリックします。

3

アクセス許可を付与するユーザーに対応する [編集] リンクをクリックします。

4

コールセンター パラメータを検索し、検索ルックアップで [Webex Contact Center] を選択します。

5

[保存] をクリックします。

1

Salesforce で、右上隅にある歯車アイコンをクリックして、セットアップを選択します。

2

[クイック検索] ボックスでソフトフォンレイアウトを入力し、[ソフトフォンレイアウト] をクリックします。

3

[新規] をクリックします。

4

[名前] フィールドにレイアウトの名前を入力し、[デフォルトのレイアウト] チェックボックスをオンにします。

5

[コール タイプの選択(Select Call Type ] ドロップダウン リストから、ソフトフォン レイアウトを開始する時間を示すコール タイプを選択します。

  • 内線:このオプションは使用しないでください。

  • インバウンド:着信コールのソフトフォンレイアウトを開始できます。

  • アウトバウンド:発信コールのソフトフォンレイアウトを開始できます。

6

必要に応じて、スクリーンポップ設定を設定します。

7

[保存] をクリックします。

1

Salesforce で、右上隅にある歯車アイコンをクリックして、セットアップを選択します。

2

[クイック検索] ボックスにオブジェクトマネージャを入力し、[タスク] > [ページレイアウト] をクリックします。

3

[ページレイアウトの割り当て] > [割り当ての編集] を選択します。

4

[プロファイル]列のリストからプロファイルを選択します。

5

[使用するページレイアウト] ドロップダウンリストから、[Webex Contact Center タスクレイアウト] を選択します。

6

[保存] をクリックします。

以下から、デスクトップレイアウトの JSON ファイルをダウンロード https://github.com/CiscoDevNet/webex-contact-center-crm-integrations/tree/main/Salesforce

Webex Contact Center の詳細については、 『Cisco Webex Contact Center Setup and Administration Guide』の「Provisioning」の章の「デスクトップレイアウト」を参照してください。

1

Webex Contact Center 管理ポータルへ移動します。

2

管理ポータル のナビゲーション バーから、[プロビジョニング]、 または [デスクトップ> を選択します。

3

[新しいレイアウト] をクリックし、デスクトップレイアウトの詳細を入力します。

4

Salesforce デスクトップレイアウトの場合は、次のファイルをアップロードします。

5

[Save] をクリックして、設定を保存します。

これで、連絡先センター デスクトップ Webex Crm コンソール内で開始できるようになりました。

1

Salesforce で、右上隅にある歯車アイコンをクリックして、セットアップを選択します。

2

[クイック検索] ボックスにオブジェクトマネージャを入力し、[タスク] > [ページレイアウト] をクリックします。

3

[ページレイアウトの割り当て] > [割り当ての編集] を選択します。

4

Webex Contact Center タスクレイアウトに関連付けられているプロファイルを選択します。

5

[使用するページレイアウト] ドロップダウンリストから、他のページレイアウトを選択します。


 

Webex Contact Center タスクレイアウトに関連付けられていないことを確認してください。

6

[保存] をクリックします。

7

[セットアップ] に移動します。

8

[クイック検索] ボックスにインストール済みパッケージを入力し、[インストール済みパッケージ] をクリックします。 または、[プラットフォームツール] セクションから [アプリ] > [パッケージング] > [インストール済みパッケージ] を選択します。

9

Webex Contact Center for Salesforce パッケージ名の [アンインストール] をクリックします。

10

[パッケージのアンインストール] ページで、「はい、このパッケージをアンインストールし、関連付けられているすべてのコンポーネントを完全に削除します。」を選択します。

