• フル管理者のアクセス権を持つユーザーは、ログを生成できます。 読み取り専用管理者がアクセス権を得られるのは、組織で自動クラッシュ レポートが有効になっている場合です。 これは [設定] ページで有効にできます。

  • オフラインのデバイスからはログを生成できません。 以前に生成したログのダウンロードは、デバイスがオフラインの場合でもできます。

  • ログには PII は含め込む必要があります。

  • デバイスにリンクされたデバイス用の Webex Edge は、CE9.14.3 以降で実行されている必要があります。 これらのデバイスで Control Hub からログを生成するには、まずデバイスで有効にする必要があります。 [ログの CouldUpload モード] の設定をオンにします。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューで、[デバイス] の順に移動して、ログを生成するデバイスを選択します。

2

[サポート][ログの管理] に移動します。 [ログの生成] をクリックして、新しいログ バンドルを生成します。

新しいログは、以前に生成したログ バンドルのリストに追加されます。 必要なログ バンドルの隣の [ダウンロード] をクリックして、トラブルシューティングに進みます。

ログは Cisco のテクニカル アシスタンス センター (TAC) に自動的に送信されます。 TAC に連絡する場合は、フィードバック ID をコピーし、サポートケースに含みます。