11

[アンインストール(Uninstall)] をクリックします。

Webex Contact Center を有効にするには、コンピュータ テレフォニー インテグレーション(CTI)システムをセットアップする必要があります。

1

Salesforce へのログイン

2

右上隅にある歯車アイコンをクリックして、セットアップを選択します。

3

[クイック検索] ボックスにコールセンターを入力し、[コールセンター] をクリックします。

4

Webex Contact Center に対応する [編集] リンクをクリックします。

5

[全般 情報] エリアで、次のフィールドを更新します。

  • ソフトフォンの高さ:600

  • ソフトフォンの幅:550

6

[保存] をクリックします。

発信する前に、次の操作を実行してください。

  • 外のエントリ ポイントを作成し、外的なエントリ ポイント戦略をセットアップします。

  • エージェントプロファイルのアウトダイヤル ANI を有効にする。

  • ダイヤル番号からエントリポイントへのマッピングにアウトダイヤル ANI を設定します。

詳細については、『Cisco Webex Contact Center セットアップおよび管理ガイド』の「プロビジョニング」の章を参照してください。

デスクトップの使用方法ついては、『Cisco Webex Contact Center エージェントデスクトップ ユーザーガイド』を参照してください。

着信コールがある場合、アプリケーションはレコード内で自動番号識別(ANI)番号を検出して、顧客レコードが利用可能か確認します。
  • レコードが見つかり、スクリーンポップポップが設定されている場合、顧客の詳細がポップアップ画面に表示されます。

  • レコードが見つからない場合は、[新規連絡先プロファイル] のスクリーンポップが表示され、詳細を入力できます。


    スクリーンポップを設定するには、この項目の統合セクションの「デフォルトのソフトフォンレイアウトの作成」を参照してください。

1

Salesforce で、[アプリケーションランチャー(App Launcher)] メニューをクリックし、[Webex Contact Center] を選択します。

2

[電話] ボタンをクリックして、アプリケーションにサインインします。

3

ステータスを [受信可能] に変更して通話を受信します。

4

通話が切断された後、ドロップダウンリストからラップアップの理由を選択します。

アクティビティは、それぞれのセールスフォースの連絡先に対してログに記録されます。

アクティビティ ログを表示するには、アクティビティ リストの任意のエントリをクリックします。 次の詳細が表示されます。

パラメータ

説明

割り当て先

コールに応答したエージェントの名前を表示します。

件名

通話の種類、日付、およびタイムスタンプが表示されます。

接続タイプ

連絡先の種類が表示されます。

アニ

発信者の番号が表示されます。

コール時間(Call Duration)

通話時間(秒単位)が表示されます。

キュー名

キュー名が表示されます。

期日

フォローアップ日が表示されます。

Priority

優先順位 (高、標準、低など) が表示されます。

作成者

レコードを作成したエージェント名が表示されます。

Status(ステータス)

通話エントリのステータスを表示します。

通話オブジェクト識別子

通話の追跡に使用されるオブジェクト ID を表示します。

コール タイプ

通話の種類が表示されます。

Dnis

エージェントの電話番号が表示されます。

コールの結果

実行後、デフォルト、またはカスタム定義オプションなど、ラップアップオプションが表示されます。

名前

顧客名が表示されます。

関連付け

このアクティビティに関連するケースが表示されます。

[最終変更者(Last Modified By)]

タスクを変更したエージェント名が表示されます。

コメント

エージェントのコメントが表示されます。

1

Salesforce で、[アプリケーションランチャー(App Launcher)] メニューをクリックし、[Webex Contact Center] を選択します。

2

[Search セールスバー( Search) の電話の 名前] テキスト ボックスに連絡先名を入力し、連絡先の名前をクリックしてダイヤルする電話番号をクリックします。 または、[電話機 > ダイヤラ] をクリックし、電話番号を入力し、ダイヤルする電話機のアイコンをクリックします。

3

(オプション)発信者 ID として使用する [アウトダイヤルANIの選択(Select Outdial ANI)] ドロップダウンリストからアウトダイヤル ANI を選択します。 ドロップダウンリストがアルファベット順に表示されます。


 

管理者は、アウトダイヤル ANI リストをプロファイルに追加します。

選択したアウトダイヤルANIを削除するには、ドロップダウンリストから [アウトダイヤル ANI の選択] ラベルを選択します。

セールスシステムズ アクション ウィジェットには、コンタクト センター エージェント デスクトップ アプリケーションから、Webex と直接通信するための UI コントロールが提供されます。

使用例

[分別()]/[はいぶすめい] の設定

エージェントがコールを受信すると、新しいセールス・アクションのウィジェットが画面に表示されます

設定は必要ありません。


 
  • カスタム デスクトップ レイアウト のタブ セクションに、セールス・アクションのウィジェットが埋め込まれています。

  • 属性 isSFDCWidgetEnabled を false に設定して、この機能を 無効にします。 デフォルトでは、この属性は true に設定され、カスタム デスクトップ レイアウトから有効になっています。

編集モードでアクティビティ レコードを開く

この機能はデフォルトで有効になっています。 特定の設定は、ない場合は、できます。詳細については、次の説明を参照してください。

CRM オブジェクトを電話コール アクティビティに関連付ける

この機能はデフォルトで有効になっています。 特定の設定は、ない場合は、できます。詳細については、次の説明を参照してください。

ケース オブジェクトを作成し、編集モードで開く

この機能はデフォルトで有効になっています。 特定の設定は、ない場合は、できます。詳細については、次の説明を参照してください。

ライブ コール ノート:

  • 顧客とのアクティブ コール中にコール ノートをキャプチャする

  • コール ノートを電話機のコール アクティビティ レコードに更新します。

コール センター定義ファイルには、この機能を有効または無効にする固有の設定があります。

キャプチャされたコール ノートを更新するには、タスク オブジェクトに、このタスク オブジェクトに、このフィールドに [編集()] フィールドを指定する必要があります。

コール センター定義ファイルの [ コール アクティビティ レコードの作成(Call Activity Record Creation ] セクションのフィールドを編集して、有効にして、Web ページのアプリケーションでアクティビティ レコードを更新します。

  • [コールライブノートの 録音(Record Call Live Notes] パラメータ を True に設定 して、 ライブ コール ノート機能を有効 にします。

  • [ライブコール ノートフィールドマッピング(Live Call Notes Field Mapping] パラメータ には、デフォルト値の [設定()] タスク オブジェクト フィールドの説明があります。 このフィールドは通話メモで更新されます。

    この場合、その他のフィールドで通話メモを更新する権限を持っています。

1

Salesforce で、[アプリケーションランチャー(App Launcher)] メニューをクリックし、[Webex Contact Center] を選択します。

2

ナビゲーションアプリのドロップダウンリストから、[レポート] を選択します。


 

レポートがリストされていない場合は、[編集] [項目を追加] をクリックして、レポートを追加します。

3

既存のレポートを表示するには、[すべてのレポート] をクリックします。


 

デフォルトのコール アクティビティ レポートがあります。このレポートには、セールスフォース向け Webex Contact Center がインストールされます。 日付を変更し、フィールドとフィルタを追加または削除できます。

4

新しいレポートを作成するには、[レポート] > [新しいレポート] をクリックします。

5

[レポートビルダー] タブで、必要なレポートの種類を選択し、[保存&実行] をクリックします。

6

レポート名を入力し、[保存] をクリックします。

Salesforce 向け Webex Contact Center の場合、Salesforce のデータを使用してこのレポートを生成します。

考慮事項

録音にアクセスして再生するには、特定のユーザ プロファイルとライセンスが必要です。

  • ユーザ プロファイル:カスタム スーパーバイザ プロファイル

  • ライセンス:[ライセンス(License)]:[ライセンス(License) ]

再生録音を設定するには、ユーザ プロファイル レベルの [録音管理(Recording Management ] モジュールにアクセスする必要があります。

ユーザ プロファイルの必須設定

録音管理モジュールのビュー アクセス により 、コンタクト センターから通話 Webex できます。 これは、すべての管理者およびスーパーバイザ プロファイルのデフォルトのセキュリティ設定です。

ライトニングのセットアップ

レイアウトの選択
  1. [セットアップ(Setup>Object Manager > ページ レイアウト > 移動します

  2. ページ の右上隅にある [ページ レイアウトの割り当て] をクリックします。

  3. ページ レイアウトの割り当てを編集する

  4. ドロップダウン Webex からコンタクト センター タスク レイアウトを選択します。


    Cisco Webex Contact Center レイアウトは古いレイアウトです。

データセンターの選択(デフォルトは US1)

EU1 データ センターを選択するには、次の条件を実行します。

  1. [セットアップ( Setup > カスタマイズ したデータ 型] に移動します

  2. [レコードの 管理] > データ センター] をクリックします

  3. 値を US1 から EU1 に変更します。

機能のデモ

デモは、社内のセールスセールス アプリケーション センターでホストされます。

  • [録音 の再生(Play Recording 2.0] をクリックして 、セールスバー アプリケーションで通話録音を開きます。

  • Webex センター デスクトップ ウィジェットにログインしていない場合、アプリケーションは資格情報の入力を求めるプロンプトを表示します。

  • 権限を持ち、Webex Contact Center デスクトップ のウィジェットにログインしている場合、サインインのポップアップは表示されなくなります。

  • コール録音管理モジュールにアクセスできないエージェントまたは他のユーザ プロファイルとしてログインしている場合、不正なメッセージが表示されます。 管理者は、ユーザ プロファイルの設定を変更して録音を表示できます。

次のセクションでは、コール センター定義ファイルの各セクションのカスタマイズと、可能な値、説明、およびコメントについて説明します。

これは、管理者が必要な使用例に基づいて動作をカスタマイズするのに役立ちます。

フィールド

有効な値

説明

内部名

WebexCC デスクトップ 202209019

この値は変更されません。

表示名

Webex センターの Agent Desktop 2.0(2022 年 9 月)

この値は変更されません。

CTI アダプタ URL

https://desktop.wxcc-us1.cisco.com/

デフォルト値は米国のデータセンターです。 データ センターの場所に基づいて値を変更できます。

北米:https://desktop.wxcc-us1.cisco.com

英国:https://desktop.wxcc-eu1.cisco.com

欧州連合:https://desktop.wxcc-eu2.cisco.com

アジア太平洋地域:https://desktop.wxcc-anz1.cisco.com

使用 CTI API

true

この値は変更されません。

ソフトフォンの高さ

550

この値は変更されません。

[互換性モード(8/11])

この値は変更されません。

フィールド

有効な値

説明

詳細画面ポップの有効化(Advanced Screen Pop Enabled)

True または false

CAD 変数に基づく画面ポップ検索を有効にする機能フラグ。

CAD 変数名(CAD Variable Name)

CAD 変数の名前

画面ポップ検索パラメータを保持する CAD 変数の名前。

ANI プレフィックス文字列の削除

国コード

国コードはカンマで区切って指定します。着信コールの ANI プレフィックスから削除されます。

フィールド

有効な値

説明

一致するレコードがない場合に画面ポップを有効にする

True または false

これは、レコード一致画面のポップ シナリオを有効にする機能フラグです。 ソフトフォン レイアウト設定でレコード一致のシナリオを無効にしてください。

[オブジェクト名(

標準またはカスタムのセールス・オブジェクト

編集モードで開く標準またはカスタムのセールスセールス オブジェクト。

オブジェクト フィールド マッピング

これは、セールス・グループのオブジェクトと WebexCC CAD 変数の間のマッピングです。

この設定では、WebexCC CAD 変数を、編集モードで開いた際に、WebexCC フォームで事前に定義された [3] フィールド値にマッピングされます。 たとえば、マッピングは次の JSON 形式で行い、これは JSON オブジェクトの配列です。

[{"wxccFieldName":"phoneName", "webdcFieldName":"Phone", "isDefault-1Enabled":"false", "isConditionalEnabled":"false"}

XML オブジェクトには、次のプロパティがあります。

  • wxccFieldName :システム値を保持するデータまたは標準の WebexCC フィールドを保持する CAD 変数の名前。

  • [分欄名 (分)]:[ヘルプマッピング(3/11/11/ 11/ 11/

  • isDefault ValueEnabled : 静的値または CAD 変数値で、Cad フィールドを更新するかどうかを識別するフラグ変数。 このフィールドで使用できる値は true または false です。 値を false に設定 すると、wxccFieldName 値が CAD 変数と見なされ、その CAD 変数に関連付けられている値を取得します。

    例えば:
    [{"wxccFieldName":"phoneName", "sfdcFieldName":"Phone", "isDefaultDefaultEnabled":"false", "isConditionAlEnabled":"false"}。
    この例では 、wxccFieldName 値が電話番号であり、isDefault ValueEnabled が false の場合、電話番号が CAD 変数であり、値を取得する必要があるという意味です。

    isDefault ValueEnabled が true の場合、wxccFieldName が静的値と見なされ、その値は分け前のフィールド名でバインドされます。

  • isConditionalEnabled - マッピングに条件が適用されるかどうかを判断するフラグ変数。 このフィールドで使用できる値は true または false です。 条件が有効な場合、このフィールド値は true で、それ以外は false です。 条件が有効な場合、分欄マッピング値はオブジェクトの条件マッピングから導出されます。

例:

これらのフィールドを恒常変数で上書きする場合は、isDefaulDefEnabled セットを true に設定できます。

これにより、変数の値が [セールス()] の値に設定されます。

例:

wxccFieldName:12343454567: Phone IsDefaultDefaultEnabled: true

構成:

[{"wxccFieldName":"12343454567", "12343454567" "Phone", "isDefault-1Enabled":"true", "isConditionAlEnabled":"false"}]

オブジェクトの条件マッピング

これはオブジェクト マッピングの条件ルールです。

条件マッピングを使用すると、WebexCC CAD 変数とサンフランシスコのフィールド間で 1 対多のフィールド値をバインドできます。 この条件は、異なる WebexCC CAD 変数の値に基づいて、サンフランシスコのフィールド値をバインドするのに役立ちます。 例:WebexCC CAD 変数「VIPCustomer」の場合、この値に基づいて YES または NO などの 2 つの値が使用できます。この値には、原因として、2 つの値を指定できます。この値には、2 つのフィールド値を更新できます。

{"wxccFieldName":"VIPCustomer", "wxccFieldVale":"YES", "sfdcFieldField":"GoldCustomer"}
 {"wxccFieldName":"VIPCustomer", "wxccFieldVale":"NO", "sfdcFieldField":"

条件マッピングには、主に WxCCFieldName(CAD 変数)、wxccFieldName、および分 dcFieldName の 3 つのプロパティがあります。

例:

変数 queueName が WebexCC 上に設定されている場合、それらのフィールドをカスタマー タイプという名前のセールス・フィールドに条件的にマップする場合。

queueNames は、オブジェクトの条件マッピングに基づいて他の 値に設定 できます。

QueueName:Gold_Q、CustomerType:金色
QueueName:Platinum_Q、CustomerType:チチナム

オブジェクト フィールド マッピングの設定

wxccFieldName:queueName

セールスシステム:CustomerType

isDefault1/Enabled:false

isConditionalEnabled:true

[{"wxccFieldName":"queueName", "sfdcFieldName":"CustomerType", "isDefaultTypeEnabled":"false","isConditionalEnabled":"true"}]

オブジェクトの Conidition Mapping の設定

{"wxccFieldName":"queueName", "wxccField 長":"Platinum_Q", "Platinum_Q" "FieldName":"チタチム"}
{"wxccFieldName":"queueName", "wxccField 長":"Gold_Q", "Gold_Q, "dcFieldField":"金"}

フィールド

有効な値

説明

セールスページのパッケージのスペース

Ciscoc dj

デフォルト値。 値を変更する必要があります。

自動更新が有効(Auto Refresh Enabled)

True または false

これは機能フラグ変数です。 この機能により、アクティビティレコードの作成直後に [セールスセールス()の自動更新] 画面が有効になります。

カスタム フィールド更新の有効化(Custom Field Update Enabled)

True または false

デフォルトで、この機能は無効になっています。 IVR または Flow でキャプチャされる他のデータでコール アクティビティ レコードを更新する場合は、この機能を有効にします。

オブジェクト フィールド マッピング(Object Field Mapping)

各プロパティの配列。 デフォルトは []

このフィールドは、WebexCC CAD 変数および [編集() ] フィールドにマッピングされます。 カスタム フィールド更新機能を有効にして、このマッピングを使用します。 この JSON には、主に次の 4 つのプロパティがあります。

CadFieldName: WebexCC CAD 変数名

[セールスフィールド名( 3/11/11/11/111/

isDefault ValueEnabled: フラグを設定して、静的値を使用して [編集()] フィールドにバインドするかどうかを確認します。

defaultField 方:デフォルト フィールド値

例:

{"CadFieldName":"BusinessLine", "MfFieldName":"BusinessType", isDefaultTypeEnabled":false, "defaultFieldType":""}
{"CadFieldName":"" ", "SalesforceFieldName":"Status", "isDefaultDefault-Enabled":true, "defaultField 中":"Completed"}

最初の JSON コードで、CAD 変数 Name "BusinessLine" でキャプチャされた値を保持し、IVR は、MFDCField BusinessType にバインドされます。 isDefault ValueEnabled 値は false です。この値は、デフォルト値を使用して分からない、プロパティ defaultField Value は空です。

一方、2 番目の
{"CadFieldName":"" ", "SalesforceFieldName":"Status", "isDefaultDefault-Enabled":true, "defaultField 中":"Completed"},
CADFieldName は空です。バインドするデフォルトのフィールド値が [編集時の設定()] は [編集時の設定()] が [設定時の設定()] になります。 ここではこの例では、有効フィールド "Status"デフォルト値「Completed」でバインドされます

件名の日付フォーマット

これは、アクティビティの件名の日時を設定するために使用されます。

デフォルトの形式は MM-dd-yyyy hh:mm a です。

件名テンプレート

アクティビティ レコードの件名フィールドを設定し、アクティビティ レコードの動的に設定された件名を更新するのに役立ちます。

このフィールドには、変数と静的文字列の両方を組み合わせて使用できます。

たとえば、{ direction} Call {activityDatetime}です。

上記の例のフレーズ「 Call」は 静的文字列です。 {direction} と {activityDatetime} はどちらも変数です。 すべての変数は{} カッコ内に含む必要があります。

コールライブノートの録音

True または false

このフィールドは、アクション ウィジェットからのコール ノート機能を有効にする機能 フラグ です。 デフォルトで、この機能は無効になっています。

ライブ コール ノート フィールド マッピング

コール ノート のマッピングに使用される、5/10/10/10/10/10/

コール ノートで更新される [設定()] フィールド。 デフォルトでは、 それは、グループのアクティビティ レコードの [説明] フィールドを更新します。

フィールド

有効な値

説明

着信コールの自動ケース作成

True または false

すべての着信コールの自動ケース作成を有効にする機能フラグ。 デフォルトで、この機能は無効になっています。

発信コールの自動ケース作成

True または false

すべての発信コールの自動ケース作成を有効にする機能フラグ。 デフォルトで、この機能は無効になっています。

オープン ケース オブジェクトの編集モード

True または false

編集モードでケース オブジェクトを開くかどうかを決定する機能フラグ。 デフォルトで、この機能は無効になっています。

オブジェクト フィールド マッピング

各プロパティの配列

WebexCC CAD 変数と//くす DC ケース オブジェクト フィールドをマッピングします。 主に次の 4 つのプロパティが含されます。

CadFieldName: WebexCC CAD 変数名

[セールスフィールド名(3/11/ 11/11/111/18/18

isDefault-ValueEnabled: フラグを設定して、静的値を使用して、5/1 の場合のオブジェクト フィールドをバインドするかどうかを確認します。

defaultField 方:デフォルト フィールド値

オブジェクトの条件マッピング

オブジェクト マッピングの条件ルール

条件マッピングを使用すると、WebexCC CAD 変数と FSDC フィールド間で 1 対多のフィールド値マッピングをバインドできます。 条件マッピングは、異なる WebexCC CAD 変数値に基づいて、サンフランシスコのフィールド値をバインドするのに役立ちます。

フィールド

有効な値

説明

電話番号のプレフィックス文字列の削除

国コード

国コードはカンマで区切って指定します。その国コードは、その国番号が、その国番号から削除されます。

ダイヤル ANI の設定(Set Out Dial ANI)

True または false

コールをダイヤルするクリックに OUT ANI を設定する機能フラグ。 エージェントがクリックして、5/10/1/3/3/10/3/10/5/1/3/ コネクタ アプリケーションで設定されている発信ダイヤル ANI 値を設定できます。

フィールド

有効な値

説明

マイクロチャネル状態同期が有効

True または false

機能フラグが有効になっているのは、おおむね有効化済みのセールス・グループのインスタンスのみです。

音声コール時のデフォルトのアイドル コード

「はい」の理由コード

エージェントを 5/3/30/30/30/30/30/30/30/30/30/30/30/30/30/30/30/

CRM マルチチャネル上のデフォルト アイドル コード

Webex センターアイドル理由コードの追加

エージェントを Webex センターでエージェントを準備できない状態にする場合の、コンタクト センターのアイドル理由コード Webex。


以下の apex クラスを作成し、サンフランシスコの全エージェント プロファイルに対して、全てのエージェント プロファイルに対して、その機能を使用する権限を与える。

エークザックスクラスを作成するには:

  • [セットアップ( Setup > コンソール]

  • New,Apex クラス> 移動

  • 次のコンテンツを貼り付けて、その内容を「分」として保存します。

パブリック クラスのゅうじゅんじょへんこうこう文字列の「文字列」は、文字列の「文字」です。System.debug(全く新しいコード)戻り値は、次の値です。} }